恋人たちの聖地!?カップルで楽しむ宇都宮市「大谷資料館」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

恋人たちの聖地!?カップルで楽しむ宇都宮市「大谷資料館」

恋人たちの聖地!?カップルで楽しむ宇都宮市「大谷資料館」

更新日:2018/03/13 13:51

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 武蔵国ナビゲーター、歴史探索ブロガー

宇都宮市大谷エリアの特産が大谷石。その地下採掘場跡が「大谷資料館」として公開されてから、メディアでは地下宮殿やラビリンスなどと云われ人気を博している。
そんな資料館は今、幻想的な空間から神秘でロマンチックな恋人たちの新たな聖地と噂され、多くのカップルが訪ねるデートスポット。
カップル達は何に魅せられるのか、その魅力をご紹介しよう。

いきなり「愛の泉」って?

いきなり「愛の泉」って?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

目の前に映るその光景にまずは驚かされる。「これが大谷石かぁ〜」と絶景でも見たような気分になるから不思議だ。地上がこれなら地下は一体、と期待感が膨らむはずだ。

いきなり「愛の泉」って?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

こちらが目指す資料館。シンプルな博物館で手作り感満載だが、大谷石と融合している所が何とも小気味よい。

いきなり「愛の泉」って?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

その資料館の右手を見ると思わずのけずりそうになる「愛の泉」がある。実にダイレクトなネーミングだ。ここには縁結びの神が祀られ、この神様をお参りすれば固い意志で結ばれる。固い意志とはイコール硬い石で、すなわちダイヤモンド(大谷門戸)のこと。大谷で固く結ばれた二人の門出を祝うということである。

それでは神様は一体何処にと探せば、それは泉に張りついた一面の氷。この凍った氷がハートの形に融けるという愛のパワースポットなのだ。
珍しい縁結びでしっかり参拝しておけば、ご利益間違いなしである。

確かに地下神殿だよね〜

確かに地下神殿だよね〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

様々なメディアで紹介されているのでご存じの方も多いこの資料館。地下宮殿、ラビリンスと云われると期待と不安半々といったところだが、現実はその期待を裏切らない、否、思った以上の光景に感動すら覚える巨大地下空間だ。「息を呑む」とはこういう光景を云うのである。

確かに地下神殿だよね〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

注目ポイントは縦に切り跡が付いた壁。これは大谷石を切り出すときについた傷で、すべて同じ位置ではないのは、大谷石の大きさの規格があるため。学ぶところの多いのも遺構ならではのものだ。

確かに地下神殿だよね〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

世の中、何が幸いするかわからない時代。この壁がクールでイケテルとばかりに目をつけたのが多くのメディア。特に音楽業界はすさまじく、数々のプロモーションビデオ(PV)に使用されている。三代目Jソウルブラザーズの「SAKURA」のPVも撮影され、どこと無く桜をイメージするライティングが晴れがましい。

ここで撮影された数多くのPVの内、B’z「May」 、GLAY「SOUL LOVE」、東京事変「喧嘩上等」などのPVでは、大谷資料館での撮影というのが手に取るようにわかる。訪れる前にYouTubeなどでチェックしておくと、より楽しめること間違いない。

アート空間にはうってつけ!

アート空間にはうってつけ!

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

歴史的産業遺構からスタートした資料館は、地下宮殿を経てアート空間に変化している。PVにもマッチしているのであるから、現代アートがマッチしない訳は無い。

アート空間にはうってつけ!

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

こちらはあの假屋崎省吾氏のアート。芸術的な生け花が、荘厳な空間でまるで宇宙のような壮大な作品に昇華している。

アート空間にはうってつけ!

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

資料館には展示室もある。現在は「デジタル掛け軸」展(別料金)が開催されている。こちらは2018年4月10日までだが、今後も様々なイベントが開催されるので気に入ったイベントがあれば足を運んでいただきたい。

恋人たちの聖地だと!?

恋人たちの聖地だと!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

そしてこの地下神殿は、二人を恋人たちの聖地へと誘うロマンティック空間に変わる。この空間では、低い気温の中でも二人の気持ちを熱くさせる性質があるようだ。

恋人たちの聖地だと!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

ふと足を止めると、何食わぬ顔で二人を祝福しているかの様なハートが目に付く。演出とは知りながら、ちょっと嬉しくなる瞬間かもしれない。

恋人たちの聖地だと!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

そしてこのロマンティックな空間は、厳かなセレモニーを創出する。何とここでは結婚式が挙げられるのだ。まるでPVの主役になったかのような演出で、一生の思い出に残る挙式になるかもしれない。

余韻に浸ってみようか

余韻に浸ってみようか

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

カップルの仕上げは、な、なんとおみくじ。「世界一当たる!」と云われたら引かずにはいられないだろう。

余韻に浸ってみようか

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

最後は余韻に浸ってみよう。絶好のロケーションにあるのが「ROCKSIDE MARKET」。リニューアルしてオシャレになったこの建物は、ミュージアムと題しいるが、実はカフェとスーベニアショップを併設している。

余韻に浸ってみようか

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

カフェでは、シネマの後の感動を共有するかのような語らいに盛り上がるはず。そして大谷石の逸品から選んだ記念のスーベニアで思い出作り。これで二人の固い意志が結ばれた、ということになるはずだ。
歴史的遺構、アート空間、そして恋人たちの聖地へ、是非、カップルで楽しんでほしい名所である。

「大谷資料館」の基本情報

住所:栃木県宇都宮市大谷町909
電話番号:028-652-1232
アクセス:
車の場合/東北自動車道・鹿沼ICから車で約20分(13km)、宇都宮ICから車で約12分(8km)
北関東自動車道・宇都宮/上三川ICから車で約40分(20km)、壬生ICから車で約30分(18km)
路線バスの場合/JR宇都宮駅西口6番乗場から大谷・立岩行きに乗車し約30分。
東武宇都宮駅からは、東武駅前バス停で大谷・立岩行きに乗車し約20分。
資料館入口で下車して、徒歩約5分です。

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/10−2018/03/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -