蔵王チーズとふれあい牧場が大人気!宮城「蔵王酪農センター」

蔵王チーズとふれあい牧場が大人気!宮城「蔵王酪農センター」

更新日:2018/01/22 18:50

森 のこのプロフィール写真 森 のこ おもに1人旅専門の旅行ライター、元編集者
宮城県・蔵王山の麓にある、蔵王酪農センター。新鮮な牛乳を使った蔵王チーズを作って販売していて、敷地内には蔵王チーズ直売所やチーズづくり体験ができる施設、チーズグルメを堪能できる飲食店が揃います。ヤギやヒツジと触れ合えるふれあい牧場ハートランドも人気です。自然豊かな環境で、美味しいチーズとかわいい動物とのふれあいを堪能してみませんか?
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

観光客が楽しめる施設が揃う蔵王酪農センター

観光客が楽しめる施設が揃う蔵王酪農センター

写真:森 のこ

地図を見る

東京ドームの約20倍もの広さを誇る蔵王酪農センター。そのうち観光客向けには主にチーズ工場のある一角と、ふれあい牧場のある一角の2つのエリアが開放されていて、いずれのエリアにもチーズの直売所とチーズグルメを堪能できるお店などが揃います。

<チーズ工場エリアの施設一覧>
・チーズキャビン (蔵王チーズの販売)
・手作りパン工房
・軽食喫茶 チーズシェッド
・チーズハウス
・バラ園

<ふれあい牧場エリアの施設一覧>
・手づくり体験館
・軽食喫茶 ウィンド・スクエア
・バーベキューハウス ウィンド・デッキ
・森の販売店 ウィンド・フォール

エリア間は1.5kmほど離れていて、雪の多い蔵王山の麓にある施設なので、ふれあい牧場エリアはおおむね11月下旬〜4月上旬頃までは冬期休業となります。(チーズ工場エリアは通年営業しています)

ヤギやヒツジが駆け回る入場無料のふれあい牧場

ヤギやヒツジが駆け回る入場無料のふれあい牧場

写真:森 のこ

地図を見る

自然豊かな蔵王酪農センターを訪れたら、まずは入場無料のふれあい牧場ハートランドで動物たちとのふれあいを楽しみましょう。

ヤギやヒツジが駆け回る入場無料のふれあい牧場

写真:森 のこ

地図を見る

広い草原のなかでヤギやヒツジが放牧されており、餌を食む姿や草原を駆け回る姿を眺められます。人に慣れているので、葉っぱを口元に差し出せばムシャムシャと食べてくれますし、そっと撫でることもできますよ。

ヤギやヒツジが駆け回る入場無料のふれあい牧場

写真:森 のこ

地図を見る

春先は産まれたばかりの子ヤギや子ヒツジに会えるので、冬季休業明け〜5月頃は訪れるのにおすすめの時期です。子ヒツジ同士が戯れる姿や、子ヤギが母ヤギの回りをうろちょろするかわいい姿が見られます。

お土産にぴったりな蔵王チーズが揃うチーズキャビン&手づくり体験館

お土産にぴったりな蔵王チーズが揃うチーズキャビン&手づくり体験館

写真:森 のこ

地図を見る

蔵王酪農センターでは毎日新鮮な牛乳からチーズが作られているので、美味しいチーズをお土産に買って帰るのが何よりの楽しみ。チーズ工場エリアにある「チーズキャビン」と、ふれあい牧場エリアにある「手づくり体験館」の主に2つの店舗で購入することが可能です。

お土産にぴったりな蔵王チーズが揃うチーズキャビン&手づくり体験館

写真:森 のこ

地図を見る

品揃えはどちらも基本的に変わりません。「チーズキャビン」はチーズの販売のみ、「手づくり体験館」は1階がチーズの販売、2階でチーズやバター、アイスクリームを新鮮な牛乳から作る体験ができるので、手づくり体験をしたい方は体験館を訪れると良いでしょう(※冬季休業時を除く)。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

蔵王チーズの一番人気・ぬるクリームチーズとチーズスイーツ

蔵王チーズの一番人気・ぬるクリームチーズとチーズスイーツ

写真:森 のこ

地図を見る

フレッシュチーズを使ったオリジナル商品が多数揃うなか、一番人気はぬるタイプのクリームチーズ。プレーンのタイプからガーリックやトマト&バジルなどの甘くないフレーバーのもの、バニラや仙台いちご、ゆず(※冬季限定)といった甘みのあるタイプまで、各種フレーバーが揃います。

いずれのフレーバーも試食が可能なので、すべて味見した上でお気に入りのフレーバーを購入できますよ。チーズにあうオリジナルのクラッカーも販売しているので、ぜひセットで購入してみて。

蔵王チーズの一番人気・ぬるクリームチーズとチーズスイーツ

写真:森 のこ

地図を見る

新鮮なチーズを使ったスイーツもお土産におすすめ。

羽二重餅でさっぱりした甘さのチーズクリームを包んだ「蔵王牧場 チーズもち」は冷凍で販売しているので、解凍してからいただきましょう。クリームがたっぷりと入っているのですが甘さは控えめなのでしつこくなく、皮のもちもち感とチーズクリームの相性が抜群のスイーツです。

蔵王チーズの一番人気・ぬるクリームチーズとチーズスイーツ

写真:森 のこ

地図を見る

同じくチーズクリームが入った「蔵王牧場チーズパフ」もおすすめ。ふわっふわのスポンジ生地に、チーズもちのクリームとはまた違う、濃厚な風味のチーズクリームが入っています。生地とクリームとのバランスが絶妙なお菓子です。

ブルーチーズ味のソフトクリームや、チーズドリンクも好評

ブルーチーズ味のソフトクリームや、チーズドリンクも好評

写真:森 のこ

地図を見る

お土産以外にもその場で食べられるチーズグルメも揃っているので、ぜひ試してみてください。

チーズ工場エリアにある「チーズハウス」で販売しているのは、ブルーチーズを使っためずらしいソフトクリーム。クセの強い味を想像するかもしれませんが、チーズのコクがありまろやかな味わい。ブルーチーズが得意ではないという方でもきっと美味しく召し上がれます。

ブルーチーズ味のソフトクリームや、チーズドリンクも好評

写真:森 のこ

地図を見る

コップ1杯50円という手頃な値段のチーズドリンクもおすすめ。乳清(ホエー)を使った、あっさりした味わいのドリンクです。チーズ工場エリアにある「チーズキャビン」や、ふれあい牧場エリアにある「森の販売店 ウィンド・フォール」で購入できます。

蔵王酪農センターの基本情報

<基本情報>
住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉七日原251−4
電話番号:0224-34-3311
アクセス:
(1)東北新幹線白石蔵王駅からバスで50分、遠刈田温泉で下車後タクシー5分
(2)東北自動車道白石、村田、川崎の各ICから車で約30分

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -