山形「新高湯温泉 吾妻屋旅館」秘湯の一軒宿だからこの絶景!

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山形「新高湯温泉 吾妻屋旅館」秘湯の一軒宿だからこの絶景!

山形「新高湯温泉 吾妻屋旅館」秘湯の一軒宿だからこの絶景!

更新日:2018/03/12 09:21

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア

「新高湯温泉 吾妻屋旅館」は山形県米沢市の秘湯の一軒宿。5つのワイルドな露天風呂があり、全てが源泉掛け流し。無料の貸切り露天風呂もあります。食事は米沢牛のステーキプランがお得でオススメ。館内の天然水も絶品なのでお茶もコーヒーも格別に美味しいと評判。

不便な山の中だからこそ味わえる非日常感をぜひここで!

新高湯温泉 吾妻屋旅館、不便な場所にこそいいお湯がある

新高湯温泉 吾妻屋旅館、不便な場所にこそいいお湯がある

写真:泉 よしか

地図を見る

米沢から車で30分で数軒の宿が並ぶ山の中の温泉地・白布温泉に到着します。この辺りでも十分に秘湯の雰囲気があるのですが、目指す「新高湯温泉 吾妻屋旅館」が建つのはさらに奥まった場所。

宿に至る急な山道は、夏場も車で行くにはなかなかの難所と言われますが、雪が降れば宿の送迎車頼り。一般の車はまず登れません。だから「日帰り温泉は受け付けているけど、冬は事実上、宿泊者専用の温泉ですよ」と笑顔で語るご主人。送迎車の名前はエンタープライズ号。スタートレックファンのご主人が命名しました。

しかしここには、こんな山の中だからこそ味わえる非日常があり、絶景があるのです。

新高湯温泉 吾妻屋旅館、不便な場所にこそいいお湯がある

写真:泉 よしか

地図を見る

日本秘湯を守る会の会員宿である吾妻屋旅館は、明治35年創業。何故こんな不便な山の中に温泉宿を建てたのかと言えば、今と違い当時は温泉をあまり長い距離引くことが難しかったから。

旅館を建てることのできる地形で、最も源泉湧出地から近いのがこの場所だったのです。なんと標高はぴったり1126(イイフロ)m。たどり着くまでは大変ですが、それだけ新鮮な良いお湯に入れると思えば感激はひとしおです。

新高湯温泉 吾妻屋旅館、不便な場所にこそいいお湯がある

写真:泉 よしか

地図を見る

館内も華美なところはなく、素朴ながら山の中らしい趣があります。薪ストーブは飾りではなく現役。宿の歴史を感じます。

吾妻屋旅館のちょっと厳しい混浴露天風呂ルールとは

吾妻屋旅館のちょっと厳しい混浴露天風呂ルールとは

写真:泉 よしか

地図を見る

お部屋はシンプルで居心地がよく、ただひたすら温泉を満喫するのにぴったり。

ところで吾妻屋旅館には一つお風呂に関するルールがあります。それは夜6時半から8時までは男性は館の外に出てはならないというもの。

実は吾妻屋旅館の露天風呂の多くが混浴。女性が安心して入れるように夜6時半から8時を女性専用タイムとしているのです。露天風呂の近くに行くだけでなく、マイカーに忘れ物を取りに行くのもアウトなので、男性はこの時間帯は内風呂などでくつろいでくださいね。

吾妻屋旅館のちょっと厳しい混浴露天風呂ルールとは

写真:泉 よしか

地図を見る

お部屋に備え付けのポットには館内蛇口の水は全て飲用できるとの説明が。実は吾妻屋旅館の飲用水は500mほど上流に湧く美味しい天然水。この宿は温泉だけでなく、水にも恵まれた地に建っているのです。

水が美味しい故にその水を使った飲み物も美味しい!ここで飲むコーヒーは世界一のコーヒーと賞賛したお客さまも。ですからペットボトルを持参して、水を持ち帰る方もいらっしゃいます。

絶景あり、滝見あり、5つのワイルドな露天風呂

絶景あり、滝見あり、5つのワイルドな露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

新高湯温泉 吾妻屋旅館の最大の魅力は温泉であり、絶景露天風呂。「眺望露天風呂」「根っこ風呂」「大岩たぬき風呂」「滝見露天風呂」「貸切大樹(貸切りにごり)風呂」と、露天風呂は全部で5つもあり、それぞれに個性的。

写真の露天風呂は素晴らしい眺めが体感できる「眺望露天風呂」。広さ、ワイルドさも申し分ありません。

そして吾妻屋旅館のお風呂は全てが源泉掛け流し。加水も加熱もしないたいそう上質な温泉です。

絶景あり、滝見あり、5つのワイルドな露天風呂

提供元:新高湯温泉 吾妻屋旅館

http://www.on1000.jp/地図を見る

ただし冬期は雪で「大岩たぬき風呂」「滝見露天風呂」の二つは閉鎖に。この二つのお風呂に入りたい方は、ぜひ雪のない季節に吾妻屋旅館を訪ねてください。

絶景あり、滝見あり、5つのワイルドな露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

貸切大樹風呂は予約不要。空いていれば札を返して、中から鍵を閉めて使えます。

入れば「あれ?このお風呂だけお湯が違う」と驚かれるかも。透明な他のお風呂と異なり、ここだけ湯の花が沢山舞ってほんのりと濁り湯。

吾妻屋旅館の源泉は宿から300mほど離れた場所にあり、複数の湧出口から湧いたお湯をミックスして使っているのですが、貸切り風呂だけはそのうちひとつを他と混ぜずに浴槽に注いでいるのです。ぜひ入り比べてみてください。

新高湯温泉 吾妻屋旅館は米沢牛ステーキプランがオススメ

新高湯温泉 吾妻屋旅館は米沢牛ステーキプランがオススメ

写真:泉 よしか

地図を見る

夕食は山の幸がたっぷり。特に5月下旬から6月の山菜シーズンなら摘みたての美味しい山菜が食べられます。お米はふっくら炊かれた山形産の"つや姫"。

新高湯温泉 吾妻屋旅館は米沢牛ステーキプランがオススメ

写真:泉 よしか

地図を見る

そして米沢と言えば米沢牛!吾妻屋旅館に泊まるなら、なんといっても米沢牛ステーキの宿泊プランがオススメです。ランチやディナーに街のレストランで頼むより料金的にも大変お得。もちろん味も絶品。

素材を活かしたシンプルな味付けでも、肉本来の脂の甘さがジュワッとしみ出してきてもうたまらない。山形のワインと一緒に召し上がれ。

新高湯温泉 吾妻屋旅館は米沢牛ステーキプランがオススメ

写真:泉 よしか

地図を見る

天元台高原も楽しみたい「新高湯温泉 吾妻屋旅館」

新高湯温泉 吾妻屋旅館は11月下旬から5月ゴールデンウィークまで滑れる天元台高原スキー場がすぐ近く。スキー旅行の宿泊にもぴったりです。グリーンシーズンならトレッキングのベースにも。

ぜひ吾妻屋旅館で大自然の中の絶景秘湯を満喫してください。思わず「サイコー」って叫びたくなっちゃう露天風呂が待っています!

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -