ナッシュビルでここは外せない!「カントリー・ミュージック殿堂博物館」

ナッシュビルでここは外せない!「カントリー・ミュージック殿堂博物館」

更新日:2018/02/05 10:08

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級
音楽はお好きですか。有名歌手が集まったことから“音楽の街”と呼ばれているナッシュビル。特にその時に流行ったカントリー・ミュージックは、この街を象徴する存在です。「カントリー・ミュージック殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)」では、楽器やエルヴィス・プレスリーの所有品など幅広い展示品が評判で、一度入ればカントリーファンになるといわれています。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ゆったりとした外観の博物館

ゆったりとした外観の博物館

写真:浅井 みらの

地図を見る

「カントリー・ミュージック殿堂博物館」があるのは、ナッシュビル中心地から南へ徒歩5分。ピアノの鍵盤を模した重厚感漂う外観が目印です。こちらでは、アメリカで誕生したカントリー・ミュージックの研究や保存が目的とされ、カントリー・ミュージックのすべてが詰まっているといっても過言ではない展示品の数々を見ることができます。

ゆったりとした外観の博物館

写真:浅井 みらの

地図を見る

2階建ての博物館の最上階から見学していきます。吹き抜けの天井から開放感が感じられ、周囲を気にせず、悠々と見学できるのが嬉しいですよね。

ゆったりとした外観の博物館

写真:浅井 みらの

地図を見る

最初のエリアに展示されている、カラフルなポスターは同じくナッシュビルで誕生した凸版印刷の会社、ハッチ・ショー・プリントの作品。コンサートのポスターを多数制作し、音楽業界を支えてきた陰の立役者です。今でも現役で、博物館と同じ建物内に工房とショップがあるという縁の深さ。

音楽に欠かせない歴史や楽器を展示

音楽に欠かせない歴史や楽器を展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

カントリー・ミュージックが誕生したと言われているのが1920年代。アパラチアンやフォーク、ウエスタンミュージックなどの起源をもつといわれています。庭先で大人と子供が踊りながら楽しむ様子から、いかに音楽が欠かせない存在だったかが伝わってきますね。

音楽に欠かせない歴史や楽器を展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

博物館が収集した250万点の資料一部が展示され、カントリー・ミュージックの歴史や特徴が説明されています。特に演奏に欠かせないギターの種類は多く、バンジョーやマンドリンは日本ではあまり見慣れない珍しいもの。

音楽に欠かせない歴史や楽器を展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

なかには1つのボディに2つのネックがついた珍しいギターも。どういう風に演奏するのか、想像力が掻き立てられますね。

アーティストひとりひとりの説明も丁寧

アーティストひとりひとりの説明も丁寧

写真:浅井 みらの

地図を見る

カントリー・ミュージックで有名なアーティストたちも紹介されています。日本でいう美空ひばりさんや北島三郎さんのような人たちを前に、ファンが食い入るように見つめます。

アーティストひとりひとりの説明も丁寧

写真:浅井 みらの

地図を見る

壁一面に飾られたまばゆい黄金のレコード。その数は、驚きの854枚にも及びます。1958年よりアメリカレコード協会(RIAA)が始めた表彰で、ベストセラーを記録したアルバムのアーティストに贈られます。この数だけでもカントリー・ミュージックの人気が分かりますよね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アーティストの所有品は見応え十分

アーティストの所有品は見応え十分

写真:浅井 みらの

地図を見る

アーティストの所有物が展示しているエリアは、博物館のなかでも人気の場所。特に日本でも有名なエルヴィス・プレスリーの特注キャデラックからは、彼のワイルドっぷりが伝わってきます。車体の長さも桁違いなので、ぜひ横からも見てみてくださいね。

アーティストの所有品は見応え十分

写真:浅井 みらの

地図を見る

洗練された楽器は1つの芸術作品だと感じられるのが、ビル・モンロー(Bill Monroe)さんのマンドリン。ブルーグラスという音楽スタイルを確立した有名アーティストです。一度は侵入者に粉々に破壊されてしまいますが、ギブソン社の技術を結集させて見事に復活。歴史と奇跡を兼ね揃えた楽器が放つ独特の光に息がこぼれます。

アーティストの所有品は見応え十分

写真:浅井 みらの

地図を見る

他にも数々のヒット作品を世に送り込んだオウエン・ブラッドリー(Owen Bradley)さんの再現された仕事部屋は、つい先ほどまで彼がいたかのような雰囲気。

最後は自分も体験して見学終了

最後は自分も体験して見学終了

写真:浅井 みらの

地図を見る

博物館の最後には自分もスター気分になれる体験ができます。レコーディングルームで歌ってみたり、アルバムのジャケット写真を撮影してみたりと、楽しい旅の思い出になりますよ。

カントリー・ミュージックが放つシンプルなリズムに独特の歌いまわしは、一度聞くと頭に残りやすいもの。ぜひ訪れた際は、中毒性高い音楽にどっぷり浸ってみてはいかがでしょうか。

カントリー・ミュージック殿堂博物館の基本情報

住所: 222 5th Ave S, Nashville, TN 37203
電話番号:+1-615-416-2001
営業時間:9:00〜17:00
定休日:感謝祭(11月第4木曜日)、12/24、12/25
アクセス:ブロードウェイより徒歩5分

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA、テネシー州観光局】

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -