ご来光だけでは帰れない! 台湾「阿里山」の4つの魅力徹底紹介

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ご来光だけでは帰れない! 台湾「阿里山」の4つの魅力徹底紹介

ご来光だけでは帰れない! 台湾「阿里山」の4つの魅力徹底紹介

更新日:2018/02/23 16:54

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
「阿里山」は台湾でも最も人気のある観光地の一つです。標高3,952mの台湾最高峰の「玉山連峰」に沿った2,000m級の峰々一帯は「阿里山国家森林遊楽区」として整備され、4つの大きな魅力を有しています。「山岳鉄道」「御来光」「巨木の森」「高山茶」です。自然災害の影響でアクセスが途切れ途切れになっているこのエリアを分かり易く紹介したいと思います。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

レトロ可愛い山岳鉄道によるアクセス

レトロ可愛い山岳鉄道によるアクセス

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

「嘉義駅」から始まる阿里山森林鐵路の山岳鉄道は、標高差1,373m、世界でも大変珍しい3重ループや急勾配のスイッチバックを繰り返し「奮起湖駅」へ。約2時間20分の列車の旅です。元々は「阿里山駅」や「祝山駅」などへも一直線で繋がっていましたが、度重なる自然災害の影響で全線復旧には至っていません。ですので奮起湖駅からはバスに乗換えとなります。列車の予約はインターネットなどで乗車希望日の15日前から可能です。嘉義駅の窓口では乗車希望日の4日前から購入可能です。

レトロ可愛い山岳鉄道によるアクセス

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

阿里山駅からは一駅分ですが、神木駅や平沼駅などを繋ぐ列車が通っており、1人100元で乗車できます。森林や巨木を通過する列車も見所&乗り所の一つ。桜の季節にはレトロ列車とのツーショット写真も撮れる「桜之道」周辺が大人気スポットです。

レトロ可愛い山岳鉄道によるアクセス

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

もちろん御来光スポットの祝山駅へも山岳鉄道でアクセスします。朝が早いので25分間の車内はほぼ全員がうたた寝状態でその光景もなかなか見られない絶景!?です。

神々しい御来光は必見間違いなし

神々しい御来光は必見間違いなし

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

御来光スポットは二ヶ所あり、祝山駅をおりてすぐの「祝山観景台」とそこから10分程の所にある「小笠原山観景台」です。
祝山観景台には屋根のある東屋とトイレと柵で仕切られた広場があります。柵に一番近い最前列はベストポジションの取り合いになるので場所取りはお早めに!! また、ここには朝食が取れるように屋台も3〜4軒出ているので寒い時には温かなスープ系テイクアウトをお勧めします。

神々しい御来光は必見間違いなし

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ちょっと数列後ろになるとこんな感じで人だかりが写真に写ってしまいます。絶好の御来光タイムに最前列に居る為にも、ここ祝山観景台には早めに上がってきましょう!

神々しい御来光は必見間違いなし

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

一方の小笠原観景台は綺麗なウッドデッキが広範囲に敷き詰められていて、とっても気持ちの良いエリアです。玉山連峰前の渓谷を縦に一望出来る絶景なのですが、御来光には少し角度が悪い位置となります。日の出後に訪れることをお勧めします。

神木と呼ばれる巨木の森は誘惑の森!?

神木と呼ばれる巨木の森は誘惑の森!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

このエリアで一番有名な「三代木」は三代に亘って同じ株に生えてきている木です。一見写真では分かりづらいのですが、見事に一代目の倒木に二代目が生え、二代目の腐食した株の上に三代目が生えています。ここも団体客などの撮影スポットですので、御来光後早めに訪れることをお勧めします。沼平駅から桜之道を通り、阿里山賓館前を通過したらすぐの所にあります。

神木と呼ばれる巨木の森は誘惑の森!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

阿里山博物館裏の慈雲寺周辺にある「香林神木」は推定樹齢2300年で、その高さと太さが醸し出す勇壮な様から阿里山を象徴する二代目神木と命名されています。

神木と呼ばれる巨木の森は誘惑の森!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

神木駅の線路脇に横たわる過去の倒木の「神木遺跡」は園内の精神的シンボルで、1906年に発見されましたが1998年には倒れそのままになっている遺跡です。実際に手で触る事も出来るのでその歴史に触れてみて下さい。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

高山茶の代名詞「阿里山茶」の試飲三昧

高山茶の代名詞「阿里山茶」の試飲三昧

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

阿里山駅周辺にはいくつかの阿里山茶の試飲が出来るお茶屋さんがありますので、ゆっくりと品定めをしましょう。可愛い茶器に美味しいお茶を煎れてもてなしてくれますのでお言葉に甘えて...。現地の方が言う「緑茶」はジャスミン茶・ウーロン茶・緑茶がミックスされたブレンド茶ですのでご注意を!

絶対に宿泊して訪れて欲しい阿里山森林遊楽区

ご来光は勿論の事、山岳鉄道でのアクセス、巨木が連立する森林内の散策、その喉の渇きを潤す最高の高山茶...と、阿里山エリアには楽しい魅力が詰まっています。絶対に日帰りでは勿体無い観光地です。周辺には様々な宿泊施設もありますので、是非1泊以上は滞在して楽しんで下さい。

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/22−2017/12/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -