「軽井沢プリンスホテル イースト」でメルヘンな森に恋する滞在

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「軽井沢プリンスホテル イースト」でメルヘンな森に恋する滞在

「軽井沢プリンスホテル イースト」でメルヘンな森に恋する滞在

更新日:2018/03/04 18:42

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

自然に包まれた森の中のホテルでのんびり過ごす1日は格別。森の中で穏やかな滞在をするなら、2017年7月にリニューアルオープンした軽井沢プリンスホテル イーストへ。木々や葉っぱ、鳥など自然をモチーフにした遊び心満載のデザインを随所に施した館内は、森のぬくもりと優しさに溢れています。建築デザインは橋本夕紀夫氏。絵本「もりのなか」にインスパイヤされたキュンと可愛い森の中のホテルへぜひお出かけください。

軽井沢の森の中に佇む癒し空間

軽井沢の森の中に佇む癒し空間

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

JR軽井沢駅南側に広がる「プリンスグランドリゾート軽井沢」は、軽井沢の森に包まれたリゾート。広大な敷地内には、ゴルフやスキー、野外体験、ショッピングと四季を通じて楽しめるスポットも。リゾート内には、コンセプトの異なる5つのホテルがあります。今回は、2017年7月にリニューアルオープンした「軽井沢プリンスホテル イースト」を紹介します。

静かで美しい森に包まれたホテルらしく、エントランスの照明は、森の木漏れ日をイメージした優しい光に溢れています。他にも森を感じられる遊び心満載のデザインに心癒されます。

軽井沢の森の中に佇む癒し空間

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

リニューアルの建築コンセプトは、「NEO FOREST」。木の葉や鳥、切り株をイメージしたアートを散りばめた館内は、軽井沢の森のぬくもりに溢れています。マリー・ホール・エッツの絵本「もりのなか」からインスパイアを受けてデザインされた館内は、大人が楽しめるメルヘンで可愛い森の中の世界。

エントランスのギャラリーに絵本がそっと置いてありますので、滞在中ぜひ手に取って読んでみてくださいね。館内のインテリアをより楽しめます。

館内も優しいぬくもりいっぱいの森の中

館内も優しいぬくもりいっぱいの森の中

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

滞在中多くの時間を過ごす客室も森の中をイメージしたデザイン。建築デザインを手がけた橋本夕紀夫氏により、鳥や蝶々などの自然をモチーフにした肌触りのよい生地で人気の「ミナ ペルホネン」のクッションやカーテンが採用されています。壁紙や絨毯にも森のぬくもりを感じるモチーフが。

館内も優しいぬくもりいっぱいの森の中

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

コートや小物をかけておくフックも森の中を楽しく飛び回る蝶々のモチーフ。随所に遊び心が溢れていて可愛い。三角のランプシェードは、絵本「もりのなか」に登場する主人公「ぼく」がかぶっていた紙で作った三角帽子がモチーフになっているそう。

館内も優しいぬくもりいっぱいの森の中

提供元:軽井沢プリンスホテル イースト

http://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/地図を見る

森の優しさと楽しさをデザインした客室からは、ホテルを包む自然豊かな森の風景も楽しめます。森の風景を一枚絵のように客室に取り込む大きな窓。開業時から好評のピクチャーウインドウは、そのまんまです。窓にかかるレースのカーテンは、光を受けると木漏れ日のような優しい光を客室に届けます。カーテンを開けても、閉めても美しい。

信州産食材にこだわったレストラン

信州産食材にこだわったレストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

滞在中の食事場所としておすすめのレストランは、「All Day Dining Karuizawa Grill」。朝食からバータイムまでオールマイティーに利用できる洋食を中心にしたグリル料理のレストランです。大きな窓と明るくポップなデザインの開放的な空間です。ピザ窯やライブキッチンからは、香ばしいいい香りが。森のサラダや森のピザなど、ワクワクするメニューも。

信州産食材にこだわったレストラン

提供元:軽井沢プリンスホテル イースト

http://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/地図を見る

ディナータイムは、コース料理以外にもアラカルトメニューが充実していて、小皿やココット料理、窯焼きピザなど身体とココロが温まるグリル料理をチョイスしましょう。地野菜や信州の食材を使用した心惹かれるメニューばかりなので、シャアして楽しく食べたい。森の中のダイニングで、大切な方とおしゃべりを楽しみながらいただきましょう。

信州産食材にこだわったレストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ホテルに早めに到着したら、明るい陽ざしが差し込む店内でランチやケーキセットの利用もいいですね。写真は、スキレットで焼いた熱々のスイーツ「ダッチベイビー」。信州産の甘酸っぱいブルーベリーとモチモチした生地が相性バツグン。

森の中の天然温泉「フォレスト ホット スプリング」

森の中の天然温泉「フォレスト ホット スプリング」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

イースト館に隣接する「フォレスト ホット スプリング」は、ホテル敷地内より汲み上げた森の中の天然温泉。イースト本館、ザ・プリンス 軽井沢、ザ・プリンス ヴィラ軽井沢ご宿泊のお客さま専用の温泉だから、とっても静か。

森の中の天然温泉「フォレスト ホット スプリング」

提供元:軽井沢プリンスホテル イースト

http://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/地図を見る

内湯や露天風呂でのんびり湯に浸かりリフレッシュしましょう。基礎化粧品などの温泉備え付けのアメニティーは、軽井沢生まれの「Arobirch(アロバーチ)」を使用。自然由来のエキスを使用したアメニティーで身体を整える時間は贅沢ですね。

源泉名:軽井沢矢ヶ崎温泉
湧出量:毎分162リットル  源泉温度:43.5℃ 
泉質:ナトリウム-塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・疲労回復など

軽井沢の自然を満喫できる寛ぎ空間

軽井沢の自然を満喫できる寛ぎ空間

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ホテルで過ごす時間を豊かにするのは、ゲスト用のパブリックスペースの充実度。フロント横には、イースト館宿泊のゲスト専用の「ゲストラウンジ SAKURA」を完備。24時間ソフトドリンクを無料で提供しています。肌寒くなる秋から春先までは、暖炉に火が灯ります。火を眺めながらぼーっとする時間もいいものです。また、週末の夕方や夜には、軽井沢の魅力を紹介するトークイベントも開催。積極的に参加するれば軽井沢の魅力を再発見できるかも。

軽井沢の自然を満喫できる寛ぎ空間

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

各客室階のエレベーターホールには、軽井沢の自然を写した写真ギャラリーが。軽井沢でラジオパーソナリティーも務める桐原冬夜氏が集めた軽井沢の自然の音をBGMに眺めていると、まるで森の中にいるみたい。季節ごとだけでなく、階ごとに雰囲気が異なる写真が飾られているので、各階のギャラリー巡りもいいですね。

森の中の「軽井沢プリンスホテル イースト」へ

自然散策だけでなく、美術館めぐりやゴルフやテニス、スキーといったスポーツも楽しめる軽井沢。都内から新幹線で約1時間ほどと好立地の美しいリゾート地。大人が楽しめるメルヘンで可愛い森の中のホテル「軽井沢プリンスホテル イースト」で心癒される滞在をお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -