東京タワー「トップデッキツアー」で近未来体験!新アトラクションを徹底解剖

東京タワー「トップデッキツアー」で近未来体験!新アトラクションを徹底解剖

更新日:2018/03/02 16:55

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部
東京のシンボルとして愛されて続けている「東京タワー」。2018年3月3日、特別展望台が生まれ変わり「トップデッキ」としてグランドオープン!地上から250Mのトップデッキに行けるのは、体験型展望ツアー「トップデッキツアー」の参加者だけ。わくわくが止まらない、東京タワーの新アトラクションをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

2018年開業60周年を迎える「東京タワー」

2018年開業60周年を迎える「東京タワー」

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

2018年12月に開業60周年を迎える、東京タワー。今では東京タワーに訪問する約3.5割が外国人観光客で、世界中の人から愛されている東京のシンボルです。2016年10月より特別展望台が大改修されていましたが、2018年3月3日に「トップデッキ」としてリニューアルオープン。

2018年開業60周年を迎える「東京タワー」

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

トップデッキに上がれるのは「トップデッキツアー」の参加者のみで、事前予約・時間指定制。一般の予約は60日前から受付しています。ただし、空きがあれば当日でも入場は可能。特に日没〜夜にかけてが人気なので、希望の日時は早めに予約をしておくのがおすすめです。

東京タワー新アトラクション「トップデッキツアー」へ!

東京タワー新アトラクション「トップデッキツアー」へ!

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

それでは「トップデッキツアー」に行ってみましょう!まずは1階に新設された受付「トップデッキレーン」へ。予約時に発行されるQRコードを係員に提示します。ここで13言語対応の音声ガイド(スマートフォン型)を受け取り、ツアースタート。

ツアーは音声ガイドに沿って進むので、入場したら自分のペースで楽しむことができます。また、ガイドは基本的に位置によって自動で流れるので、自分で操作する必要はありません。

東京タワー新アトラクション「トップデッキツアー」へ!

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

一つ目のエレベーターで向かうのは、高さ150Mのメインデッキ。こちらの目線からの景色を、よく覚えておいてくださいね。いよいよツアー専用「トップデッキゲート」から、限定のエリアへ。ここでもう一度QRコードを提示します。

東京タワー新アトラクション「トップデッキツアー」へ!

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

トップデッキゲートを通過すると、お次は「タワーギャラリー」。東京タワーの建設風景や歴史、東京の街並みの移り変わりなど「過去の風景」を紹介しています。ここから秘密の部屋、「シークレットライブラリー」に向かうのですが…どんな部屋なのかは、行ってみてのお楽しみ!

「プラットフォーム」でウェルカムドリンク&記念撮影を

「プラットフォーム」でウェルカムドリンク&記念撮影を

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

続いてはトップデッキ行きのエレベーター発着フロア、「プラットフォーム」へ。到着した瞬間に、ふわりと心地よい香りが広がる空間です。調香したのは、世界的パフューマー・クリストフ・ラウダミエル氏。昼と夜で異なる香りなので、どんな香りか現地でお確かめくださいね。

可愛いオリジナルカップで提供されるウェルカムドリンクは、緑茶かスポーツドリンク。次のエレベーターを待っている間も、ゆったりとした時を過ごせます。

「プラットフォーム」でウェルカムドリンク&記念撮影を

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

プラットフォームには東京の毎日を記録する「メモリーキーパー」がいるので、記念撮影を楽しみましょう。フォトカードは1グループにつき1枚無料でプレゼント、ホルダー付きの大きな写真は1枚1,500円です。

「プラットフォーム」でウェルカムドリンク&記念撮影を

提供元:東京タワー

https://www.tokyotower.co.jp/地図を見る

エレベーターが来たら、ついにトップデッキへ!「トップデッキエレベーター」は以前よりも窓が大きくなり、景色が一層楽しめるようになりました。東京タワーの鉄骨越しに景色を眺めながら東京上空250Mまで一気に昇る浮遊感は、まさに非日常の体験。

未来感がすごい!ミラーインスタレーションが煌めく「トップデッキ」

未来感がすごい!ミラーインスタレーションが煌めく「トップデッキ」

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

エレベーターの扉がひらけた瞬間に、目に飛び込んでくるのは煌めくミラーインスタレーション!「未来の東京」を暗示したデザインで、東京の風景がジオメトリックミラーに反射して映し出されます。

未来感がすごい!ミラーインスタレーションが煌めく「トップデッキ」

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

上空250Mの景色は、先ほどのメインデッキ(150M)と比べると見え方が全然違いますよね。東は東京湾、西は新宿・六本木、南は富士山、北は皇居と360度どこからでも美しい景観を楽しめます。

未来感がすごい!ミラーインスタレーションが煌めく「トップデッキ」

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

トップデッキでは音声ガイドを操作し、方向に合わせて景観案内を聞くことができます。教えてくれるのは、地名の由来や気になる建物の正体など楽しい豆知識。東京に住んでいても知らないような情報を、詳しく説明してくれます。

トップデッキの滞在は制限時間がないので、心ゆくまでお過ごしくださいね。混雑している場合は、エレベーター前に行けば呼出振動端末が貸し出され、順番に呼ばれるので行列知らず。エレベーターが到着する直前まで景色を堪能できます。

ライティングが美しい夜もおすすめ

ライティングが美しい夜もおすすめ

提供元:東京タワー

https://www.tokyotower.co.jp/

夜のトップデッキは美しいライティングで輝きを増し、より近未来的な雰囲気に。トップデッキツアーは最終入場22:15、トップデッキ見学時間は22:45までなので、記念日やデートにもおすすめです。


東京タワーが初めての方も、久しく足を運んでいない方もたっぷり楽しめる東京タワートップデッキツアー。ぜひ新しいアトラクションで、東京の未来感を感じてみてはいかがでしょうか?

東京タワートップデッキツアー基本情報

住所:東京都港区芝公園4丁目2-8
電話番号:03-3433-5111
アクセス:大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分
ツアー催行時間:9:00〜22:15の間、15分おき(トップデッキ見学は、22:45まで)
料金:大人 (高校生以上)2,800円、子供 (小中学生)1,800円、幼児 (4歳以上)1,200円

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

エリア・カテゴリ別 記事リスト

このナビゲーターの記事一覧(国内)

このナビゲーターの記事一覧(海外)

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -