バンコクの「キングパワー・ランナム」は1日中楽しめる免税店

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクの「キングパワー・ランナム」は1日中楽しめる免税店

バンコクの「キングパワー・ランナム」は1日中楽しめる免税店

更新日:2018/03/14 14:02

Aya Hasegawaのプロフィール写真 Aya Hasegawa フリーランスライター、編集者

「キングパワー」はタイ資本の免税店です。タイ国内に複数の店舗を展開していますが、今回はその1号店で2018年1月にリニュールオープンした、2万2,000平米の広大な敷地を誇る「キングパワー・ランナム」を紹介します。お土産選びなどお買い物はもちろん、旅行者向けにさまざまなサービスを実施。どしゃぶりの日や、チェックアウト後、深夜フライトまでの待ち時間などに重宝する、知っておくと便利な複合施設です。

さまざまな使い方ができる、懐の深い施設

さまざまな使い方ができる、懐の深い施設

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

雨季があったり、時に殺人的な暑さだったりする東南アジアの都市は、コンプレックス施設や地下のショッピングモールが充実。なかでも、バンコクには、個性的なコンプレックス施設がたくさんあります。今回、ご紹介する「キングパワー・ランナム・コンプレックス」(以下、キングパワー・ランナム)は、さまざまな目的がこの場所でかなう、うれしい場所。ファミリーで過ごすも良し、ラグジュアリーに過ごすも良しの、“使える”施設です。

ちなみに、「キングパワー」という名前に聞き覚えがあるという人も多いはず。運営を手がけるキングパワー・グループは、プレミアリーグの「レスター・シティ」のオーナー企業でもあり、サッカーファンにはおなじみです。

さまざまな使い方ができる、懐の深い施設

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

その「キングパワー・ランナム」ですが、スカイラインBTSのビクトリーモニュメント駅から徒歩5分強の場所に位置。じゅうぶん徒歩圏内ですが、バンコク・ランナム通りに位置する「キングパワー・ランナム」には、定期的に無料のトゥクトゥクが回っているのもうれしいところです。

旅行者がうれしいサービスがいっぱい!

旅行者がうれしいサービスがいっぱい!

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

「キングパワー・ランナム」には、旅行者がうれしいサービスがいくつも用意されています。1階にある「トラベラーズラウンジ」には、(大きさにもよりますが)スーツケースを預けられる大きなロッカーが。帰国日、チェックアウト後にここで荷物を預け、買い物を楽しむというのもおすすめです。また、「キングパワー・ランナム」で買い物をすれば、空港への無料シャトルバスサービスも利用可能です(利用を希望する場合は、事前にトラベラーズラウンジにあるカウンターで要予約)。

お土産選びもお任せあれ。ブランド品からバラマキ系まで勢ぞろい

お土産選びもお任せあれ。ブランド品からバラマキ系まで勢ぞろい

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

もちろん免税店としても優秀。お土産選びはもちろん、自分のためのお買い物にぴったりです。ファッションや時計、コスメなど、日本でもおなじみの欧米、アジアの人気ブランドを網羅。2階のビューティーフロアには、世界的なブランドのほか、パンピューリ、ハーン、タン、ディヴァーナ、バス&ブルームなど、タイを代表するコスメブランドの商品もずらり。同じフロアで、比較しながら選べるので、好みのものを見つけやすいのがうれしいですね。

お土産選びもお任せあれ。ブランド品からバラマキ系まで勢ぞろい

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

お土産もの選びなら、3階へ。一村一品というタイ伝統工芸を守る運動による、地方の特産物を販売するコーナーがあり、また、「ジムトンプソン」も商品の品ぞろえが豊富です。お土産用お菓子コーナーでは、試食をしながら商品選びができますよ。「キングパワー」のオリジナルブランドも人気です。

ローカルフードが清潔に楽しめる「グルメスポット」としても優秀

ローカルフードが清潔に楽しめる「グルメスポット」としても優秀

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

そして、「キングパワー・ランナム」を語る上で無視できないのが、3階にある、フードコート「タイテイスト・ハブ」。バンコクの百貨店やショッピングコンプレックスは、どこもフードコートが充実しているのですが、こちらは気合いの入り方が違います。フード&ビバレッジの責任者が、タイ国内からタイローカルのレストラン、屋台に足を運び、出店を交渉した、より抜きの17軒が集結しています。タイで人気のストリートフードが一堂に会し、エアコンがきいた、清潔なシチュエーションで楽しめちゃうというわけです。

ローカルフードが清潔に楽しめる「グルメスポット」としても優秀

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

たとえば、パッタイ発祥の店といわれる「ティップサマイ」のパッタイは要チェック。1960年創業の本店は王宮の近くにあり、行列がたえない人気店です。商業施設への出店は今回が初めて。このパッタイを食べるためだけに、「キングパワー・ランナム」に足を運びたくなるほどのもちっとした麺、ぜひお試しを。「ブン タッド トン フィッシュボール(Bun Tud Thong Fish Ball)」のフィッシュボール入りヌードルスープもおすすめです。

マンゴーもwifiも電源もあります!

マンゴーもwifiも電源もあります!

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

そのほか、施設内には、フードコート以外にも、スーパーフードやオーガニック食材を使ったカフェ&レストラン「ブレッキー オーガニックカフェ&ジュースバー」やタイ・キュイジーヌの「ナラ」、マンゴーカフェ「メイク・ミー・マンゴー」など魅力的なフードスポットが! 胃袋がいくらあっても足りません。

マンゴーもwifiも電源もあります!

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

全面リニューアルを果たした「キングパワー・ランナム」は、「エンドレス・エクスプロアー」(尽きることがない発見)をテーマにした、買い物、食など、多彩に楽しめる、ちょっとしたワンダーランド。たとえば、ホテルをチェックアウトした後、フライトまで時間があるときなどに覚えておくと重宝します。無料wifiも飛んでいますし、トラベラーズラウンジで電源を取ることも可能。なお、隣には、五つ星ホテル「プルマン バンコク キング パワー」もあり、こちらでビュッフェやスパを楽しむのもおすすめですよ。

キングパワー・ランナム(King Power Rangnam)の基本情報

住所:8 King Power Complex, Rangnam Road, Phaya Thai, Ratchathewi, Bangkok Thailand
電話番号:+66-2-677-8888
アクセス:BTS ビクトリーモニュメント駅から徒歩5分強

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -