メキシコ・サンミゲルアジェンデの邸宅ホテルがフォトジェニック

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

メキシコ・サンミゲルアジェンデの邸宅ホテルがフォトジェニック

メキシコ・サンミゲルアジェンデの邸宅ホテルがフォトジェニック

更新日:2018/05/24 12:25

Chanos Mayaのプロフィール写真 Chanos Maya トラベルアドバイザー

メキシコシティから車で約3時間半ほどのところにある「サンミゲルアジェンデ」。権威ある海外旅行雑誌でも度々「魅力的な都市」として、京都などとともにランクされるメキシコ中部の街です。石畳の家並みには郷愁があり、小さな路地でさえ写真におさめたくなる、そんな美しさがあります。「カーサデシエラネバダ」はそんな街の中に佇む、17世紀の邸宅を改装したヘリテイジホテル。美しき街の美しき5つ星ホテルをご紹介します。

アーティストたちが集まる世界遺産の街

アーティストたちが集まる世界遺産の街

写真:Chanos Maya

地図を見る

絵葉書のように美しいサンミゲルアジェンデ。街は17世紀から18世紀頃の建物に囲まれています。かつて金銀で栄えた北部サカテカスと南部メキシコシティを結ぶ重要な宿場町として発展したサンミゲルアジェンデは、コロニアル調の建物、ゴシック教会、石畳の小道、繊細で美しい中庭のある家々・・・当時の街並みを今もそのままに残しています。日本では見たこともないようなクラッシックカーも、この街の美しさの一部分。写真を撮りたくなる一瞬にあふれた街、それがサンミゲルアジェンデです。

行き交う車や人々で磨かれた石畳の道、温かい色味の建物は心を惹かれる美しさがあり、街灯がともる頃になるとその美しさはさらに情緒的に。そんなサンミゲルアジェンデの街は世界遺産に登録されています。

アーティストたちが集まる世界遺産の街

写真:Chanos Maya

地図を見る

この世界遺産の街には2つの芸術学校があります。メキシコでも有数の芸術学校で、若いアーティスト以外にも、アメリカなど近隣からも定年後をのんびりアートに触れながら過ごす人々もやってきて、サンミゲルアジェンデには世界中から芸術家たちが集まっています。

サンミゲルアジェンデのアートシーンはサンミゲルアジェンデの街のハイライトでもあります。芸術家たちの個性的なギャラリーやセンスのいい陶器や工芸品のブティックがあちこちに点在し、おしゃれな雑貨や洗練されたインテリアなどがいっぱい。

映画のワンシーンような街で、旧世紀にタイムスリップしたような気分で滞在できるヘリテイジホテル「カーサデシエラネバダ」は、そんなコロニアルで独特の雰囲気に包まれるサンミゲルアジェンデの一角にあります。

旧世紀のレプリカのようなカーサデシエラネバダ

旧世紀のレプリカのようなカーサデシエラネバダ

写真:Chanos Maya

地図を見る

サンミゲルアジェンデの情緒あふれる街に溶け込むように、17〜18世紀の司教の館と邸宅の6つの建物がホテルへと改装され、サンミゲルアジェンデの中心部に点在しています。15のゲストルームと22のスイートルーム、全部でたった37室の小さなホテルです。

それぞれの建物はカーサ(家)と呼ばれ、それぞれに名前が付けられています。写真はレセプションやコンシェルジュが入る、6つの建物のうちの一つ「カーサプリンシパル」。古い木製のドアをくぐれば、アンティークのインテリアに囲まれる素敵な空間が広がります。

古い石畳の道路を挟んだ、カーサプリンシパルの向かいにある「カーサパルマ」。このカーサに入る6つのスイートルームへはきれいに手入れされたブーゲンビリアとジャスミンのアーチをくぐります。中庭にあるメキシコ特産のタラベラ焼きのタイルの噴水の横で昼下がりのひと時を。

上記以外のカーサも、かつてのサンミゲルアジェンデの人々の住まいがどんなに優雅だったかを想像させる、旧世紀のレプリカのよう。使い込まれた美しさが魅力的なホテルです。

レトロでクラシックなゲストルーム

レトロでクラシックなゲストルーム

写真:Chanos Maya

地図を見る

暖炉、木の梁、道路に面したテラスは修復が加えられながら17世紀当時のまま残され、ゲストルームの一部になっています。カーサデシエラネバダではたとえ同じカテゴリのゲストルームでも2つと同じデザインのお部屋はありません。

すべてのゲストルームには地元のファブリックを利用したベッドカバーやピロー、またローカルアーティストによる作品がインテリアとして置かれています。カラフルなタラベラ焼きのタイルがチャーミングなバスルームも、メキシコの美しき街にあるホテルの自慢のひとつです。

DVDやWi-Fiはすべてのゲストルームで、無料で利用できるスタンダードサービス。クラシックな雰囲気、そしてたたずまいでありながら、世界基準の設備がしっかり整った快適なゲストルームです。

サンミゲルアジェンデを望むスイートルームがおすすめ

サンミゲルアジェンデを望むスイートルームがおすすめ

写真:Chanos Maya

地図を見る

22のスイートルームのうち、デラックススタジオルーム、デラックスワンベッドルームの2つのスイートルームにはテラスとプライベートプールがついています。

このプライベートプールからは、サンミゲルアジェンデ観光では外すことのできないサンミゲル教区教会と旧市街の街並みを望みます。サンミゲルアジェンデの喧騒から少し離れて、美しい街並みを眺めながらのんびりプールで過ごしたり、テラスでコーヒーをいただく極上の時間を過ごせるお部屋です。

サンミゲルアジェンデを望むスイートルームがおすすめ

写真:Chanos Maya

さらにこのスイートルームには素敵なバスルームがあります。銅職人による手作りの銅製のバスタブとシンクが備わった、メキシコの伝統を感じる、とても温かみのあるバスルームです。18世紀から伝わるメキシコの伝統、銅工芸。メキシコ国内には今でも数百人の銅の職人がいるといわれており、カーサデシエラネバダのバスタブもそんな職人が丁寧に仕上げたハンドメイドです。

シャワーとバスタブはセパレートになっており、とても使いやすく、ローカルのオーガニック原料を利用した石けんなどのアメニティーが使われています。とことん「ローカル」にこだわった、こんなに美しいバスルームもこの2つのスイートルームだけで楽しむことができます。

サンミゲルアジェンデの中心部にある洗練された邸宅ホテル

カーサデシエラネバダは、ヨーロッパのオリエント急行などを運営するベルモンドが経営しています。ベルモンドは世界中でラグジュアリーで、かつ特徴のあるホテルを世界に展開するチェーンです。カーサデシエラネバダも、往時にタイムスリップしたかのようなユニークなホテル。スタッフは気取らないメキシカンホスピタリティで私たちを迎え、いつでも必要な時にはすっとアシストをしてくれる丁寧なサービスも魅力です。

サンミゲルアレンデの中心部でひっきりなしに車が行き交う道路に面していながら、外の喧騒が嘘のように静かなカーサ。洗練されたホテルで昼下がりのシエスタ(お昼寝)を。サンミゲルアジェンデをじっくり楽しめる居心地のよいぜいたくな邸宅ホテルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/01−2017/12/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -