リーガロイヤルホテル京都「いちごいちえ」は8日間だけの幻のいちごブッフェ!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

リーガロイヤルホテル京都「いちごいちえ」は8日間だけの幻のいちごブッフェ!

リーガロイヤルホテル京都「いちごいちえ」は8日間だけの幻のいちごブッフェ!

更新日:2019/01/07 13:59

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

リーガロイヤルホテル京都でたった8日間だけしか開催されない幻のスイーツブッフェ「いちごいちえ」。 2019年のテーマは「KYOTO×IRO×ROUGE」。ドレスコードは何か赤いものを身に着けて。京都だから叶う特別なおもてなしと、様々な「赤」で彩られた会場で、スイーツだけではない特別な時間をお過ごしください。

今年の内容は行くまでわからない…幻のいちごブッフェ

今年の内容は行くまでわからない…幻のいちごブッフェ

写真:東郷 カオル

地図を見る

初日開催日まですべてが謎に包まれた、リーガロイヤルホテル京都のいちごすい〜つ「いちごいちえ」。“すべてが謎”ということで、内容は2018年の様子をご紹介。今年狙っている方はぜひご参考に!

「いちごいちえ」はたった8日間の席をめぐって予約争奪戦が繰り広げられ、見事予約を勝ち取った人だけが楽しめる至福のスイーツブッフェです。

会場は1階の「オールデイダイニング カザ」。入り口でまずびっくりするのが舞妓さんの「おこしやす〜」のお迎え。「いきなり撮影ポイントか!」と思いきや、後ほどゆっくりと撮影タイムが用意されていますので、まずは会場奥へ。

今年の内容は行くまでわからない…幻のいちごブッフェ

写真:東郷 カオル

地図を見る

ブッフェスタートまでにブッフェ台の撮影タイムが設けられています。会場のブッフェエリアは、わかりやすく分類。お席には見取り図も用意されていて、スイーツブッフェにありがちな「そんなスイーツあったの?気づかなかった!!」という"取りこぼし"がないのも嬉しいポイント。各コーナーは「赤」を表す様々な日本の伝統色(朱色や真紅、薔薇色など)でイメージされ、京都特有の繊細な空間をつくり出しています。

写真は会場のほんの一角。右手が「ひんやりスイーツ」、左手奥には「あったかスイーツ&お料理」、その奥にはドリンクコーナーがあります。

今年の内容は行くまでわからない…幻のいちごブッフェ

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらは食べられるお菓子の家。ちびっ子に大人気!ホテルのスイーツブッフェは女子のためのイベントのような様相ですが、「いちごいちえ」ではお母さんもお子さんと一緒に楽しめます。奥には「まるで枯山水」コーナーがあり、抹茶の生チョコや苺ようかんなど、和を感じられるスイーツが主役です。

ブッフェスタートまでのお楽しみ

ブッフェスタートまでのお楽しみ

写真:東郷 カオル

地図を見る

お席についたら確認したいのが先ほど少し触れた会場の見取り図・メニューと、ウェルカムドリンクチケット、利き酒ならぬ「利き苺」投票券。

ブッフェスタートまでのお楽しみ

写真:東郷 カオル

地図を見る

ウェルカムドリンクのチケットは、目の前でソムリエが作ってくれるカウンターで引き換えます。下からライトアップされたカウンターに苺の赤が映え、シュワシュワっとノンアルコールカクテルに仕上がる様子はまさにフォトジェニック!

ブッフェスタートまでのお楽しみ

写真:東郷 カオル

地図を見る

撮影タイムが終了し、ウェルカムドリンクもゲットしたら、いよいよブッフェのスタート。スタートの合図は舞妓さんによる鏡開きならぬ「いちご開き」。巨大ないちごを、楽しい演出で選ばれたお客さんと木槌でゴンッ!!いちごの中からいちごという、かわいらしいパフォーマンスです。

クオリティの高いフード&スイーツ

クオリティの高いフード&スイーツ

写真:東郷 カオル

地図を見る

お席に用意された見取り図のおかげで、ブッフェスタート直後も混乱なく皆さんお目当てのコーナーへ。写真は「真っ赤なぺぺろんち〜の」。びっくりするような赤い色ですが、これが美味なのです!フードでは外せない一品ですので、お忘れなく。何度もお皿が空になるほどの人気ですが、しばらくすると新しいものが用意されますのでご心配なく。「牛すじと茸の欧風かれ〜」もテッパンの美味しさ。

他にも「ムール貝の白わいん蒸し」「び〜ふとしゃんぴによんのぴらふ」など、目移りするお皿が並びます。

クオリティの高いフード&スイーツ

写真:東郷 カオル

地図を見る

いちごブッフェで忘れてはならないのがいちごの食べ比べ。ツヤツヤのフレッシュな「さぬきひめ」「女峰」「ゆめのか」が贅沢に盛られています。

クオリティの高いフード&スイーツ

写真:東郷 カオル

地図を見る

お皿は様々な大きさのものが用意されていますので、上手に使い分けて盛り付けましょう。テーブルを撮影したい方は盛りすぎ注意!少しづつ盛り付けて、ブッフェ台には何度も足を運ぶのが長く楽しめるコツ。途中にカレーを挟むと、「辛い⇒甘い⇒辛い⇒甘い」という恐ろしい無限ループが楽しめてしまいます(笑)。

「いちごいちえ」のスイーツは甘さ控えめでサイズ小さめ。生クリームも軽い口当たりですので、沢山楽しめるのです。写真左手のボリューミーな「苺しふぉんさんど」はふわっふわで驚くほど軽い食感。お腹にたまらないので、見た目のインパクトと違い、他のメニューの妨げになりません。

写真を撮るのも楽しい会場

写真を撮るのも楽しい会場

写真:東郷 カオル

地図を見る

お腹が満たされたら撮影タイム。会場入り口でお迎えしてくれた舞妓さんたちがテーブルをまわってくれますので、記念撮影をお願いしましょう。本物の舞妓さんと記念撮影できるなんてなかなかないチャンス。美味しいスイーツはお腹に入れて、美しい舞妓さんの写真はカメラに収めて思い出としてお持ち帰りください。

写真を撮るのも楽しい会場

写真:東郷 カオル

地図を見る

会場には他にも撮影ポイントが盛り沢山。「いちごいちえ」のスイーツは、出来上がったものが並べられているだけではなく、パフォーマンスを繰り広げながら提供されるスイーツも多く、味だけではなく視覚でも楽しめる工夫が盛り沢山。開始のタイミングはその都度マイクでお知らせがありますので、一旦フォークを置いて、パフォーマンスコーナーへ向かいましょう。

二時間をあっという間に感じさせるサプライズの数々

二時間をあっという間に感じさせるサプライズの数々

写真:東郷 カオル

2時間の間には、サプライズが目白押し。写真はちびっ子が大興奮のお菓子の家の解体タイム。木槌でバキッと破壊すると周りのお客さんから歓声が。お客さん同士の一体感も生まれる一瞬。

二時間をあっという間に感じさせるサプライズの数々

写真:東郷 カオル

こちらは「利き苺」。3つのお皿から「あまおう」だと思う箱に、決められた時間までにお席にあった投票用紙を入れましょう。ブッフェスタートから1時間ほどすると、当選者発表が行われます。

見事当選した方には、またリーガロイヤルホテル京都を楽しめるプレゼントが用意されていますので、本気で挑みましょう!

リーガロイヤルホテル京都 いちごすい〜つ「いちごいちえ」の基本情報

住所:京都府京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地
電話番号:075-361-9149(イベント係)
アクセス:JR京都駅から西へ徒歩約7分、JR京都駅八条口から無料シャトルバスは約15分間隔にて運行
予約方法:インターネット予約のみ
開催日程:
1st 2019年1月24日(木)、25日(金)
2nd 2019年1月26日(土)、27日(日)
3rd 2019年2月14日(木)、15日(金)
4th 2019年2月16日(土)、17日(日)

※写真・内容はすべて2018年のものです

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -