綺麗すぎて前見て走れない!沖縄絶景マラソン大会ベスト10

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

綺麗すぎて前見て走れない!沖縄絶景マラソン大会ベスト10

綺麗すぎて前見て走れない!沖縄絶景マラソン大会ベスト10

更新日:2018/02/07 14:11

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄のマラソン大会コースはマジ、ヤバイです。景色が綺麗すぎて前見て走れません。ついつい脇見してしまいます。そんな贅沢な体験ができる、沖縄の絶景マラソンコースをランキング。ベスト10のコースを、高低差や難易度を含めて紹介します。「初マラソンを南国沖縄で!」という方にもおすすめの情報。もちろん大会に参加しなくても、旅行中のジョギングでも楽しめます。南国絶景ロードを自分の足で思う存分味わいましょう!

海の上を走れる沖縄のマラソンコース

海の上を走れる沖縄のマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄では、意外とたくさんのマラソン大会が開催されます。中には「海の上」を走れる大会も!?もちろん走るのは橋や海沿いの道ですが、そのコースから見える景色は綺麗すぎて前見て走れないほど。沖縄のマラソン大会なら、その景色に癒され、気持ちよく走ることができることでしょう。もちろんマラソン大会に参加しなくても、沖縄旅行の際にジョギングしても楽しめます。

そんな綺麗な景色を自分の足で楽しめる、おすすめのマラソンコースをランキング。ベスト10のコースは、マジでヤバイです。

1位〜3位は海の色がヤバすぎるマラソンコース

1位〜3位は海の色がヤバすぎるマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

1位「ロマン海道 伊良部島マラソン」

これ以上のコースはない!といっても過言ではない絶景ロードを走るのが「伊良部島マラソン」。中でも下地島の空港脇の道には、ヤバすぎるぐらい綺麗な海が!?ガードレールもないので、綺麗な海を走っている感覚になれます。大会に参加しなくても、伊良部島の役場がある集落に泊まれば、気軽にジョギングで行くことができます。

<ロマン海道 伊良部島マラソン大会の基本情報>
開催時期:2月下旬
距離種別:21.1km/13.5km/7km/1.6km
高低差:ほぼ平坦なコース
難易度:初心者向け

1位〜3位は海の色がヤバすぎるマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

2位「とかしきマラソン」

沖縄を代表する絶景ビーチを、眼下に見ながら走ることができるのが「とかしきマラソン」。絵に描いた南国のビーチを目指して、坂を下っていくコースです。そのまま海まで飛んでいきたくなります。しかしアップダウンが超キツイ難コース。大会に参加しなくても、ビーチ近くの集落に泊まれば、散歩感覚でこの光景を楽しめます。

<とかしきマラソン大会の基本情報>
開催時期:2月初旬
距離種別:21.0975km/10km/5km/3km
高低差:最大標高差180mのアップダウンが何度も続くコース
難易度:超上級者向け

1位〜3位は海の色がヤバすぎるマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

3位「尚巴志ハーフマラソン」

今回のベスト10の中で、唯一沖縄本島開催の「尚巴志ハーフマラソン」。絶景橋“ニライカナイ橋”を海に向かって一気に下るコースです。“ニライカナイ”とは海の彼方にある楽園を意味し、まさに楽園へ向かって走ることができます。橋を下りた先の“知念岬公園”を起点に、橋まで散策するのもおすすめです。

<尚巴志ハーフマラソン大会の基本情報>
開催時期:11月初旬
距離種別:21.442km/3km
高低差:最大標高差150mのアップダウンがあるコース
難易度:中級者向け

4位〜6位は海の上を走るマラソンコース

4位〜6位は海の上を走るマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

4位「古宇利島マジックアワーRUN」

人気の“古宇利大橋”を走ることができる大会が「古宇利島マジックアワーRUN」。海を越える大橋を渡るので、まさに海の上を走るコースです。しかも開催時期が沖縄では初夏の「4月」なので、温暖な気候の中で絶景を楽しめます。古宇利大橋の両端には駐車場があり、そこを起点に大橋を散歩するのもおすすめです。

<古宇利島マジックアワーRUN大会の基本情報>
開催時期:4月中旬
距離種別:21.0975km
高低差:最大標高差70mのアップダウンが最初と最後にあるコース
難易度:初心者/初級者向け

4位〜6位は海の上を走るマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

5位「あやはし海中ロードレース」

人気ドライブコース“海中道路”を走ることができるのが「あやはし海中ロードレース」。沖縄本島から平安座島と浜比嘉島を巡るコースで、そのほとんどが海の上か海のそば。建物もほとんどないので開放感抜群です。海中道路までドライブし、道の駅的なロードパークを起点に散策しても楽しめます。

<あやはし海中ロードレース大会の基本情報>
開催時期:4月上旬
距離種別:21.0975km/10km/3.8km
高低差:大橋を渡る時以外はほぼ平坦なコース
難易度:初心者/初級者向け

4位〜6位は海の上を走るマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

6位「エコアイランド宮古島マラソン」「宮古島100kmワイドーマラソン」

海を渡る3つの大橋がある宮古島。そこで開催されるのが「宮古島マラソン」と「宮古島100kmワイドーマラソン」。どちらも2018時点で無料橋として日本一長い「伊良部大橋」を走るコースです。しかも100kmマラソンなら3本の大橋全てを駆け抜けます(宮古島マラソンは2本)。大橋手前の駐車場に車を停めれば、歩きでも景色を楽しめます。

<エコアイランド宮古島マラソン大会の基本情報>
開催時期:10月下旬
距離種別:42.195km/21.0975km/10km
高低差:伊良部大橋以外は大きなアップダウンが少ないコース
難易度:初級者/中級者向け

<宮古島100kmワイドーマラソン大会の基本情報>
開催時期:1月中旬
距離種別:100km/50km/22km
高低差:3本の大橋を渡る時と終盤に強烈なアップダウンがあるコース
難易度:100kmは超上級者向け

7位〜8位はその島独特のマラソンコース

7位〜8位はその島独特のマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

7位「日本最西端与那国島一周マラソン」

日本最西端のマラソンコースを走るのが「与那国島一周マラソン」。島を丸々一周するコースで、大会に参加すれば島巡りもくまなくできます。特に島南岸の道は台湾がある海峡に向かって走ります。しかし平らな道がないアップダウンだらけのコースなので、大会以外では車やバイクで巡るのが無難かも?

<日本最西端与那国島一周マラソン大会の基本情報>
開催時期:11月中旬
距離種別:25km/10km
高低差:平坦な場所がないアップダウンだらけのコース
難易度:上級者向け

7位〜8位はその島独特のマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

8位「竹富町やまねこマラソン」

国指定の特別天然記念物“イリオモテヤマネコ”が出てきそうな亜熱帯を走るのが、西表島で開催の「やまねこマラソン」。マングローブの森を見ながら走れる、沖縄でも数少ないコースです。特に“浦内川”にかかる橋から望める亜熱帯の景色は必見。大会以外でも、浦内川観光の際に橋まで行けば、このコースの感覚も味わえます。

<竹富町やまねこマラソン大会の基本情報>
開催時期:2月中旬
距離種別:23km/10km/3km
高低差:ほぼ平坦なコース
難易度:初心者/初級者向け

9位〜10位は人気離島のマラソンコース

9位〜10位は人気離島のマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

9位「久米島マラソン」

“はての浜”で人気の久米島で開催される「久米島マラソン」。さすがにはての浜はコースからは望めませんが、綺麗な海を横に見ながら走ることができるポイントも!?またゴールが、はての浜行きツアーが出る港の近く。走った後ならはての浜へ行けるかも?

<久米島マラソン大会の基本情報>
開催時期:10月下旬
距離種別:42.195km/21.0975km/10km/5km
高低差:程よいアップダウンがあるコース
難易度:中級者向け

9位〜10位は人気離島のマラソンコース

写真:離島 こむ

地図を見る

10位「石垣島マラソン」

2017年の“人気急上昇中の観光都市ランキング”で、ハワイ越えの人気観光地になった石垣島。そこで開催されるのが「石垣島マラソン」です。ラムサール条約に登録された湿地“名蔵アンパル”もコースの一部。石垣島の名所を巡りながら走ります。石垣市街がスタート&ゴールなので、市街に泊まれば気軽にコースを楽しめます。

<石垣島マラソン大会の基本情報>
開催時期:1月下旬
距離種別:42.195km/24km/10km
高低差:中盤に大きなアップダウンがあるコース
難易度:中級者/上級者向け

自分の足でしか見つけられない絶景もある!?

今回のベスト10の中に、沖縄で最もメジャーな2つのマラソン大会が入っていません。12月初旬の「NAHAマラソン」と2月下旬の「おきなわマラソン」。この2つが何故ランクインしていないのでしょうか?実はこの2つのコースは、どちらもコース途中で海の近くを通らないばかりか、ほとんど海も望めないんです。沖縄のマラソンなら、やっぱり青い海が望めるコースですよね。残念ながらベスト10からは落選してしまいました。

マラソン大会に参加しなくても、沖縄旅行では是非、これらのコースを参考にジョギングや散策をして欲しいものです。レンタカー移動では味わえない絶景も、自分の足なら見つかることでしょう。

これからの沖縄旅行の必需品は「ジョギングシューズ」になるかも?

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/04/09−2017/07/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -