大都会新宿のビルの谷間に静かに佇むパワースポット「成子天神社」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大都会新宿のビルの谷間に静かに佇むパワースポット「成子天神社」

大都会新宿のビルの谷間に静かに佇むパワースポット「成子天神社」

更新日:2018/05/02 19:57

村松 佐保のプロフィール写真 村松 佐保 WEBライター

高層ビル群が立ち並ぶ西新宿の街。そのビルの谷間にひっそりと佇む「成子天神社」は、千年をも超える長い歴史を紡いできた天神様のお社です。学問や厄除けの神様として知られる菅原道真公をご祭神とするご本殿のほか、大神宮や七福神などさまざまな神様が鎮座している神域内はすべてがパワースポット。聖域にそよぐやさしい風に包まれて、ゆったりと境内を巡ってみませんか!

抜群のアクセスが魅力!

抜群のアクセスが魅力!

写真:村松 佐保

地図を見る

「成子天神社」が鎮座する西新宿のあたりは、かつて柏木村鳴子と呼ばれ、大神宮が祀られた神域が広がっていました。延喜3年(903年)に菅原道真公が亡くなられたとき、その報せを受けた家臣が、公が生前に彫られた像をこの村に持ち帰り、神様としてお祀りしたことが神社の始まりと言われています。

神社までのアクセスは、新宿駅から歩いても10分ちょっとですが、東京メトロ丸ノ内線の西新宿駅で下車すればわずか2分ほどです。1番出口から右に100メートルほど青梅街道に沿って進んだところに神社の入口(写真)があります。参道を彩る豊かな緑と、遠くに小さく見える鮮やかな赤い鳥居のコントラストの美しさが印象的です。

神域内すべてがパワースポット!

神域内すべてがパワースポット!

写真:村松 佐保

地図を見る

車の往来が激しい青梅街道、大勢の人々が行き交う歩道に面した「成子天神社」の表参道に足を踏み入れると、そこは神域です。つい先ほどまで賑わっていた街が信じられないほどです。まるで見えないカーテンで仕切られているかのような静寂で清らかな空気に包まれています。

長い参道をゆっくり歩いているととても心が落ち着きます。軽く一礼して鳥居をくぐり、左手の手水舎で身を清め、風神雷神の御像が鎮座した神門を抜けると、美しい深紅のご本殿(写真)が迎えてくれます。

境内で七福神巡りも!

境内で七福神巡りも!

写真:村松 佐保

地図を見る

境内には、菅原道真公が祀られたご本殿のほかにもさまざまな神様が祀られています。最も位の高い神様として崇拝されている天照皇大神が祀られている大神宮、子宝や安産、縁結びの神様の浅間神社、商売繫盛の神様鳴子稲荷神社など、いくつもの神社が鎮座しています。ご本殿をお参りしたら、ぜひお好きな神様を巡ってみてください。

また「成子天神社」内には、七福神(恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁財天・福緑寿(写真)・寿老人・布袋和尚)すべてが祀られています。七福神を巡ると、七つの災難が除かれて、七つの幸せが授かるといわれています。表参道から北参道までゆっくり散策しながら七福神巡りを楽しんでください。

注目のパワースポット鳴子富士!

注目のパワースポット鳴子富士!

写真:村松 佐保

地図を見る

ご本殿の左手奥にこんもりそびえる築山(写真)は、鳴子富士と呼ばれる富士塚です。大正9年(1920年)に富士山の溶岩が運ばれて造られ、平成2年(1990年)に新宿区指定文化財史跡として登録されました。

富士山に模して造られた富士塚に登れば富士山に登ったことと同じご利益が得られるといわれ、パワースポットとしての人気は絶大です。高さは12メートルほどあり、新宿区内では一番大きい富士塚です。はじめは緩やかな傾斜も、あっという間に急斜面になりますので、足元には充分お気をつけください。ビルの谷間にそびえる山頂から眺める都会の景色もいいものです。富士塚のエネルギーを存分に吸収してください。

季節の草花に映える深紅のご本殿、境内にひっそりと佇む神々。静けさの中、どこからともなく湧き出るパワーを感じるお社です。東京を旅するときは、ぜひ「成子天神社」まで足を延ばしてみてください!

成子天神社の基本情報

住所:東京都新宿区西新宿8-14-10
電話番号:03-3368-6933
アクセス:東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」1番出口徒歩2分/都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A7・E2出口徒歩8分/JR「新宿駅」西口徒歩11分/西武新宿線「西武新宿駅」徒歩12分

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -