九フン繁栄の陰を知る!台湾平渓線ねこ村「猴トン(ホウトン)」の炭鉱体験

九フン繁栄の陰を知る!台湾平渓線ねこ村「猴トン(ホウトン)」の炭鉱体験

更新日:2018/04/10 10:55

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
台湾北部、炭鉱で栄えたランタンが灯る老街「九フン」はあまりに有名ですが、その繁栄の陰には炭鉱で働く人々の大変な作業や生活があります。その生活・炭鉱での作業・その歴史などが体験・学ぶことが出来る場所が、平渓線沿いにある「ホウトン」です。ねこ好きな方にはねこがたくさん暮らすねこ村として有名な「ホウトン」の、違った一面をご紹介します。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

廃墟遺産をそのままに残す「ホウトン」の魅力

廃墟遺産をそのままに残す「ホウトン」の魅力

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

台湾北部の山間部を、2〜3両編成の列車でゆっくりと走るローカル線の平渓線。出発駅の「瑞芳(レイファン)駅」から一つ目の駅が「ホウトン駅」です。

駅の構内から跨線橋を渡ると「ねこ村」で有名な集落がありますが、反対側が炭鉱業で栄えた時代の展示室・廃墟跡・炭坑跡などが残るエリア。数店の売店・お土産屋の先には展示室があり、左側の木製の建物がビジターセンターです。まずはこちらで炭坑の歴史を知り、資料やマップを入手しましょう。精巧な模型(写真)で当時の炭坑の様子を知る事ができます。

<基本情報>
住所:224 台湾 New Taipei City, Ruifang District,ホウトン柴寮路43号
電話番号:+886 2 2497 4143
アクセス:ホウトン駅から徒歩1分

廃墟遺産をそのままに残す「ホウトン」の魅力

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

展示室の右手にある怪しげな階段を登っていくと、そこにはさらに怪しい廃墟群が眼下に見えて来ます。階段の両側には当時の写真などが飾ってありますので、その廃墟跡が炭坑で取れた石炭が運ばれてきて、仕分け作業などが行われていた場所だと分かります。

廃墟遺産をそのままに残す「ホウトン」の魅力

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

この先にある炭坑から運ばれる石炭が、川を超えるために作られていた瑞三運媒橋(写真)。両側には川に落ちないようにガラスが張られたり、レールの枕木を交換していたりはしますが、基本的には当時のままの姿を遺してくれています。

100年モノのトロッコに体験試乗

100年モノのトロッコに体験試乗

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

橋を渡り切ると「ホウトン坑」というトロッコ列車専用のトンネルと、トロッコの停車場が見えてきます。トロッコの製作年度は1918年ですので、2018年でちょうど100年目。運転席はとっても郷愁あふれる雰囲気です。

100年モノのトロッコに体験試乗

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

いよいよトンネルに入っていきます。ほんの30秒ぐらいのトンネルですが、両サイドも頭上も本当にギリギリを通過するので、ちょっとしたアトラクション感覚で楽しめます。

炭鉱の暮らしそのままに...

炭鉱の暮らしそのままに...

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

トンネルを抜けると、そこには当時の作業場・宿泊場・生活の場がほとんどそのままに遺されています。戦前・戦後の台湾を支えてきたようなスローガンが掲げられた看板も大きく設置。三階建ての宿泊場の内部は何も残っていなくてガランとしていますが、黒塗りの細部はそのままです。

炭鉱の暮らしそのままに...

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

作業場には、ビックリするぐらいに当時の作業道具・生活道具・工具などが残されており、一瞬にして当時にタイムスリップしたような感覚を覚えます。

破砕・掘削・運搬の炭鉱3種の作業体験

破砕・掘削・運搬の炭鉱3種の作業体験

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

広場では、炭鉱場の様々な作業の内容が体験出来るように工夫されています。石炭を掘削して積み替える作業体験では、2つのハンドルをリズミカルに動かしてショベル部分の角度を変えたり、上下に動かしたりと苦戦必至です。

破砕・掘削・運搬の炭鉱3種の作業体験

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

人力の運搬車は、シーソーのようなハンドルを二人がかりで上下に動かして進む構造で、スクワットとバーベル上げを一緒にやっているような動きとなり、かなりの運動量。どの作業も、ものの数分でへたばってしまうほどに大変な作業内容です。

<基本情報>
住所:224 台湾 New Taipei City, Ruifang District,ホウトン路158号
電話番号:+886 2 2497 5757
アクセス:ホウトン駅から徒歩3分

破砕・掘削・運搬の炭鉱3種の作業体験

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

石炭をドリルで破砕して細かくする作業では、その振動が凄くて長く作業が出来ない事が体感で分かります。

九フン訪問前に「ホウトン」で炭鉱体験を!

九フンの繁栄の陰には、こんなにも過酷な作業をしていた炭鉱労働者たちが「ホウトン」に居たということを実感・体感できる場所です。ぜひとも九フンを訪れる前に立ち寄ってみることをオススメします。

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -