山形のカフェ「Espresso」で桜とエスプレッソを愛でる

山形のカフェ「Espresso」で桜とエスプレッソを愛でる

更新日:2019/03/14 15:04

mikami kaoriのプロフィール写真 mikami kaori アナログ&スケッチイラストレーター、ほっこり旅ブロガー
山形県山形市の馬見ヶ崎川沿いは、桜並木が美しいと人気のお花見スポット。この桜並木のすぐ側にあるカフェ「Espresso」では、あふれるほどの桜を愛でながら美味しいエスプレッソをいただくことができると評判です。
また、ここ「Espresso」は、1年を通して緑あふれる河川敷の風景や美しい雪景色を楽しむことができる隠れ家的カフェでもあり、一人旅や女子旅にぴったりですよ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

山形のお花見スポット“馬見ヶ崎さくらライン”沿いにあるカフェ

山形のお花見スポット“馬見ヶ崎さくらライン”沿いにあるカフェ

写真:mikami kaori

地図を見る

山形市の春のお花見スポットとして人気の“馬見ヶ崎さくらライン”。山形市内を流れる馬見ヶ崎川沿いに2kmほど続く桜並木です。緩やかに流れる馬見ヶ崎川と広い河川敷、川向こうの山とのコントラストがとても美しいこの桜並木のすぐ側に、「Espresso」はあります。

山形のお花見スポット“馬見ヶ崎さくらライン”沿いにあるカフェ

写真:mikami kaori

地図を見る

「Espresso」は、あふれるほどに咲き誇る桜の木の下にお店のウッドテラスがあり、そこからの眺めはまるで桜の国のよう・・・。

山形のお花見スポット“馬見ヶ崎さくらライン”沿いにあるカフェ

写真:mikami kaori

地図を見る

“馬見ヶ崎さくらライン”は山形市内のごく普通の一般道路ですが、お花見の時期には桜のトンネルを車や徒歩で通る観光客などでとても混み合うことも。でも、この隠れ家的な川沿いのカフェ「Espresso」には静かな時間が流れています。女子旅や一人旅に特におすすめのカフェなのです。

“馬見ヶ崎さくらライン”の桜の見頃は、例年4月中旬ごろ。満開の桜を見たいなら、4月15日前後をめどに訪れてみてくださいね。

素敵な器でいただく美味エスプレッソ

素敵な器でいただく美味エスプレッソ

写真:mikami kaori

地図を見る

「Espresso」のおすすめは、ほろ苦いオトナ味のエスプレッソ。オーナーの橋さんが、ブラジルやポルトガル、イタリアなどで買い付けた素敵なカップ&ソーサーやエスプレッソ用の小さめカトラリーでいただけるのもとっても嬉しい!

素敵な器でいただく美味エスプレッソ

写真:mikami kaori

地図を見る

また、「Espresso」でぜひ試していただきたいのが、ラム酒が添えられるココア。ラム酒は多めに入れるのがポイント。スペシャルオトナ味な美味なるココアを堪能してください。

素敵な器でいただく美味エスプレッソ

写真:mikami kaori

地図を見る

ネパールティーのチャイは、ユニークなカップでいただきます。旅の途中、優しい甘さのチャイでほっと一息ついてみては。

緑濃い季節には冷たいカフェラテが美味しい

緑濃い季節には冷たいカフェラテが美味しい

写真:mikami kaori

地図を見る

「Espresso」前の馬見ヶ崎川沿いの風景は、緑の季節もまた素晴らしい。濃い緑の香り、涼しげな川のせせらぎを感じることができ、カフェテラスの赤いひさしと生い茂る緑とのコントラストも見事ですね。

緑濃い季節には冷たいカフェラテが美味しい

写真:mikami kaori

地図を見る

広い河川敷を備えた川や山々に囲まれた自然豊かな地方都市のカフェならではの安らぎが、ここ、「Espresso」にはあります。

緑濃い季節には冷たいカフェラテが美味しい

写真:mikami kaori

地図を見る

夏季のおすすめドリンクは、“カフェオ冷 poco loco”。丁寧にゆっくりとグラスに注ぐことによってエスプレッソとミルク、クリーミーな泡が美しい三層を成す魅惑の冷たいカフェラテです。緑あふれるウッドテラスでグーッと飲み干してみてくださいね!

雪景色とEspressoの美しきハーモニー

雪景色とEspressoの美しきハーモニー

写真:mikami kaori

地図を見る

山形の冬も旅人には魅力的。「Espresso」周辺は山形市内でも雪が降り積もるところ。美しい雪景色を堪能することができます。

雪は音を吸い込み、心穏やかになる静寂を運んできてくれます。「Espresso」前の馬見ヶ崎川の雪景色を眺め頭を空っぽにすれば、日頃のストレスが消えていくよう。

雪景色とEspressoの美しきハーモニー

写真:mikami kaori

地図を見る

寒い冬には、クリーミーなカプチーノにお砂糖をたっぷり入れていただいてみて。薪ストーブのやわらかい暖かさ漂う店内で、真っ白な雪を眺めつつ甘いカプチーノをいただけば、心も体もほっこりとしてきますよ。

雪景色とEspressoの美しきハーモニー

写真:mikami kaori

地図を見る

「 Espresso」は古い貨車を改装したカフェ。もともと移動するための列車だったからでしょうか。こちらのカフェは旅心をくすぐってくるツボが満載。煙突が立つカフェ入口の雰囲気にも、どこか不思議な空間に連れて行ってもらえるようなワクワク感があります。

旅心くすぐられる店内

旅心くすぐられる店内

写真:mikami kaori

地図を見る

「Espresso」の店内には、様々な国の民族楽器や雑貨があり、旅心をくすぐられます。日本ではおなじみの仏具の“りん”もあり、普段とは全く違う音の出し方をオーナーの橋さんが教えてくださいます。オーナーさん曰く心が澄んでいないとなかなか出てこないその幻想的な音。ぜひ「Espresso」で奏でてみてくださいね。

旅心くすぐられる店内

写真:mikami kaori

地図を見る

ドイツ、バイエルン地方のとっても素敵なオルゴールもあります。柔らかく楽しげな音楽を聴けば、心はヨーロッパへと飛んでいけます。

旅心くすぐられる店内

写真:mikami kaori

地図を見る

世界中を旅した経験があり、気さくにお話をしてくださる「Espresso」オーナーの橋さん。旅心満載のこちらのカフェで、四季折々変化する山形の美しい風景を眺めつつ、ぜひエスプレッソとおしゃべりを楽しんでくださいね。

cafe Espressoの基本情報

住所:山形県山形市小白川町5-18-12
電話:なし ※Espressoへの連絡は公式HP内記載のメールアドレスへ
アクセス:山形新幹線山形駅から車で10分〜、 山形自動車道山形蔵王ICから車で3分ほど
※お店前に3台ほどの駐車場あり
営業時間:11:00〜18:00
休業日:火曜日定休

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -