近鉄奈良駅から徒歩20分圏内!お花見穴場スポット8選

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

近鉄奈良駅から徒歩20分圏内!お花見穴場スポット8選

近鉄奈良駅から徒歩20分圏内!お花見穴場スポット8選

更新日:2018/03/04 21:06

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

日本の春の代名詞といえば、桜!関西有数の観光名所・奈良にもたくさんの桜の名所が存在します。なかでも、古都・奈良の桜は歴史的建造物とのセットでご覧になると、よりいっそう奈良らしい雰囲気を堪能出来て、お花見を楽しめることでしょう。今回は奈良観光の玄関口・近鉄奈良駅から徒歩20分圏内で見られる桜のうち、意外と知られていない穴場スポット8つ厳選して紹介しましょう。

奈良観光の代名詞・東大寺周辺の桜

奈良観光の代名詞・東大寺周辺の桜

写真:乾口 達司

地図を見る

東大寺大仏殿といえば、誰もが良く知る大仏さまのいらっしゃる仏殿。江戸時代に再建された国内最大の巨大建造物として国宝にも指定されています。

そんな大仏殿をバックにしてご覧いただきたいのが、こちらの桜。大仏殿の敷地内に植えられており、その真正面に位置していることもあり、大仏殿とセットでご覧いただくのに格好の桜です。巨大な歴史的建造物にばかり目を奪われてしまいがちですが、忘れずにご覧ください。

<東大寺の基本情報>
住所:奈良市雑司町406-1
電話番号:0742-22-5511
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩20分

奈良観光の代名詞・東大寺周辺の桜

写真:乾口 達司

地図を見る

奈良の枝垂れ桜といえば、氷室神社の枝垂れ桜を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうが、こちらは東大寺大仏殿から南に5分、春日大社の参道沿いにある奈良国立博物館仏教美術資料研究センター前の枝垂れ桜です。

奈良国立博物館仏教美術資料研究センターは、明治35年(1902)、関野貞の設計によって竣工した奈良県物産陳列所を前身としています。和風の建築様式に西洋の様式を取り入れた建造物で、奈良を代表する近代建築の一つとして、現在、国の重要文化財に指定されています。近代以前の建築が多い古都・奈良にあって、和洋折衷の近代建築を背景にした珍しいシチュエーションをお楽しみください。

<奈良国立博物館の基本情報>
住所:奈良市登大路町50
電話番号:0742-22-7771
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩15分

三条通りと日本聖公会奈良基督教会の桜

三条通りと日本聖公会奈良基督教会の桜

写真:乾口 達司

地図を見る

奈良観光を楽しむ方の大半が散策するのが、猿沢池沿いを東西に走る三条通り。お土産屋が軒を連ねる奈良観光のメインストリートですが、こちらにも桜並木が見られます。お土産を求めがてら、桜も愛でましょう。

三条通りと日本聖公会奈良基督教会の桜

写真:乾口 達司

地図を見る

三条通りと並ぶメインストリートといえば、東向商店街(ひがしむきしょうてんがい)を挙げないわけにはまいりません。そんな東向商店街のなかほどに教会が建っています。日本聖公会奈良基督教会です。竣工は昭和5年(1930)。和洋折衷の木造バジリカ式礼拝堂で、現在は国の重要文化財に指定されています。敷地内には親愛幼稚園も設けられていますが、時間帯によっては教会のなかをのぞかせていただけるので、桜を眺めながら訪れてみてはいかがでしょうか。

<日本聖公会奈良基督教会の基本情報>
住所:奈良市登大路町45
電話番号:0742-22-3818
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩3分

「ならまち」(奈良町)界隈の寺院と桜

「ならまち」(奈良町)界隈の寺院と桜

写真:乾口 達司

地図を見る

近鉄奈良駅から南方に歩いていくと「ならまち」(奈良町)と呼ばれる伝統的家屋保存地区にいたります。もとはといえば、蘇我馬子によって建立された日本最古の寺院・飛鳥寺を前身とする元興寺の境内であったところですが、元興寺の衰退にともない、中世以降、民家が建ち並ぶようになりました。そういった歴史的な経緯から「ならまち」にはたくさんのお寺が見られますが、そのなかには桜の隠れた名所も幾つかあります。

写真のスポットもそのうちの一つ。かつて元興寺の五重塔がそびえ立っていたところです。元興寺の五重塔は現存する日本最大の五重塔である京都・東寺のものよりもまだ高かったと推定されていますが、残念ながら、江戸時代末期に焼失。現在はその跡地に塔を支えていた礎石だけが点在しています。この五重塔跡の桜も見事。礎石に腰を下ろしてのんびり桜を眺めるのも良いでしょう。

「ならまち」(奈良町)界隈の寺院と桜

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらはやはり元興寺の塔頭であった小塔院の桜。狭い門をくぐると、路地の先にご覧のような大きな桜が現れます。もちろん、境内に足を踏み入れることも許されています。

<元興寺の基本情報>
住所:奈良市中院町11
電話番号:0742-23-1377
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩10分

「ならまち」(奈良町)界隈の寺院と桜

写真:乾口 達司

地図を見る

「ならまち」の桜といえば、徳融寺の桜も忘れてはいけません。徳融寺は奈良時代の貴族・藤原豊成の旧宅跡に建つとされ、豊成の娘・中将姫伝説ゆかりの地。境内には豊成や中将姫ゆかりの石塔などが残されています。

写真は山門をくぐったところに生えている桜。他の桜よりも全体的に白っぽく、夕闇に白く浮かびあがります。

<徳融寺の基本情報>
住所:奈良市鳴川町25
電話番号:0742-22-3881
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩15分

ライトアップの時間帯もお勧め!佐保川の桜並木

ライトアップの時間帯もお勧め!佐保川の桜並木

写真:乾口 達司

地図を見る

近鉄奈良駅から北西に徒歩10分あまり。『万葉集』にも詠まれた佐保川に突き当たります。佐保川の桜並木は大仏鉄道記念公園から下流に向けて延々数キロメートルにわたって続いており、特にお勧めなのが、夜間のライトアップ時。暗闇に浮かび上がる桜並木は幻想的です。地元の地区が主催する桜祭りのときには屋台も出るので、いっそう華やいだ雰囲気にひたれますよ。

ライトアップの時間帯もお勧め!佐保川の桜並木

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは佐保川の桜並木の起点となる大仏鉄道記念公園の枝垂れ桜。佐保川の桜並木をめぐるときは、大仏鉄道記念公園をまずは目指しましょう。

ライトアップの時間帯もお勧め!佐保川の桜並木

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、日中も見応えがあります。お時間のある方は数キロメートルにわたって続く桜並木を歩いてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?近鉄奈良駅から徒歩20分圏内には、ここで紹介したような桜スポットが点在しています。もちろん、今回、紹介したのはほんの一部。ご自身の足で近鉄奈良駅周辺の桜を探してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -