東京の宿泊が2,800円〜と格安!カップル・女性一人旅でも安心のオシャレなホステル!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東京の宿泊が2,800円〜と格安!カップル・女性一人旅でも安心のオシャレなホステル!

東京の宿泊が2,800円〜と格安!カップル・女性一人旅でも安心のオシャレなホステル!

更新日:2016/01/15 10:01

A stylish hostel in Tokyo for only 2700 JPY! Safe and suitable for couples and female guests!
浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

最近はLCCと呼ばれる格安航空会社が東京と国内各地を格安で飛んでいます。しかし、交通費は安くなったけど、やはり東京は宿泊が高いと思っている人も多いのでは?今回は、東京の新名所「東京スカイツリー」へも徒歩15分という立地ながら低価格、しかも、オシャレで綺麗なホステルをご紹介します。カップル、女性一人旅、学生グループ旅行といろんなシチュエーションで使えますよ。外国人の宿泊客も多いので国際交流も!

立地条件、アクセスがGOOD!

立地条件、アクセスがGOOD!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

バックパッカーと呼ばれるリュック一つで旅をする人たち向けに宿泊場所を提供する「ホステル」や「ドミトリー」というと安宿的なイメージがありますが、単なる安宿じゃないオシャレなホステルが東京にあります。それが「Nui.HOSTEL&BAR LOUNGE」。オープン当時もメディアで話題になっていましたが、今でもバックパッカーたちの口コミにより外国人旅行客はもちろん、日本人宿泊客も増え、週末は満室になることもしばしば。早速、その魅力をお伝えしましょう。

安宿というと、格安のため設備が簡素だったりするのですが、Nuiは入り口を入った瞬間、そのオシャレな空間にびっくりするはず。
1Fはフロント兼ラウンジで夜は宿泊者以外も利用可能なバーラウンジとしても使われるだけあって、ホステルというよりセンスがいいカフェのような雰囲気。高い天井に向かって真ん中には大きい木がド〜ンとオブジェのように設置され、その周りには、手作り感満載の木のテーブルや窓際のちょっとした観葉植物、さらにグランドピアノまで丁寧に配置されています。

昼間は、宿泊客が思い思いに集っていますが、夜のバーラウンジタイムは近所の人やこの店のファンの人が普通にお酒を飲みに来て宿泊客と交流を深めています。このあたりは「ホステル」らしさが出ていますね。
「いろんな国の人と交流したい、旅仲間と情報共有したい、地元の人の声を聞きたい」など好奇心旺盛の人には一押しのバーです。

最寄駅は都営浅草線、都営大江戸線の「蔵前」駅。東京駅からは15分、羽田空港からは京急から都営浅草線直通運転の電車に乗れば乗り換えなしの45分で到着。さらに、今話題の東京スカイツリーや浅草寺がお散歩圏内の場所にあります。蔵前駅から徒歩3分で着くので駅からのアクセスもばっちりです。

プライベート感満載のこだわりの二段ベッド

プライベート感満載のこだわりの二段ベッド

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

2階〜4階部分が宿泊施設。5種類の部屋タイプがあり、一番安いのが男女混合ドミトリー2800円、次に女性専用ドミトリー3000円、ダブルベッド、ツインルームが1室7000円で、一番高くても隅田川を望むリバービューダブルルームで1室7800円。1室料金なので、2で割るとドミトリー並みの値段になりますね。
部屋は簡素ながらラウンジと同じように全体に木を使い、温かみあふれる室内。写真はドミトリールームの2段ベッド。普通はパイプベッドが置かれますが、パイプベッドだと寝返りを打つとベッドが揺れてしまうということもあり、Nuiでは、手作りで木のベッドを作り、揺れないように工夫。さらに、相部屋でも個室のような感覚をということで、仕切りの遮光カーテンまでつけるこだわりよう。光が一切もれずストレスフル!

また、無料Wifi完備なので、ベットでゴロンとしてネットをすればおうち感覚です。
特にオススメが布団!安宿というとぺらっぺらの敷き布団をイメージしていたのですが、適度な柔らかさで寝心地がよく、掛布団も羽毛でやわらかくて軽いのに温かさはばっちり。

難点があるとすれば、入り口付近のベットが割り当てられた場合、人の出入りが気になるのと、写真右端にある部屋の鍵ですが、ナンバー式なのでガチャガチャしている音は少し気になりますがセキュリティーがしっかりしているということでご了承を。

シャワールームも利用者を考えた作りに!

シャワールームも利用者を考えた作りに!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

安宿なので、トイレ、お風呂は共同です。みんなが使うなら水回りはちょっと汚いのでは?という心配はご無用!
シャワールームに入ると、手前は脱衣所で、服を入れるかごも完備。その奥にベージュを基調としたシャワールームがあり、シャンプー、ボディーソープは備え付け。シャワーの出もばっちりで快適そのものです。
ただ、各階に3つずつしかシャワールームがないので誰かが入っていたら待つことになります。ねらい目は、早めに就寝する人とバーで飲んだり夜遅い人との間の時間で、大体21時〜1時ころ。タイミングよく入ればそんなに待つことなく入れますよ。

また、洗面台は一つずつ区切られ、最近のオシャレな百貨店の化粧室のような感じです。ドライヤーも完備しているので髪も乾かすことができますよ。
ただ、タオルは有料になるので持っていってくださいね。

共有スペースのライブラリー、キッチンは北欧風

共有スペースのライブラリー、キッチンは北欧風

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ホステルというと旅行代金を浮かせるために自炊する人が多く宿泊しますが、Nuiでももちろんキッチンがあります。最上階に設置されたキッチンはこれまた北欧風の木でつくられたオシャレなキッチン。冷蔵庫、電子レンジ、IHクッキングヒーター、その他、調味料なども無料で使えるので自由に料理することができます。
ただ、場所が狭いので使った調理器具は放置せず、すぐに洗いましょうね。共有スペースということをお忘れなく。

キッチンの横にはライブラリースペースも完備。雑誌や本などが置かれ、本を読むスペースも十分にあるのでゆっくりくつろぐことができます。
気に入ったのが木の長椅子。適度にクッションも置かれ、テーブルも配置されているので、お茶をしながら本を読むことができます。1階でも可能ですが、出入りがあるので落ち着くなら5階のライブラリースペースがオススメです。

有料だけど、朝ごはんのパンが絶品!

有料だけど、朝ごはんのパンが絶品!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

朝ごはんは有料ですが、1階のバーラウンジでパンを販売しています。3〜4種類ほどしかパンはないのですが、一つ100円のクロワッサンが絶品!
宿泊者はコーヒー、紅茶が100円引きなので、300円〜400円でドリンクも注文できます。
カフェオレとクロワッサンを注文し、パリのホステルでの朝食風、なんてことも出来ますよ。
外のカフェで食べるのもいいですが、日差しが入る広いロビーでゆっくり朝ごはんを食べてから出かけてみてはいかがですか?

ホステルの常識をくつがえすオシャレすぎるホステル

とにかく宿代を安く上げたい、でも汚いところはちょっとという方にオススメのホステルです。カプセルホテル並みの値段なのに設備はデザイナーズホテルのよう!また、春休みになるとグループで卒業旅行に行く方も多いと思いますが、ドミトリーであれば、部屋が分かれることなく一緒に寝泊まりできるのも魅力。カップルでゆっくりオシャレに過ごしたい方はリバービューのダブルルームがあるのでこのお部屋もオススメです。

東京での滞在費を安くあげたい方必見の宿ですよ!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ