雪国山形で雪中いちご狩り!寒河江観光いちご園で冬の思い出作り

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雪国山形で雪中いちご狩り!寒河江観光いちご園で冬の思い出作り

雪国山形で雪中いちご狩り!寒河江観光いちご園で冬の思い出作り

更新日:2018/02/01 11:58

南 かおりのプロフィール写真 南 かおり ほっこり旅ブロガー、青森出身の山形探訪人

冬から春にかけて大人気のフルーツ狩りといえばいちご狩りですが、雪国山形のいちご狩りは一味違います!一年中様々な種類のフルーツ狩りを楽しめる寒河江市(さがえし)の観光いちご園では12月〜3月まで「雪中いちご狩り」をすることができるのです。いちご狩りと雪遊び、両方楽しめる雪国山形ならではの「雪中いちご狩り」で、家族や友達と冬の思い出作りをしちゃいましょう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

雪国山形ならではの雪中いちご狩り!

雪国山形ならではの雪中いちご狩り!

写真:南 かおり

地図を見る

山形県寒河江市はさくらんぼの里と呼ばれる日本有数のさくらんぼの産地ですが、実は1年を通して様々な種類のフルーツ狩りを楽しむことができる果物天国。冬から春にかけてはいちご狩りが出来、特に冬の時期には「雪中いちご狩り」がオープンしているのです!
いちご農園のビニールハウスが真っ白な雪景色の中に佇む様は、雪国山形ならではの風景。

雪国山形ならではの雪中いちご狩り!

写真:南 かおり

地図を見る

寒河江観光いちご園は2ヶ所の農園があり(いちごガーデン、ストロベリーファーム)、そのどちらも地上から70cmほどの高さにいちご棚(ロックウール栽培)を設置しているので、手に土がついたりせず屈まずに食べることができます。
子供から高齢の方まで無理な体勢を取ることなく、お散歩気分でラクラクいちご狩りを楽しめますよ!

いちご狩り&雪遊び、冬の思い出作りをしよう

いちご狩り&雪遊び、冬の思い出作りをしよう

写真:南 かおり

地図を見る

いちご狩りは、その甘酸っぱいフルーツの美味しさを楽しむことももちろんですが、可憐なお花と小さく赤い可愛い果実を目で愛でることができるのもまた、楽しみのひとつ。
寒河江観光いちご園では、とちおとめ、おいCベリーなどをはじめ、4〜5種類のいちご狩りを楽しむことができます。(予約状況、農園によって摘み取ることができる種類は変わることがあります。)

いちご狩り&雪遊び、冬の思い出作りをしよう

写真:南 かおり

地図を見る

みんな大好きないちごを自分で摘み取って食べる幸せ。自然と笑みもこぼれますね。
寒河江の「雪中いちご狩り」は電話かインターネットによる完全予約制。道の駅寒河江チェリーランド内にあるさくらんぼ会館(寒河江市周年観光農業推進協議会)で、総合受付と案内をしています。いちごの育成具合と予約件数等を勘案しながら予約枠が埋まっていくため、予約はなるべく早めにするのがおすすめです。

いちご狩り&雪遊び、冬の思い出作りをしよう

写真:南 かおり

地図を見る

寒河江の2つの観光いちご園は、どちらも山形らしいのどかな農地の中にあり、冬の時期には農園周辺にたくさんの雪が積もります。雪だるまを作って遊んだり、雪に寝転んで自分の人型を雪につけてみたりといった気軽な雪遊びができちゃう!せっかくの冬、広々した雪景色を眺めてみたい、雪と戯れてみたい!という方にはうってつけの環境なのです。

※画像の雪だるまは、取材のため特別に農園さんの許可をいただき、いちごを使って作成したものです。雪遊びのため農園さんからのいちごの提供はありません。

いちごガーデン

いちごガーデン

写真:南 かおり

地図を見る

寒河江観光いちご園の一つ、いちごガーデンは、道の駅寒河江チェリーランドから車で5分弱と、道の駅でのお買い物や食事などの観光と合わせて楽しめる立地です。

いちごガーデン

写真:南 かおり

地図を見る

いちごガーデンでは、いちごの摘み取りができる通路の両脇に別の種類のいちごが用意されていますので、同時に2種類のいちごを楽しむことができますよ!
オーナーの橋さんはいちご狩りにきたお客さんが美味しいいちごをたくさん楽しめるよう、大切にいちごを管理・育成しています。

いちごガーデン

写真:南 かおり

地図を見る

いちごは冷たいうちにいただくのがより美味しいと、いちごガーデンオーナーの橋さん。ビニールハウス内はとても暖かく気温が保たれているため、なるべく早めの時間帯に予約を入れるのがおすすめとのこと。

ストロベリーファーム

ストロベリーファーム

写真:南 かおり

地図を見る

山形自動車道寒河江ICから車で1分のストロベリーファームは、アクセスのしやすさと広々したロケーションがおすすめ。

ストロベリーファーム

写真:南 かおり

地図を見る

いちごを摘み取るとき、実はちょっと形がいびつなものが甘くて美味しいのだとストロベリーファームのオーナーの武田さん。摘み取るとき、どうしても形のいいものに目が向いてしまうもの・・・。形がちょっといびつないちごはその間、ずーっと甘さを蓄えているのだそう。実際食べてみたら本当に甘くてびっくりですよ!ぜひお試しあれ。
また、いちごを摘み取る時は、ヘタのすぐ下部分に簡単に折れるポイントがあるので、左右どちらにも傾けてみるのがコツです。

ストロベリーファーム

写真:南 かおり

地図を見る

無添加のいちごジャムもお土産におすすめです。

なお、寒河江観光いちご園のいちご狩りは、12月から3月ごろまで雪中いちご狩り、それ以降は通常のいちご狩りとして6月ごろまで開催しています。

寒河江の冬のアイスと雪景色も楽しもう

寒河江の冬のアイスと雪景色も楽しもう

写真:南 かおり

地図を見る

寒河江観光いちご園から車ですぐの道の駅寒河江チェリーランドにもぜひ立ち寄ってみて。山形のご当地グルメを楽しんだり、お土産を買うことができます。いちご狩りの予約や案内をしているさくらんぼ会館もありますので、いちご狩りの前に寄って農園までの詳しい地図をもらうのもおすすめです。

寒河江の冬のアイスと雪景色も楽しもう

写真:南 かおり

地図を見る

道の駅寒河江チェリーランド内のさくらんぼ会館では、地元食材を使った手作りアイスが大人気!特に冬の時期には焼き芋とジェラートアイスがコラボした焼きいもtoアイスをいただくことができます。この焼き芋、さくらんぼ会館で焼いているホカホカの焼きたて!しかも高級品種の紅はるかなのです。ぜひご賞味くださいね。

寒河江のご当地ジェラートアイスの詳細は、下記関連MEMOの記事をご参考にどうぞ。

寒河江の冬のアイスと雪景色も楽しもう

写真:南 かおり

地図を見る

道の駅寒河江チェリーランドの裏には寒河江川が流れています。広々とした河川敷に冬の期間は降りることできませんが、誰も立ち入っていない真っ白な雪景色はまるで水墨画のよう。雪国の山と川は雪とのコントラストで黒っぽく見え、静かな美しさを感じることができます。

いちご狩りをしつつ雪と戯れることもできて、美しい雪景色も楽しめる雪国山形の寒河江市で冬の思い出を作ってみてはいかが。

「寒河江観光いちご園 」の基本情報

総合受付及び案内:さくらんぼ会館(寒河江市周年観光農業推進協議会)
電話番号:0237-86-1811
利用方法:完全予約制
予約方法:電話及びインターネット
電話・インターネットでの予約受付時間:9:00~17:00
※インターネットでの当日予約は出来ません。
※インターネット予約は、くだもの狩り予約サイト(まるかじりさがえ)から出来ます。下記関連MEMOよりご確認ください。
アクセス:いちごガーデンは道の駅寒河江チェリーランドから車で3〜5分程度。ストロベリーファームは山形自動車道寒河江ICから車で1〜3分程度。どちらの農園も除雪された駐車場があります。

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -