やちむんで味わうアートな沖縄食材「ミュージアムカフェ カメカメキッチン」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

やちむんで味わうアートな沖縄食材「ミュージアムカフェ カメカメキッチン」

やちむんで味わうアートな沖縄食材「ミュージアムカフェ カメカメキッチン」

更新日:2018/02/11 16:06

大坪 ともみのプロフィール写真 大坪 ともみ トラベルフォトブロガー

那覇市にある沖縄県立博物館・美術館内にミュージアムカフェ、カメカメキッチンがオープンしたのは、2017年の春。沖縄県産の食材が使われたパスタランチやスイーツが、沖縄の伝統工芸品である「やちむん」と呼ばれる焼き物の器で提供されます。様々な文化や芸術に出会うことのできる博物館・美術館のミュージアムカフェで、沖縄の文化や芸術を、目と舌で楽しみませんか。

ミュージアムカフェ カメカメキッチン

ミュージアムカフェ カメカメキッチン

写真:大坪 ともみ

地図を見る

ミュージアムカフェ、カメカメキッチンがあるのは、沖縄県立博物館・美術館内の3階です。大きなガラスの向こうには居心地の良さそうなカフェの空間が見えます。そのガラスには「museum Cafe」の文字と、カメカメキッチンのシンボルで、食材をくわえ、手にはうめーし色のスプーンとフォークをそれぞれ手にしたシーサーが描かれています。

ミュージアムカフェ カメカメキッチン

写真:大坪 ともみ

地図を見る

シーサーは沖縄では魔除けのために建物の屋根や門に置かれる獅子の像で、沖縄県民にとって、とても身近な存在です。また、「うめーし」とは、沖縄で使われている赤と黄の色合いが特徴のお箸のこと。カメカメキッチンのシンボルとして描かれているシーサーには、沖縄の文化が表現されています。

ミュージアムカフェ カメカメキッチン

写真:大坪 ともみ

地図を見る

さてお店の名前にある、カメカメキッチンの「カメカメ」ですが、これは生き物の「亀」のことではありません。沖縄では「カメーカメー」と言い、「食べて食べて」という意味の方言です。食べる時の動作の一つ「噛む」が語源とされていて、たくさん食べて欲しいと願う愛情のこもった表現です。
沖縄の食材をもっと知って欲しい、食べて欲しいというオーナー、池城さんの想いが込められた店名です。カメカメキッチンのメニューを見ると、ランチメニューのパスタには沖縄の食材が使われたものがあったり、常時提供されるホットドック「カメカメ琉球ドック」はその名の通り、琉球(=沖縄)テイストいっぱいだったり、スイーツにも沖縄の食材が使われていたりと、沖縄の魅力がたくさん。
季節や時期により、どうしても沖縄県産の食材が手に入らないことがありますが、できるだけ沖縄県産の食材を使うようにしているとか。

白と木目のナチュラルな色合いが素敵な明るい店内

白と木目のナチュラルな色合いが素敵な明るい店内

写真:大坪 ともみ

地図を見る

カメカメキッチン内は、白の柱と壁と大きなガラスに囲まれた中に、木目のテーブルとイスが並んだナチュラルな色合いが素敵な店内。窓から注ぐ外からのやわらかい光でより明るく感じられる空間です。

白と木目のナチュラルな色合いが素敵な明るい店内

写真:大坪 ともみ

地図を見る

カフェの奥には、小さなお子様連れでも食事が楽しめるようにと、ローテーブルとチェアがセットされた席が3つ用意されています。家族で気軽に利用できるのが嬉しいです。

ボリュームが嬉しいパスタランチ

ボリュームが嬉しいパスタランチ

写真:大坪 ともみ

地図を見る

ランチメニューは11時から15時までと、長めの時間提供されています。旬の島野菜をいただくパスタランチは、メインのパスタを選び、サラダ、バケット、スープ、ドリンクはビュッフェ形式で、食べ飲み放題というスタイルです。
季節や仕入れの状況により、メインのパスタメニューは変わりますが、だいたい3〜4種類用意されています。

ボリュームが嬉しいパスタランチ

写真:大坪 ともみ

地図を見る

サラダ用のドレッシングも手作りで用意されています。フルーツやスパイスの組み合わせがめずらしいものもあり、全て試してみたくなるものばかりでしょう。

ボリュームが嬉しいパスタランチ

写真:大坪 ともみ

地図を見る

季節の素材の力強さが味わえるメインのパスタ料理は、沖縄工芸品の焼き物、やちむんに盛りつけられ提供されます。カフェで提供される料理って、量が少なくて物足りないという印象を受けることがありますが、カメカメキッチンのパスタランチは、サイドメニューが食べ飲み放題ということもあり、物足りなさを感じることはありません。

沖縄テイスト満載のカメカメ琉球ドッグに自家製スイーツ!

沖縄テイスト満載のカメカメ琉球ドッグに自家製スイーツ!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

その昔、琉球王朝が築かれた地沖縄。その「琉球」の名がついた「カメカメ琉球ドック」は、沖縄テイスト満載です。2018年1月現在、提供されているカメカメ琉球ドックは2種類ですが、これがとても個性的で興味を惹くラインナップ。人気のトロトロソーキドックは、沖縄そばのトッピングとして地元民が好きなソーキの煮付けと紅ショウガが具材として挟まれています。甘辛く煮付けられたソーキとパン、意外な組み合わせと思いきや、なかなかのもの。ボリュームあるので、小腹がすいた時などにお勧めです。

カメカメ琉球ドックは他に、「厚切りポークたまごドック」があります。ポークたまごは、沖縄ではおにぎりの具材としてポピュラーです。パンとのマリアージュをぜひお試しください。

沖縄テイスト満載のカメカメ琉球ドッグに自家製スイーツ!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

カメカメキッチンで提供されるのは料理だけではありません。沖縄素材が使われた自家製スイーツも人気です。こちらもやちむんで提供されます。

沖縄テイスト満載のカメカメ琉球ドッグに自家製スイーツ!

写真:大坪 ともみ

地図を見る

自家製スイーツの中の一つ、沖縄県産の黒糖が使われたガトーショコラは、濃厚な味わいがコーヒーにぴったり。ガトーショコラにおしゃれにトッピングされた黒糖の程良い甘さがほっとします。
自家製スイーツは、他にも沖縄の食材が使われた魅惑的なメニューがあり、シークヮーサーとフーチバー入りのベイクドチーズケーキや、暑い季節に食べたいぜんざいなど、スイーツ女子はもちろん、スイーツ男子も気になるだろうラインナップがそろいます。

カメカメキッチンオリジナル!うめーしデザインのカトラリー

カメカメキッチンオリジナル!うめーしデザインのカトラリー

写真:大坪 ともみ

地図を見る

お店では、カメカメキッチンオリジナルのうめーし色のスプーンとフォークが販売されています。沖縄県内の作家さんとのコラボレーションであるこの作品は、木のぬくもりが感じられ、温かみのあるもの。沖縄のお箸、うめーし色のカトラリーは、ここでしか買えないオリジナルの作品なので沖縄旅行のお土産にお勧めしたい一品です。
サイズは、大と小の2種類あります。

カメカメキッチンオリジナル!うめーしデザインのカトラリー

写真:大坪 ともみ

地図を見る

カメカメキッチンがある沖縄県立博物館・美術館は、モノレールのおもろまち駅から歩いて約10分のところにあります。カメカメキッチンは博物館・美術館の中にありますが、もちろん入場は無料。また、駐車場も無料なので、レンタカーでの移動でも気軽に利用できます。
文化の発信地である博物館・美術館で、沖縄の文化を目と舌で楽しむのはいかがでしょうか。

ミュージアムカフェ カメカメキッチンの基本情報

住所:沖縄県那覇市おもろまち3-1-1 沖縄県立博物館・美術館内
電話番号:098-988-0192
アクセス:モノレールのおもろまち駅から徒歩約10分
営業時間・定休日は沖縄県立博物館・美術館と同様

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -