バンコクの穴場!どローカル“エビ釣り”スポットでエビを食す

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクの穴場!どローカル“エビ釣り”スポットでエビを食す

バンコクの穴場!どローカル“エビ釣り”スポットでエビを食す

更新日:2018/07/30 11:56

山田 光子のプロフィール写真 山田 光子 カメラマン、旅ブロガー

最近タイのバンコクで、エビ釣りがじわじわと人気になってきているのをご存知でしょうか。釣り堀で釣れるエビは巨大で美味しく、お値段もお手頃に楽しめます。
そして何といっても自分で釣ったエビをその場で調理してもらい、ビールでつまみながら更なるエビを釣るという最高の時間が味わえるのです。

今回は、どローカルな雰囲気が楽しめる釣り堀りをご紹介します。

タイ・バンコクの新名所!?エビ釣りへ行こう!

タイ・バンコクの新名所!?エビ釣りへ行こう!

写真:山田 光子

地図を見る

タイのバンコクと言えば、きらびやかな寺院や活気のあるマーケット、タイ料理にショッピングにマッサージと、多種多様な楽しみ方ができる魅力的な都市。そんなバンコクで、昔から地元の人の遊び場でもあるエビの釣り堀が、最近、観光客や在住の日本人の間でじわりと人気になっています。

その中でも特にローカルを感じられるのがここ「ムーカタ チャルンナコン」。常連客や、エビ釣り歴20年の猛者も通うエビ釣りスポットで、地元の雰囲気を存分に楽しめます。

タイ・バンコクの新名所!?エビ釣りへ行こう!

写真:山田 光子

地図を見る

そこで釣れるエビは世界最大の淡水エビ「オニテナガエビ」!青い爪を持ち、火を入れても身が縮まないという特徴があります。そのため、トムヤムクンなどエビを使ったスープ料理でもぷりっぷりの食感が楽しめるのです。

巨大エビを釣り上げる!

巨大エビを釣り上げる!

写真:山田 光子

地図を見る

まず好きな場所を決め、ここで釣りがしたいと店員さんに伝えます。すると釣り竿、エサ、網、イスなどのセッティングをしてくれるので、さっそくエビ釣りの開始です。

竿やエサは用意してくれるので、手ぶらで大丈夫!英語が通じない場合があるので、タイ語のメモなどを用意しておくと安心です。

料金:1時間100バーツ(約340円)
最初に時間と席番号を書いた紙を渡され、時間課金制で最後に支払います。釣ったエビを調理する場合は料理によって値段が変わります。

巨大エビを釣り上げる!

写真:山田 光子

地図を見る

まずは釣り竿に小さくエサを付け、水中へ投げ入れます。

糸を垂らす時、水面に浮いたピンクのウキの真上に緑の重りが来るようにしましょう。そして釣り竿を上下に動かし、水中のエビにエサをアピールします。そこでエビが食いつき、ウキが沈んだところで一気に引き上げます。

時々、気がついたらエサだけなくなっていることもあるので、定期的にチェックしましょう。

釣りのやり方が分からなければ店員さんに聞くか、周りのお客さんの様子を伺うのもひとつの手です。なにせ周りは熟練者ばかり。中には数分に1匹という、びっくりするほどのスピードで釣り上げる人もいるのです。

巨大エビを釣り上げる!

写真:山田 光子

地図を見る

そしてここでは1時間に1回エビの放流タイムがあり、何箇所かに分けてエビを放流します。この時は、皆が放流した場所に糸を垂らし始めるチャンスタイムです。なかなか釣れない人はこのタイミングを待つといいでしょう。

普段は夕方17時ごろにお店は開いており、火曜日と日曜日の21時からは試合が始まります。猛者たちによる熱いバトルは300バーツ(約1020円)で参加もできますが、見学だけでも面白いです。

びっくりするほど美味しいエビと料理!

びっくりするほど美味しいエビと料理!

写真:山田 光子

地図を見る

そしてこのエビ釣りの醍醐味とも言える食事です。レストランにもなっているので料理だけを頼むこともできますが、自分の釣ったエビで食すということは最高のスパイスになります。そして何よりこちらのレストランの食事自体がとても美味しいので、ぜひ試してみてください。

定番のトムヤムクンはスープにエビの旨味が染み込む絶品。写真のクンオップウンセンという春雨とエビの蒸し煮も、春雨にじっくりとまろやかな辛みとエビの香りが染み込んでいておすすめです。

びっくりするほど美味しいエビと料理!

写真:山田 光子

地図を見る

そして一番のおすすめはクンパオ!塩で焼いただけのシンプルなものですが、ぷりっぷりの食感と旨味がダイレクトに味わえます。

クンパオは持ち帰ることもできるので、最初に料理を注文して釣りを楽しんだあと、お土産にしてもいいでしょう。クンパオはバーベキューと言っても通じます。

食事は注文してから30分ほど待つので、お腹の空いている人は注文してから釣りを始めることをおすすめします。料理名が分からなくても、メニューが写真付きで用意されているので、指差しで注文もできます。また、釣ったエビの調理料金は、釣り堀の上に垂れ幕のように写真と値段が掲げられているので、注文がしやすいです。

バンコクを訪れた際にはぜひ、その場で釣ってその場で調理してもらい、さらなるエビを待ちながらビールで乾杯という最高の体験を堪能してみてください!

ムーカタ チャルンナコンの基本情報

住所:52 Krung Thon Buri Rd, Khwaeng Khlong Ton Sai, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon 10600
電話番号:084-323-8922/089-050-0410
アクセス:BTSクントンブリー駅(Krung Thon Buri)より徒歩10分

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -