この桜に会いたい!桂昌院しだれ桜・京都西山「善峯寺」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

この桜に会いたい!桂昌院しだれ桜・京都西山「善峯寺」

この桜に会いたい!桂昌院しだれ桜・京都西山「善峯寺」

更新日:2018/02/24 14:35

さちのプロフィール写真 さち 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

日本各地の桜の名所の中には、並木道等数で圧巻するお花見スポットの他、木の本数は少なくとも一本桜といわれる、いわば主役級の桜スポットも少なくありません。

中でもお勧めは、京都西山にある「善峯寺」の桂昌院しだれ桜です。大きなしだれ桜はなんと樹齢約300年。徳川五代将軍綱吉の母、桂昌院お手植えの桜と伝えられています。JR東海「そうだ 京都、行こう。」のCMでも有名になった桜に会いに行きませんか!

桂昌院ゆかりの山寺「善峯寺」

桂昌院ゆかりの山寺「善峯寺」

写真:さち

地図を見る

善峯寺は京都市の西南、釈迦岳の中腹に広がる山腹一帯に建つ古刹です。

平安時代1029年(長元2)源算上人により開かれました。鎌倉時代には青蓮院から多くの親王が入山するなど、鎌倉〜室町時代の最盛期には僧坊52を数えましたが、応仁の乱により大半の坊が焼失してしまいます。
その後、江戸時代には徳川五代将軍綱吉公の生母である桂昌院が、現存の鐘楼・観音堂・護摩堂・鎮守社・薬師堂・経堂の復興に尽力したと言われています。

古くより西国三十三所観音の信仰を集め、重要文化財の多宝堂をはじめ多くの伽藍や堂塔、四季折々の豊かな自然を楽しめる古刹として親しまれています。また山寺ですので境内からの眺望の良さも魅力のひとつ。遠く京都市街が一望でき紅葉や桜の季節にはたくさんの訪問客が訪れています。

樹齢600年!全長37mの天然記念物「遊龍の松」が有名!

樹齢600年!全長37mの天然記念物「遊龍の松」が有名!

写真:さち

地図を見る

本堂でお参りを済ませたら次に目に入るのが、「日本一の松」の看板です。
この日本一の松というのが、国の天然記念物にも指定されている「遊龍松」です。

五葉松という盆栽にも使われる種類の松なのですが、なんと樹齢600年というから驚きです。またその形もかなり独特で、幹が地を這うように伸びており、その長さは約37m!臥龍の遊ぶ様子に見えることから安政4年に命名されたそうです。

こちら元は全長50mあったのですが、松くい虫の被害で平成6年に一部切断されてしまったとのこと。短くなったのは残念ではありますが、被害を食い止めもっと長生きしてもらいたいですね。

樹齢600年!全長37mの天然記念物「遊龍の松」が有名!

写真:さち

地図を見る

遊龍の松の正面には、重要文化財の多宝塔がありますので必見です。元和7年(1621年)の建立で本尊は愛染明王です。檜皮葺きの屋根が味があって素晴らしいので、少し高い通路からも見てみて下さいね。

はるばる会いに行きたい春の主役!「桂昌院しだれ桜」

はるばる会いに行きたい春の主役!「桂昌院しだれ桜」

写真:さち

地図を見る

遊龍の松の長い枝の先、奥に進んだところに「桂昌院しだれ桜」があります。

江戸時代、徳川五代将軍綱吉の生母、桂昌院のお手植えの桜と伝えられています。
枝を大きく広げた姿が大変美しく優雅です。JR東海のCM「そうだ 京都、行こう。」でも起用されて有名になりました。

桂昌院の寄進により宝永2年(1705年)に建立された経堂と共に写真に収める方が多いようです。ご紹介の写真ですと、経堂と奥に見える多宝塔、そして手前には遊龍の松の枝先が入る欲張りな構図になっています。

はるばる会いに行きたい春の主役!「桂昌院しだれ桜」

写真:さち

地図を見る

桜の周囲はさほど広くはなく、枝の下で見上げるような姿勢で観る方が多いです。その顔はみな自然とほころんでとても幸せそう。
たった1本の桜が、こんなにも心を温めてくれるなんて、本当に素晴らしいことですね。

そして春だけは、遊龍の松も主役の座を譲り、引き立て役を務めてくれています。

京都市街が一望できる眺望も魅力!境内は順路通りに廻ると30〜40分

京都市街が一望できる眺望も魅力!境内は順路通りに廻ると30〜40分

写真:さち

地図を見る

釈迦堂前のしだれ桜も見事です。そしてこちらの広場からは京都市街が見渡せる眺望が楽しめます。

本堂や多宝塔だけを見て、満足して帰る方もいらっしゃるかもしれませんが、全くもって勿体ないです。境内は起伏があり、坂道や階段を上っていくことになりますがその分絶景に出会えた喜びもひとしおです。

入山の際に頂ける境内案内図には、参拝順路の案内が載っていますのでぜひ廻って見てください。3万坪の境内の見どころをオリエンテーション感覚で約30分から40分かけてお参りできます。いい運動になりますよ。

京都市街が一望できる眺望も魅力!境内は順路通りに廻ると30〜40分

写真:さち

地図を見る

夏にはあじさいの名所として人気の、「白山 桜あじさい苑」にもしだれ桜が多数植えられており、いっせいに咲くさまはまるで桃源郷のようです。
お時間がある方はぜひお立ち寄り下さい。

善峯寺の桜の見頃は

善峯寺の桜の見頃は

写真:さち

地図を見る

桜の見頃は、例年4月上旬から下旬頃。京都の街中より少し遅めです。最新の開花情報は、インターネット等でチェックしてからお出かけ下さいね。

京都西山「善峯寺」の基本情報

住所:京都市西京区大原野小塩町1372
電話番号:075-331-0020
アクセス:
・JR向日町駅下車(JR京都線)、阪急バス66番(善峯寺行き)約30分、終点「善峯寺」下車、徒歩約8分。
・阪急東向日駅下車(阪急京都線)、阪急バス66番(善峯寺行き)約30分、終点「善峯寺」下車、徒歩約8分。
※有料駐車場あり

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -