昭和天皇もご訪問!台湾「台北賓館」は月一の開放日に見学可

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

昭和天皇もご訪問!台湾「台北賓館」は月一の開放日に見学可

昭和天皇もご訪問!台湾「台北賓館」は月一の開放日に見学可

更新日:2018/06/24 18:34

鶴長 あきのプロフィール写真 鶴長 あき 台湾在住ライター

台北駅からMRTで一駅の「台大醫院駅」より徒歩5分、総統府近くの「二二八和平公園」のすぐ隣というアクセスがいい場所にひっそりとそびえる西洋風建築の建物が、今回ご紹介する「臺北(台北)賓館」。日本統治時代に「台湾総督官邸」として建築され、皇太子時代の昭和天皇などもご滞在された場所です。
こちらは月に一回一般参観が認められた開放日があり、予約なしで中を見学できます。ぜひ見学をおすすめしたい場所です!

総統府近くに位置する「台北賓館」

総統府近くに位置する「台北賓館」

提供元:臺北賓館

https://www.mofa.gov.tw/tgh/default.html?t=ED95BC5…

国定古蹟でもある「台北賓館」は台北にある「中華民国総統府」の正面に伸びる凱達格蘭大道に面しています。周囲を塀で囲まれ、あまりその存在は知られていませんが、門から入ると美しい西洋建築の姿が目に飛び込んできます。

日本統治時代に建てられたこの建物は、もともと「台湾総督官邸」として使用されていました。台湾総督と家族が居住すると同時に、政務を行ったり、日本や国外の貴賓を接待したりする場としても使用されていました。

昭和天皇など多くの皇族方の滞在、そして日華平和条約

昭和天皇など多くの皇族方の滞在、そして日華平和条約

写真:鶴長 あき

地図を見る

日本統治時代、多くの皇族の方々が台湾にお越しになる際の接待所としても使用された場所。1923年にはのちの昭和天皇である裕仁親王も台湾視察時に滞在されました。

昭和天皇など多くの皇族方の滞在、そして日華平和条約

写真:鶴長 あき

地図を見る

第二次大戦終結後、名称も「臺北(台北)賓館」と改められ、主に国内外の貴賓を接待する場所としての役割を与えられました。1952年に日本と台湾の間で結ばれた講和条約「日華平和条約」が結ばれたのもこの場所です。

台湾にある日本統治時代の貴重な西洋建築

台湾にある日本統治時代の貴重な西洋建築

提供元:臺北賓館

https://www.mofa.gov.tw/tgh/default.html?t=ED95BC5…

「台北賓館」は日本統治時代の1901年に最初の建物が完工後、1911年に大規模な建て替えが行われています。完工した建物は華麗なバロック様式やローマ風の柱などを合わせたデザインで、二階建て。堂々とした姿に威信を感じます。

台湾にある日本統治時代の貴重な西洋建築

提供元:臺北賓館

https://www.mofa.gov.tw/tgh/default.html?t=ED95BC5…

内部の装飾も優雅にして豪華。水晶のシャンデリアや寄木張りの廊下など、内外の貴賓を接待するのに相応しい精緻なつくりです。

台湾にある日本統治時代の貴重な西洋建築

写真:鶴長 あき

地図を見る

館内の各部屋に残る暖炉に使われているマントルピースのタイルは当時の物で、イギリスからの輸入。各部屋でデザインが違うのでぜひ見てみてください。

月一回の「台北賓館」一般開放日は内部見学も写真撮影もOK

月一回の「台北賓館」一般開放日は内部見学も写真撮影もOK

提供元:臺北賓館

https://www.mofa.gov.tw/tgh/default.html?t=ED95BC5…

台湾外交部が現在は管轄する「台北賓館」は普段は入ることはできませんが、月に一度、「中華民国総統府」の休日一般公開の日と基本は同じ日に、一般開放を行っています。

建物内部を順路に従ってなら自由に参観できるだけでなく、内部での写真撮影も可能です。フラッシュや三脚の使用・団体写真などは禁止されていますので注意しましょう。

月一回の「台北賓館」一般開放日は内部見学も写真撮影もOK

写真:鶴長 あき

地図を見る

事前申し込みや、当日の受付なども特に必要なく、正門から入って無料で見学することができます。30分に一度の内部ガイドツアーなどもあるので、中国語が分かる方は一緒に回ってもより理解が深まるかと思います。また定時放映の紹介映像も「台北賓館」の歴史や建築が分かりやすく紹介してあります。

台湾「台北賓館」見学は歴史を感じるおすすめの場所!

台湾「台北賓館」見学は歴史を感じるおすすめの場所!

写真:鶴長 あき

地図を見る

「台北賓館」は前に西洋風庭園、後ろには大きな日本庭園を有しています。こちらも見学自由ですよ。

いかがでしたか。今回は台北駅からも近く、歴史的にも日本統治時代からの重要な場面にも多く立ち会ってきた「台北賓館」の一般公開についてご紹介いたしました。台湾の地で歳月を積み重ねた建物内部はぜひ見学できればと思います。
この下「記事の関連MEMO」欄にある「臺北(台北)賓館」の公式HPに一般開放の日程が公開されていますので、ぜひ日程を合わせて訪れてみていただければと思います。

「臺北賓館」の基本情報

住所:臺北市中正區凱達格蘭大道一號
電話番号:+886-2-2348-2999
アクセス:台北MRT「台大醫院駅」2番出口より公園脇の道「公園路」を徒歩約5分(敷地入口が公園路と凱達格蘭大道の交差点にあり)

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -