マレーシアのパワースポットを巡るモデルコースを大公開!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マレーシアのパワースポットを巡るモデルコースを大公開!

マレーシアのパワースポットを巡るモデルコースを大公開!

更新日:2018/03/22 14:08

トラベルジェイピー NEWSのプロフィール写真 トラベルジェイピー NEWS

マレーシアといえば、ペトロナス・ツインタワーのような近代的な風景をはじめ、国教であるイスラム教の建築物や、仏教やヒンドゥー教の荘厳な寺院など、多様性に富んだ見どころが満載のアジア屈指の観光国。そんなマレーシアのパワースポットやラッキーポイントを網羅するツアーが、この度株式会社エイチ・アイ・エスより発売されました。マレーシア政府観光局が監修したツアーのモデルコースをご紹介します!

現地1日目:腹ごしらえしてから運気アップスポットへ

現地1日目:腹ごしらえしてから運気アップスポットへ

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

羽田空港発の深夜便は22時にチェックインのため、仕事帰りにそのまま週末旅行が可能! 現地到着も早朝になるので、着いたその瞬間から観光を満喫できるのも嬉しいポイント。

【ラッキーポイント1】「骨肉茶(バクテー)」で、美とパワーをチャージ!

現地に到着したら、まずはマレーシアグルメで腹ごしらえから。「骨肉茶(バクテー)」という骨付きの豚肉を漢方スープで煮込んだ薬膳鍋は、コラーゲンたっぷりでお腹も旅で疲れた心も癒やしてくれます。見た目と違って意外とあっさりとした味なので、これからパワフルに活動したい!という時の朝食にももってこい。

現地1日目:腹ごしらえしてから運気アップスポットへ

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント2】空から光が降り注ぐ、ヒンドゥー教の聖地「バツー洞窟」

ヒンドゥー教の聖地であるバツー洞窟(バツーケイブ)は、その名の通り洞窟の中にあるヒンドゥー寺院です。訪れた人々を迎え入れてくれるのは、黄金に輝く巨大なムルガン神の像。272段の階段を登った先には、広大な洞窟が待ち構えています。そんな洞窟内部で出会える空から降り注ぐ神秘的な光の景色は、まさに圧巻。たくさんのパワーをもらっていきましょう!

現地1日目:腹ごしらえしてから運気アップスポットへ

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント3】『美』にご利益!?の隠れたお寺「仙師四師宮」

プタリンストリートの近くにある「仙師四師宮」は、クアラルンプール最古の道教寺院。歴史的価値も然ることながら、寺院内部の繊細で鮮やかな装飾は必見! さらに『美』にまつわる神様が祀られていることから、ご利益を求めて海外セレブも訪れる、『美』のパワースポットでもあるんだとか……!

旅はこれから!様々な『運』をチャージしよう

旅はこれから!様々な『運』をチャージしよう

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント4】マンゴーデザートで金運アップ!

東南アジアの大人気フルーツといえばマンゴー。そんなマンゴーの木は、仏教では「聖なる木」と言われていることを知っていましたか? また現地で多く信仰を集めるヒンドゥー教でも、万物の創造神『プラジャパティ』の化身といわれるほどの縁起物! 家の南側に植えると金運が上がるとも言われるマンゴーを食べて、金運と開運を同時に呼び込んじゃいましょう。

旅はこれから!様々な『運』をチャージしよう

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント5】「天后宮」で、縁結びの神様に良縁祈願!

運気アップと聞いて忘れちゃいけないのが、縁結び! 無数のランタンがフォトジェニックな、東南アジアでも最大級の仏教寺院「天后宮」は、インスタ映えスポットとしてだけではなく、縁結びスポットとしても大人気なんです。美しいランタンの下で写真を撮ったら、縁結びの神様『月下老人』に良縁をお願いしに行きましょう!

現地2日目:自然が生み出したラッキーポイントを巡る

現地2日目:自然が生み出したラッキーポイントを巡る

提供元:マレーシア政府観光局

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント6】水面がまるで鏡に!?「スカイミラー」体験

クアラルンプールから車で約1時間半。そこからボートで約30分のところに、新月と満月の前後4日間程だけ海の真ん中に現れる島(浅瀬)があります。そこは、水面が鏡のように映る「スカイミラー」体験ができるスポットとして、現在人気急上昇中! その時の環境や天候に大きく左右されるスポットなので、綺麗な写真が撮影できればそれだけでラッキー間違いなし!

現地2日目:自然が生み出したラッキーポイントを巡る

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【ラッキーポイント7】「願い事の木」に願掛けを!

最後のラッキーポイントは、これぞ穴場!なスポット。クアラルンプールから車で約1時間半のセランゴール州セキンチャンのお寺にある木で、願いを書いた赤いリボンを木に投げて、リボンが枝に引っかかると願いが叶うと言われているもの。緑の葉にぶら下がるたくさんの真っ赤なリボンも、インスタ映え間違いなし!

現地2日目:自然が生み出したラッキーポイントを巡る

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【番外編】神聖な気持ちになれる「ブルーモスク」へ

ブルーモスクこと「スルタン・シャハルディン・アブドゥル・シャーモスク」は、マレーシアで最も美しいと言われるモスクの1つ。格子模様のドームと内部のステンドグラスは必見! 女性のみ入場が許される女性の礼拝エリアは、青一色の静謐で美しい世界が広がっています。

現地3日目(帰国日):空港に向こう途中も旅は終わらない

現地3日目(帰国日):空港に向こう途中も旅は終わらない

提供元:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

http://www.tourismmalaysia.or.jp/

【番外編】世界に3つだけ!?の「ピンクモスク」へ

プトラジャヤの「プトラモスク」は、その印象的なカラーリングからピンクモスクと呼ばれ、ブルーモスクと共にマレーシアの観光スポットとなっています。モスクといえばブルーや白が一般的な中、ピンク色は珍しく世界に3つだけと言われています。外観だけでなく内部もピンク色で、湖越しからは水上に浮かぶ風景も楽しめます。

マレーシアへ開運旅へ行こう!

出国から帰国まで計4日間のマレーシア開運旅のモデルコースをご紹介しました。

H.I.S.では、これらのラッキーポイントを巡るツアーが催行されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

また開運のためのラッキーポイントだけでなく、マレーシアにはインスタ映え必至のフォトジェニックなスポットも盛りだくさん! 次の連休を利用して、マレーシア旅行を計画してみるのもオススメです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -