島根県「唐音水仙公園」日本海を見下ろす丘に咲く200万球のスイセン

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

島根県「唐音水仙公園」日本海を見下ろす丘に咲く200万球のスイセン

島根県「唐音水仙公園」日本海を見下ろす丘に咲く200万球のスイセン

更新日:2018/01/24 15:47

嶋長 幸浩のプロフィール写真 嶋長 幸浩 身近な"きれい"を探すカメラマン

島根県西部にある益田市の鎌手地区にある「唐音(からおと)水仙公園」は、中国地方でも有数のスイセン観賞地として、近年ではSNSでも多く発信され人気上昇中のスポットとなっています。コバルトブルーの日本海を見下ろす丘に広がる200万球のスイセンが咲きそろった様子はまさに絶景で、一見の価値ありです!

丘の上がスイセンの絨毯

丘の上がスイセンの絨毯

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

「唐音水仙公園」は島根県西部の益田市鎌手地区(地図参照)にあり、国道9号線から海岸線に向かって5分ほどの場所にあります。近くまで行けば看板がいたるところに設置してありますので、迷わずに到着できるでしょう。林道に入ると道の両脇にもスイセンが綺麗に咲いており、これから見られる絶景に期待が膨らみます(^^)
駐車場までの道は狭くなりますので、対向車両等には注意しましょう。見頃の期間中はボランティアの方々が交通整理や案内をしてくださいますので安心です。
駐車場(20台くらい)は無料ですが、公園の保全協力金として100円/1人を入れるBOXがあります。
駐車場から水仙公園までは少し離れていて、5分くらい歩く必要がありますので、トイレなどはここで済ませておいたほうがいいでしょう。

丘の上がスイセンの絨毯

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

駐車場から公園までは少し(5分程度)歩かなければいけません。未舗装の山道(坂道・階段)になりますので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

さぁ、公園に到着です。
海岸に面した丘一面に咲き広がったスイセンの花が出迎えてくれますよ。遊歩道がありますので、まずは丘の上を目指してみましょう。
頂上部からだと、コバルトブルーの日本海を背景に咲き乱れるスイセンの絨毯が一望でき、なんとも言えない甘い香りに包まれながら絶景が楽しめます。

丘の上がスイセンの絨毯

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

スイセンの丘は北に面していますので、太陽が昇った午後からの方が日当たりも良く、写真なども綺麗に撮影できると思います。
立ち入り禁止などの場所はありませんが、綺麗に咲いているスイセンを傷つけないようにして楽しみましょう。

日本海ならではの波しぶきを背景に

日本海ならではの波しぶきを背景に

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

丘の上からだけでも十分に満足できるのですが、せっかくですから公園の先端部分まで行ってみられるといいでしょう。
公園の先には日本海側独特の岩場があり、そこに打ち付ける白い波しぶきはなかなかの迫力です!
波の音を聞きながら、そして日本海の水平線を背景に楽しんでください。

日本海ならではの波しぶきを背景に

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

風の強い日は大迫力の波しぶきが上がります。
ただ、やはり冬の海岸ですからかなり寒い環境になりますので、防寒対策はしっかりして行く必要があります(^^;)

国指定天然記念物「唐音の蛇岩」も

国指定天然記念物「唐音の蛇岩」も

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

すいせん公園に隣接して、「唐音の蛇岩」(からおとのじゃがん)という、昭和11年に国指定の天然記念物に指定された岩脈も見ることかできますよ。大蛇がうねっているように見えるため蛇岩といわれるようになりました。ゴツゴツした岩場になりますので、足下に注意して見てください。

「唐音水仙公園」の見頃は

見頃は1月〜2月。
その年の気候条件によって開花時期が変動しますので、最盛期に見たい方は益田市から発信される開花情報(MEMO参照)をこまめにチェックされることをおすすめします。
お花は季節物ですから、見頃という情報を耳にしたらすぐにでも出かけてみたいですね。

アクセス・・・JR山陰本線・鎌手駅から車で約20分、バス停「荒磯」から徒歩約25分
住所・・・・・島根県益田市西平原町1598

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -