コーヒー好き必見!コペンハーゲンの本格派コーヒーショップ「Coffee Collective」

| デンマーク

| 旅の専門家がお届けする観光情報

コーヒー好き必見!コペンハーゲンの本格派コーヒーショップ「Coffee Collective」

コーヒー好き必見!コペンハーゲンの本格派コーヒーショップ「Coffee Collective」

更新日:2018/02/07 22:02

澤田 きさ子のプロフィール写真 澤田 きさ子 デンマークブロガー、グルメハンター、蚤の市ハンター

デンマークはコーヒー党の国。以前からコーヒーのクオリティの高さは注目されていて、これまで何人ものバリスタ世界チャンピオンを輩出しているコーヒーエリート国でもあります。そんなデンマークにも到達したサードウェーブの波。今回は数あるコーヒーショップの中でも、早くからサードウェーブを取り入れたコペンハーゲンの有名店をご紹介。現地でしか味わえないコーヒーをぜひ味わってみてください。

デンマークにもやってきたサードウェーブ

デンマークにもやってきたサードウェーブ

提供元:pixabay

https://pixabay.com

近ごろ日本でも話題のコーヒーのサードウェーブ。ただコーヒーを販売するだけではなく、豆の生産や仕入れ、焙煎まで一貫した管理にこだわったコーヒーを販売するスタイルです。実は、デンマークにもこの波はやってきています。最近では独自に豆を輸入したり、自家焙煎したり、するショップが増えています。ここに、バリスタ世界チャンピオンを多く輩出した国ならではのこだわりが垣間見えますね。

デンマークにもやってきたサードウェーブ

写真:澤田 きさ子

地図を見る

コペンハーゲン市内に店舗を構えるコーヒーショップ「Coffee Collective」は、そんなデンマークのサードウェーブの草分け的存在です。まだ豆の販売店も少なかった2007年から始動し、現在もクオリティの高いコーヒーを提供し続けています。市内には4店舗あり、どれもが個性的でいつも混雑している人気店です。

コーヒーに対する2つのこだわり

コーヒーに対する2つのこだわり

提供元:pixabay

https://pixabay.com

「Coffee Collective」が重視するのは、コーヒー農家、焙煎家、そしてバリスタのリンク。そして、そこから生まれたこだわりは2つあります。
まずはコーヒー農家とのつながり。契約を交わしたアフリカや南米にある農家で自社の豆を栽培しています。農家との信頼関係を保つために、豆の買取価格をフェアトレード価格の25%増しに設定。また、年に1回は農家を訪問し、コミュニケーションを取っているとのこと。こうすることで、豆のクオリティが保たれ、農家のモチベーションアップにもつながるという考えです。
最終的な目標は、ワイン農家のように、コーヒー農家の地位も高めることだそう。これからの彼らの活動にも期待が高まりますね。

コーヒーに対する2つのこだわり

写真:澤田 きさ子

地図を見る

もうひとつのこだわりは焙煎。コーヒー豆は焙煎されて初めて、その豆の特徴が生かされるそうで、その日の温度や湿度に応じて妥協しない焙煎ができるプロを採用しています。
さらに毎朝、自社の焙煎場でその日出荷分だけを焙煎にかけるので、いつでも美味しいコーヒーが飲めるというわけ。隅々までこだわりが効いたCoffee Collectiveのコーヒーが人気な理由も分かりますね。

オーナーの経歴が華やか!

オーナーの経歴が華やか!

写真:澤田 きさ子

地図を見る

「Coffee Collective」の経営者は4人。豆のバイヤーやデザイナーなど専門は様々ですが、4人ともバリスタとしての技術を持ちます。
また、特筆すべきは4人のうち2人がバリスタチャンピオンの称号を持っていること。焙煎家のCasper E. Rasmussenは2008年にワールドテイスティングチャンピオンとヨーロッパバリスタチャンピオンに、 マーケティング担当のKlaus Thomsenは2006年のワールドバリスタチャンピオンに輝き、デンマーク国内でも2度の優勝を果たしているそう。
これならなぜ「Coffee Collective」のコーヒーが美味しいのか、納得ですね。

気軽に立ち寄れるマーケット内の店舗

気軽に立ち寄れるマーケット内の店舗

写真:澤田 きさ子

地図を見る

では、最後におすすめの「Coffee Collective」店舗を2つご紹介します。
まずはコペンハーゲン中心部の賑やかなマーケット「Torvehallerne」内の店舗。電車や地下鉄、バスなどの主要交通機関が集まるNorreport駅に近く、立ち寄りやすい立地が特徴です。カウンターのみの店舗は明るく、観光客や地元客でいつも賑わっています。エスプレッソやラテはもちろん、ドリップも一杯ずつ丁寧に淹れてくれ、居心地の良さも感じられるでしょう。
マーケットでの食後の楽しみにも良し、観光中のリラックスにも良し。何かと使い勝手のいい店舗ですよ。

<Torvehallerne店の基本情報>
住所:Vendersgade 6D, 1363 Copenhagen K
電話番号:+45 6015 1525
アクセス:Norreport駅から徒歩1分

真髄を知るならGodthaabsvej店へ!

真髄を知るならGodthaabsvej店へ!

写真:澤田 きさ子

地図を見る

「Coffee Collective」の真の実力を知りたい方は、ぜひGodthaabsvej店へ。場所はコペンハーゲン中央駅からバス2Aで15分ほどの、北側のエリアにあります。
こちらの特徴は自社の焙煎所が併設されていること。朝に来店すれば、豆が焙煎されている様子を覗くことができます。
ここで味わうならぜひハンドドリップを。常時4〜5種類の豆から選ぶことができ、はっきりとした豆の味を感じられますよ。
さらに、毎月第一金曜日16時から開催されるワークショップも必見。目の前で焙煎の様子やショップのこだわりを見ることができる、貴重な時間です。150krで誰でも参加可能なので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

<Godthaabsvej店の基本情報>
住所:Godthaabsvej 34B, 2000 Frederiksberg
電話番号:+45 6015 1525
アクセス:コペンハーゲン中央駅からバス2A、Aksel Mollers Have下車すぐ

素敵なお土産も手に入るコペンハーゲンのコーヒーショップ

さて、「Coffee Collective」をご紹介しましたが、いかがでしたか。こちらで販売されているオリジナルグッズやコーヒー豆ならデンマークらしいお土産になること間違いなし。また、今回取り上げた以外の店舗にもそれぞれ個性があるので、興味のある方はぜひ一度足を運んでみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -