シンガポールからフェリーで50分!ビンタン島ってこんなところ

シンガポールからフェリーで50分!ビンタン島ってこんなところ

更新日:2018/03/09 14:36

高梨 きこのプロフィール写真 高梨 きこ フリーライター、デジタルノマド
シンガポールだけではリゾート色が足りない、そんな人はビンタン島を旅程に含めてみませんか?ビンタン島とは、シンガポールからフェリーで50分でいくことができる、インドネシア領のリゾート地。まだまだ開発途中ですが、すでに多数のリゾートが建ち、大人から子供まで楽しめるスポットがたくさんあります。

そこで今回は、シンガポール旅行に簡単に追加できるビンタン島の魅力を紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ビンタン島への行き方

ビンタン島への行き方

写真:高梨 きこ

地図を見る

ビンタン島へのフェリーは、シンガポールの北東部にあるタナメラ・フェリーターミナルから運航しています。フェリーチケットは当日購入することもできますが、オンラインで事前に購入をしておくのが安心です。

タナメラ・フェリーターミナルへは、チャンギ国際空港からシャトルバスで行くことができます。もしくは、MRTタナメラ駅からの市バスの利用が便利です。

フェリーターミナルでは、飛行機に乗る時と同じように、チェックインと出国審査があります。そして、シンガポールからはわずか50分でビンタン島に到着します。

ビンタン島でアクティビティを満喫

ビンタン島でアクティビティを満喫

写真:高梨 きこ

地図を見る

ビンタン島を訪れる人のほとんどの目的はマリンスポーツ。シュノーケリングやジェットスキーなど、ビンタン島の各所で多くのマリンスポーツを楽しむことができます。

また、ビンタン島のビーチは砂がさらさらなのが特徴。ビーチはそこまで混雑していないので、ゆっくりと散策をしたり、ビーチベッドでリラックスしたりするのもいいでしょう。

その他、ゴルフ場やエレファントパークなどの施設があり、子供から大人まで楽しむことができます。特にエレファントパークでは実際に象に乗ってジャングルの中を散策することができるので、子供に大人気です。また、ボートに乗って野生の動物を見ることができるマングローブツアーもビンタン島の定番アクティビティです。

リゾートでゆっくり過ごす

リゾートでゆっくり過ごす

写真:高梨 きこ

地図を見る

ビンタン島には、ビンタン ラグーン リゾートやバンヤン ツリー ビンタン、ザ サンチャヤなどの高級リゾートが多数あります。天蓋付きのベッドやプライベートプール、ビーチを一望するバルコニーなど、一日中ホテルで過ごしたくなるほど素敵なホテルに、シンガポールよりも安い金額で宿泊することができます。また、リゾート内にはスパも充実してるので、女子旅の際にはアロマで癒されつつ、日ごろの疲れを癒すのもおすすめですよ!

巨大リゾートに滞在をすれば、リゾート内でゴルフやセグウェイ、カヌー、サイクリングなども楽しむことができ、やりたいことをリゾート内で完結することも可能です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

インドネシアのグルメを楽しむ

インドネシアのグルメを楽しむ

写真:高梨 きこ

地図を見る

島内では本格的なインドネシア料理を堪能しましょう。定番のナシゴレンやミーゴレンから、串焼き料理のサテーやトウモロコシのかき揚げのプルクデル・ジャグンなど、日本ではあまり見ることのない料理を食べることができます。インドネシアの定番調味料、ケチャップマニスやサンパルチャベをたっぷりと使った料理は、癖になる味わいですよ!

ローカルのレストランでは非常に安く食べることができるので、複数の料理をオーダーしてシェアしながら食べるのがおすすめです。

ビンタン島は家族で楽しめる!

ビンタン島では、グルメからアクティビティ、リラクゼーションまで家族で楽しめるスポットが多くあります。シンガポールの都会の雰囲気だけではなく、ゆっくりとリゾート気分を味わいたい、という時は、ビンタン島を旅程に加えてみるのもいいでしょう。

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -