冬のライトアップが見事!チェコの世界遺産チェスキー・クルムロフ

| チェコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

冬のライトアップが見事!チェコの世界遺産チェスキー・クルムロフ

冬のライトアップが見事!チェコの世界遺産チェスキー・クルムロフ

更新日:2018/02/28 16:20

神山 かなえのプロフィール写真 神山 かなえ 地域研究家

中世の街並みが残るチェコ南部、ボヘミア地方の町チェスキー・クルムロフ。日本ではモルダウの名前で知られるヴルタヴァ川が蛇行して流れています。クルムロフとは、ねじれた川辺の草地を意味します。ゴシック・ルネサンス・バロックなどの様々な建築様式の建物があり、歩きながら景観の移り変わりを楽しめます。人の少ない冬の時期は、ライトアップがひときわ美しいです。冬ならではの散策コースをご紹介します。

おとぎの国に来たような気分になる町中

おとぎの国に来たような気分になる町中

写真:神山 かなえ

地図を見る

チェスキー・クルムロフの旧市街はぐるりとヴルタヴァ川に囲まれています。歩いて1時間もあればまわれるので、お店をのぞきながらじっくりと時間をかけて散策を楽しむことができます。

チェスキー・クルムロフ城が川の北側の高台に町を守るようにそびえ、城下に中世の町並みがひろがっています。ルネサンス様式を中心に、ゴシック、バロックの建物がそこかしこに並んでいます。道は風情のある石畳です。ヒールのある靴は歩きにくいので、スニーカーなどの散策向きの靴をおすすめします。冬場は雪が積もることがあるので、雪靴がベストです。

通りには、レストランやカフェのほか、木工雑貨や文房具やアンティークを売るお店がひしめいていて、ウィンドウショッピングにも飽きることがありません。チェコならではの木製の操り人形マリオネットをおみやげにしてもいいですね。シロカー通りは大通りと呼ばれ、観光シーズンには露店でにぎわいます。

雪のチェスキー・クルムロフ城のライトアップ

雪のチェスキー・クルムロフ城のライトアップ

写真:神山 かなえ

地図を見る

冬場は、チェスキー・クルムロフ城や庭園、塔は閉鎖されて入ることができませんが、雪をかぶったお城のライトアップはそれは見事です。夜は冷え込みますが、防寒をしてぜひ町中を歩きましょう。昼間には見ることができなかった美しさに出会えます。お城と旧市街をつなぐようにかかっているプラーシュティ橋から左右を眺めると、ライトアップされたお城の全貌が見渡せます。

<チェスキー・クルムロフ城の基本情報>
住所:Zamek cp. 59, Cesky Krumlov 381 01, Czech Republic
電話:+420 380 704 721

旧市街の中心となるスヴォルノスティ広場

旧市街の中心となるスヴォルノスティ広場

写真:神山 かなえ

地図を見る

旧市街の中心となるのが、スヴォルノスティ広場です。この広場を中心に環状に町が広がっています。広場にはペスト記念塔があります。かつてヨーロッパで大流行したペストの終焉の記念に作られました。塔の上には聖母マリア像が立ち、周囲を4人の聖人が囲んでいます。マリア像は、18世紀にプラハの彫刻家マトゥーシュ・ヴァーツラフ・イェッケルらによって作られました。雪の降った夜は、どこか神秘的な雰囲気が漂います。

<基本情報>
住所:namesti Svornosti, Cesky Krumlov, Czech Republic

チェスキー・クルムロフの町並みが一望できる穴場

チェスキー・クルムロフの町並みが一望できる穴場

写真:神山 かなえ

地図を見る

バス・ターミナルから町へ入るのにもっとも近いのが、ホルニー通りです。ホルニー通りを歩くと、川沿いにせりだした見晴らし場があります。ここはセミナールニー庭園で、ベンチがありほっと一息つけます。町を一望できる眺めのよい穴場で、チェスキー・クルムロフの町並みの良さがよくわかる場所でもあります。

冬の夜はライトアップされたチェスキー・クルムロフ城や夜の街灯に白くきらめく町並みが見事です。この通り沿いには、旧イエズス会神学校として建てられた地域博物館や市立劇場があります。博物館は南ボヘミアの民俗と歴史をじっくりと知るのにおすすめです。真冬の時期は閉館となるので事前にお調べください。

<セミナールニー庭園の基本情報>
住所:Horni 152 381 01 Cesky Krumlov

街あかりを楽しむ夜の散策

街あかりを楽しむ夜の散策

写真:神山 かなえ

地図を見る

冬場の夜の散策は、人通りもまばらですが、街あかりがやさしく通りを照らし、あたたかな雰囲気です。体が冷えたら、レストランで地ビールのエッゲンベルク・ビールを楽しみながらの夕食も良いですね。南ボヘミア地方は鱒の養殖が盛んで、チェスキー・クルムロフでも名物の鱒料理が食べられます。

チェスキー・クルムロフへのアクセス

アクセス:鉄道では、プラハからチェスキー・ブジョエヴィツェ駅へでて、ローカル線に乗り換えて約1時間。
バスでは、プラハから直行便が出ています。一日3〜5便あります。

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -