徒歩で回る沖縄「竹富島」絶景と絶品グルメに癒やされる

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

徒歩で回る沖縄「竹富島」絶景と絶品グルメに癒やされる

徒歩で回る沖縄「竹富島」絶景と絶品グルメに癒やされる

更新日:2018/02/19 09:54

いまづる めぐのプロフィール写真 いまづる めぐ 旅ブロガー
LCCが就航地を増やしている中、なんと関西空港から石垣島にも格安で行けるようになりました。石垣島からフェリーで15分程の竹富島といえば昔ながらの街並み!せっかくの街並みを堪能するなら、徒歩で竹富島を回りましょう!オススメランチやカフェで食べる絶品パフェもご紹介します!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

竹富島を一望しよう

竹富島を一望しよう

写真:いまづる めぐ

地図を見る

石垣島からフェリーでたった15分で行くことができる竹富島は、沖縄ならではの街並みが広がります。面積は約5.4kmしかなく、西から東へ歩いたとしても、最大2.7kmのとても小さな島です。

竹富島を一望しよう

写真:いまづる めぐ

地図を見る

そんな小さな竹富島の街並みを一望したい方にオススメなのが、竹富港から徒歩約15分程でつく”なごみの塔”。実は老朽化のため一番上までは登ることはできませんが、途中の景色で十分竹富島を一望できます。無料なので要チェックです!

竹富島を一望しよう

写真:いまづる めぐ

地図を見る

そして実はもう一つ展望スポットがあります。なごみの塔の斜め前にある“あかやま展望台”は、入場料100円で上に登ることができるのでそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか?

<基本情報>
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富379
アクセス:竹富港から18分

“そば処竹の子”でラフテー丼&アーサーそば

“そば処竹の子”でラフテー丼&アーサーそば

写真:いまづる めぐ

地図を見る

お腹が空いたら、ランチは“そば処竹の子”で食べましょう。店内は20名程しか入らずこじんまりしています。そば処という店の名通り、そばメニューが多く八重山そば、ソーキそば、三枚肉そばなどがあります。

“そば処竹の子”でラフテー丼&アーサーそば

写真:いまづる めぐ

地図を見る

そばだけでは物足りないという方にオススメなのが、ラフテー丼とミニアーサーそばともずく酢が付いています。アーサーとはあおさ海苔のことで、このアーサーが入ることで、スープの味が変わり旨味が増します。

“そば処竹の子”でラフテー丼&アーサーそば

写真:いまづる めぐ

地図を見る

お昼時は混んでいるかもしれませんが、待つ価値がありますよ。

<基本情報>
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
電話番号:0980-85-2251
アクセス:竹富港から徒歩20分

“竹富島ぱーらー願寿屋”のパフェは絶品!

“竹富島ぱーらー願寿屋”のパフェは絶品!

写真:いまづる めぐ

地図を見る

竹富島でカフェを探しているあなたにオススメなのが”竹富島ぱーらー願寿屋”。港からも中心地からも徒歩約5〜10分。テラス席があるので、天気がいい日は外で食べるのがオススメ。メニューもかなり豊富!飲み物は沖縄ならではのメニュー黒糖みるくや島ハーブティー、マンゴージュース、ゴーヤーミックスジュース、パッションフルーツジュースなどがオススメ。お昼からオリオンビールを外で飲むのも気持ちいいかも!

“竹富島ぱーらー願寿屋”のパフェは絶品!

写真:いまづる めぐ

地図を見る

デザートもいっぱいあります。もちろんブルーシールもありますよ!かき氷はパッションフルーツやシークヮーサーなど、なかなか沖縄以外ではチョイスできないラインナップに加え、いちご、ブルーハワイなどスタンダードなものも揃っています。オススメは抹茶!350円で大きなかき氷、そしてたっぷりかかった抹茶が堪能できます。

“竹富島ぱーらー願寿屋”のパフェは絶品!

写真:いまづる めぐ

地図を見る

そして女子が大好きなパフェも忘れてはいけません!パフェは3種類あり、ココナッツアイスとパイナップルアイスの乗った南国パフェ、さとうきびアイスに黒蜜がかかった大人のパフェ、そして1番のオススメはうちなーサンデー!塩ちんすこうアイス、紅イモアイス、ウベアイスの3つのアイスが楽しめる欲張りなパフェなんです。

サイズもランチ後に食べるにはちょうどいいサイズ、お値段もお手ごろなので、ぜひ試してみては?甘いものを食べた後はセルフサービスのさんぴん茶で喉を潤しましょう!

<基本情報>
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富2280
電話番号:0980-85-2211
アクセス:竹富港から徒歩13分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

食べた後は運動!歩いてアイヤル浜へ

食べた後は運動!歩いてアイヤル浜へ

写真:いまづる めぐ

地図を見る

お腹いっぱいになったら、今度はビーチでゆっくりしましょう。竹富島の星砂の浜とも呼ばれる“カイジ浜”や、遠浅なビーチとして、美しく竹富島の代表とも呼ばれる“コンドイビーチ”もいいですが、少し中心地から歩いて、“アイヤル浜”を目指してみましょう。

食べた後は運動!歩いてアイヤル浜へ

写真:いまづる めぐ

地図を見る

“アイヤル浜”は島の東側に位置し、島の中心地から歩いて約20分程。草木が広がる道では日本最大級の大きさを誇る蝶、オオゴマダラが多く見られます。なんとこのオオゴマダラのサナギは金色!運が良ければ見つけられるかも?

そして“アイヤル浜”の近くにはホテル”星のや”があるので、まだ“アイヤル浜”に着かないと思った方も、”星のや”から5分程ですのでご安心を。

食べた後は運動!歩いてアイヤル浜へ

写真:いまづる めぐ

地図を見る

“アイヤル浜”は人が少なく、波の音を聞いてリラックスすることができます。流れが速く残念ながら遊泳は禁止ですが、夕日のスポットとも言われているので、カメラ好きには最高の場所かも!?本を読んでゆっくり過ごすのもいいかもしれませんね。また“アイヤル浜”でも星砂を見つけることができますよ!

竹富島でグルメ堪能!

昔ながらの街並みが楽しめる竹富島は、のんびり徒歩で回ってみましょう。展望台からの眺めも100円で楽しめます。

お腹が空いたら沖縄料理の代表であるそばを是非とも堪能してください。並んででも食べる価値がありますよ。天気がいい日はカフェのテラスでゆっくりするのがオススメ。お手ごろ価格のデザートを是非お試しあれ!

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -