渋谷の新カルチャーが誕生!?泊まれるアパレルショップ「hotel koe tokyo」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

渋谷の新カルチャーが誕生!?泊まれるアパレルショップ「hotel koe tokyo」

渋谷の新カルチャーが誕生!?泊まれるアパレルショップ「hotel koe tokyo」

更新日:2018/04/02 15:03

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター、女子人気スポット探検家

20代女性に人気のファッションブランド「earth music&ecology」などを展開するストライプインターナショナル。同社のライフスタイルブランド「koe」がホテル併設型のグローバル旗艦店「hotel koe tokyo」を渋谷パルコ跡地にオープンしました。ファッションだけでなく食、音楽、宿泊など総合的に楽しめるのが魅力。アパレルショップに泊まって渋谷の新たなカルチャーを体験しませんか?

渋谷パルコ(パート2)の跡地にオープン!

渋谷パルコ(パート2)の跡地にオープン!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

渋谷駅近くの公園通りといえば、ここ数年で新しいスポットが続々と誕生している注目のエリア。例えば渋谷カルチャーの発信地として知られる「渋谷パルコ(パート1と3)」がリニューアルのため改装工事へ。2014年に楽天プロデュースの「楽天カフェ」、2015年に商業施設の「渋谷モディ」がオープンして話題となりました。

今回ご紹介する「hotel koe tokyo」は老朽化のために閉店した「渋谷パルコ(パート2)」の跡地にオープン。商業施設の「渋谷モディ」から公園通りを登っていくと、全面ガラス張りのスタイリッシュな建物が見えてきます。新しい商業施設ができたのかな?と興味を持つ人も多いかもしれませんね。

渋谷パルコ(パート2)の跡地にオープン!

提供元:ホテル コエ トーキョー(Kenta Hasegawa)

http://hotelkoe.com/地図を見る

「koe」という名前には、ブランド自身と世界の「声」を丁寧に聴き取り、新しいカルチャーを創り上げるという意味が込められています。今回はコンセプトの「new basic for new culture」をよりグローバルな視点で体現。国内外の注目クリエイターを起用することによって、海外のゲストも楽しめる空間になっています。

全体の設計デザインは、泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」や、ポッド型のホテル「THE PRIME POD GINZA TOKYO」など、今話題のホテルを手がける建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」が担当しています。

1階がカフェ・レストラン「koe lobby」、2階がアパレル・雑貨のショップ「koe 渋谷店」、3階がホテル「hotel koe」と各フロアで様々なコンテンツが楽しめる構成に。ホテルのシンボルとなる大階段では自由に座ることができるためゲストの交流の場になりそうです。

渋谷パルコ(パート2)の跡地にオープン!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

こちらはホテルのレセプションの横に設置された「koe spase(コエ スペース)」。音楽系のイベントやポップアップショップを開催する場です。2018年3月現在では「koe」と「THOM BROWNE(トムブラウン)」のコラボによる新作を展開。赤とサックスのボーダーを基調とした爽やかなウェアは春夏に活躍しそうですね!

茶室をコンセプトにしたホテル!3階「hotel koe」

茶室をコンセプトにしたホテル!3階「hotel koe」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

3階「hotel koe」のラウンジに行くと、1階の明るく賑やかな雰囲気から一転、高級感漂う落ち着いた空間が広がります。15時〜17時まではウェルカムドリンクとしてなんと宇治抹茶を提供!隠れ家バーのような空間でスタッフが抹茶を点ててくれるのも珍しいですよね。宿泊者であればドリンクやおつまみなど自由に味わうことができますよ。

茶室をコンセプトにしたホテル!3階「hotel koe」

提供元:ホテル コエ トーキョー(Kenta Hasegawa)

http://hotelkoe.com/地図を見る

客室フロアは和のテイストと現代のテクノロジーを融合した不思議な空間。全10室の客室を洋服のサイズS(Standard)、M(Medium)、L(Large)、XL(Extra Large)で表記したり、液晶パネルを使用したデジタルアートを設置しているところがユニークですよね。センサーが人の動きを感知すると文字が浮かび上がるのでお見逃しないように!

茶室をコンセプトにしたホテル!3階「hotel koe」

提供元:ホテル コエ トーキョー(Kenta Hasegawa)

http://hotelkoe.com/

ホテルのデザインコンセプトは「茶室」。華美な装飾を削ぎ落とし、石や木など素材そのものをモダンにアレンジした内装です。写真のSルームは、入り口にガラス張りのシャワールームを設置することで広さと奥行きのある空間に。茶室のように限られた空間でも心地良く滞在できる工夫がみられます。小上がりにベッドがあるのも和の趣きを感じさせますね。

最高のロケーションが目の前に広がる「XLルーム」

最高のロケーションが目の前に広がる「XLルーム」

提供元:ホテル コエ トーキョー(Kenta Hasegawa)

http://hotelkoe.com/地図を見る

写真は客室の中でも一番の広さを誇るXLルーム。自然光があふれる開放的な部屋には、離れや小上がりを設置しており日本家屋のような雰囲気。大きな石垣のようなカウンターも存在感があって目を引きますね。カウンターの向こう側にはゆったり寛げるベッドルームやバスルームなどプライベートな空間が広がります。

最高のロケーションが目の前に広がる「XLルーム」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

大きな窓からはなんと公園通りのスクランブル交差点を見渡せます!客室が交差点の一部になったような不思議な感覚になりますね。晴れた日はもちろん夜景も素晴らしいので家族や恋人と大切な時間を過ごしたり、親しい人を招いてパーティーをしたら盛り上がりそうです。

最高のロケーションが目の前に広がる「XLルーム」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

M、X、XLの客室に飾られているアートにも注目。XLルームの離れにはアーティストユニット「Nerhol(ネルホル)」の作品を展示しています。普通の絵画のように見えますが、近くで見てみるとかなり立体的!写真を何枚も重ね合わせて彫刻で掘る、といった斬新なアートに思わず引き込まれます。

深夜まで洋服や雑貨を購入できる!2階「koe 渋谷店」

深夜まで洋服や雑貨を購入できる!2階「koe 渋谷店」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

2階のファッションフロア「koe 渋谷店」ではレディースやメンズ、雑貨などのライフスタイルグッズを販売。数多くのアーティストとコラボしており渋谷店ならではの限定品があるのも見どころです。例えば色鮮やかでポップなトートバッグやTシャツは、クロスステッチデザイナーの大図まこと氏が手がけたもの。渋谷らしいお土産を買いたい時にもおすすめです。

深夜まで洋服や雑貨を購入できる!2階「koe 渋谷店」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

「koe」のベーシックでトレンド感をプラスした洋服は、性別や世代を問わずナチュラルに着られるのが良いところ。例えば旅先のトラブルで「着る服がなくて困った!」という時にこんなお店が近くにあったら助かりますよね。高品質ながらもリーズナブルなお値段なので、デザインや色違いでもまとめて買ってしまいそうです。

深夜まで洋服や雑貨を購入できる!2階「koe 渋谷店」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

ショップの営業時間は10時〜23時まで。その間の21時〜23時までは無人営業で、なんとお客さんがセルフレジで購入するのです。周辺のショップは21時くらいには閉店してしまうので便利ですよね。クレジットカードで上限3万円までの利用が可能となっています。

多彩なメニューで日本の食文化を満喫!1階「koe lobby」

多彩なメニューで日本の食文化を満喫!1階「koe lobby」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

1階のブレッド&ダイニング「koe lobby」は代官山のフレンチレストラン「Ata」の掛川哲司シェフがプロデュース。パン屋だけでなくカフェ、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋など、日本の食文化がミックスした豊富なメニューが味わえるのが特長です。宿泊者は朝食のパンブッフェを、一般客もモーニングからディナーまで利用できるオールデイダイニングです。

多彩なメニューで日本の食文化を満喫!1階「koe lobby」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

こちらは焼きたてのパンの香りが漂うパンコーナー。ちょっと懐かしさを感じる「ナポリタン」や「焼きそばパン」など種類豊富なパンが並びます。丸型でかわいらしい見た目の「フレンチトースト」は焼きたてのふわふわ感が人気。単品はもちろんボックス買いもできるので、何人かでおやつを食べたい時にぴったりです。

多彩なメニューで日本の食文化を満喫!1階「koe lobby」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

パンやカフェメニューばかりと思いきやラーメンまであってビックリ!鶏ガラに魚介系をミックスした風味豊かなスープで、パクチーやライムの爽やかさがアクセントに。ビーツで色付けしたピンク色の煮卵も目を引きますね。写真はランチセットでミニサイズの肉まん付き。しっかり濃いめのみそ味がクセになるおいしさです。

渋谷の新しいカルチャーの発信地となる「ホテル コエ トーキョー」

アパレルショップが運営するホテルですが、ファッションだけでなく食事や宿泊まで総合的に楽しめる「ホテル コエ トーキョー」。国内外の注目クリエイターを起用して、渋谷限定のグッズを作ったり音楽イベントを開催しているところも注目です。渋谷の新しいカルチャーの発信地となるかもしれませんね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -