子連れ最新スポット「京王あそびの森HUGHUG〈ハグハグ〉」が多摩動物公園エリアに誕生!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れ最新スポット「京王あそびの森HUGHUG〈ハグハグ〉」が多摩動物公園エリアに誕生!

子連れ最新スポット「京王あそびの森HUGHUG〈ハグハグ〉」が多摩動物公園エリアに誕生!

更新日:2018/03/12 17:42

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

2018年3月13日(火)、多摩動物公園の目の前に、全天候型大型遊戯施設「京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉」がオープン!ハグハグは、体育・知育・木育をコンセプトに、全身を使って遊べる遊具が盛り沢山!施設内にはミニSLも走っているんですよ。また、入場料不要、誰でも利用できる「ハグハグカフェ」も併設。赤ちゃんから大人まで、家族みんなで楽しめる、子連れ最新スポットを徹底解剖します!
家族で楽しめる旅行先はこちら

ひろ〜い!京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉でビッグに遊ぼう

ひろ〜い!京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉でビッグに遊ぼう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉があるのは、多くの子連れファミリーが訪れる多摩動物公園のすぐ目の前!京王線多摩動物公園駅の改札からは、徒歩15秒という好立地!

ハグハグは2階建てで、幅約20メートル、長さ約80メートルという、日本最大級の広さ。体育・知育・木育をコンセプトに、子供達が天気を気にせず、のびのびとビッグに遊べるスポットとして誕生しました。

ひろ〜い!京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉でビッグに遊ぼう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉は、親子が楽しく快適に過ごせるように設計されています。上の写真、何だかわかりますか?一見、電車やバスの遊具のようですが…。実はこれ、キッズトイレなんです!遊びに夢中になると、ついついトイレを我慢しがちな子供も、こんなトイレなら自ら行きたくなりますよね。また、キッズトイレ向かいには、広々としたオムツ替えルームや、授乳室も設置されているので、赤ちゃん連れのパパママも安心です。

それでは、京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉、楽しい遊具の数々をご紹介しましょう!

イメージは森!木の温もりを感じられる木育スペース

イメージは森!木の温もりを感じられる木育スペース

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ハグハグの1階は、森をイメージして作られています。
館内には、多摩産の杉やヒノキを利用した木育スペースが2つあります。上の写真は、木育スペースのひとつ「きりかぶハウス」。2歳以上のお子様が利用できる「きりかぶハウス」は、木のボールプールや、ロッジに見立てた滑り台、おままごとコーナー、積み木コーナーなど、自然に触れる機会の少ない子供達が木に触れ合いながら遊べる空間となっています。

また、乳児向けの専用エリア「はいはいパーク」もあり、床には多摩産ヒノキのフローリングを採用。木のボールプールやジャングルジムなど、小さなお子様が安全に木の温もりを楽しむことができます。

イメージは森!木の温もりを感じられる木育スペース

写真:Benisei Rinka

地図を見る

木育エリアの奥には、イベントスペース「もりのひろば」。
もりのひろばの天井は2階まで吹き抜けになっていて、高さ約12メートル、幅約15メートルという大木に見立てたネット遊具「ハグハグの木」が立っているんです。

ハグハグの木の下では、お子様が楽しめるイベントが開催されますが、イベントを行っていない時は、ボーネルンドのサイバーホイールなど、大空間を活かした遊具で遊ぶことのできるフリースペースになっています。

イメージは森!木の温もりを感じられる木育スペース

写真:Benisei Rinka

地図を見る

もりのひろばの奥には、体育スペース「もりのあそびば」があり、約45,000個の大型ボールプールや、多摩産材で作られた大型複合遊具があります。滑り台やブランコ、ターザンロープ、吊り橋、ウォールクライミングなど、全身で遊べるスペースになっています。また、屋外には「ぼうけんのもり」もあり、ブランコやプチアスレチックで遊ぶことができます。

ハグハグのシンボル!?4階層のネット遊具が楽しすぎる!

ハグハグのシンボル!?4階層のネット遊具が楽しすぎる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

上の写真が、先ほどご紹介した、もりのひろばにある「ハグハグの木」。
高さ約12メートル、幅約15メートルという、日本最大級のネット遊具です。ネット遊具で遊びたい方は、写真右下に写っている階段で2階へ。2階は「空」をイメージした空間となっています。

ハグハグのシンボル!?4階層のネット遊具が楽しすぎる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ハグハグの木は、4層構造!上の写真は、遊具の入口から撮影したものですが、ここは木の2階部分にあたります。木の内部は、らせん状にネットが組まれているので、1階〜3階まで、自由に行き来ができます。また、木の幹に見立てた部分を1階からのぼってくることもできるんですよ。

この木の中には、バランスボールが敷き詰められトランポリンのように遊べる場所や、子供なら全身スポッと隠れることができる壺のような場所もあります。お友達と追いかけっこして遊ぶのも、地上と違い足元がボヨンボヨンして楽しいですね。

ハグハグの木の入口付近には、荷物置き場や無料の貴重品入れが設置されているので、荷物は全てそちらに預けてから遊んでくださいね。

ハグハグのシンボル!?4階層のネット遊具が楽しすぎる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ハグハグの木が、他のネット遊具と大きく違うのは、3階〜4階の部分。1階〜3階は、木の内部での行き来が可能でしたが、3階〜4階を行き来するには、高さ10メートルに位置する「雲のチューブ」を通らなければいけません。
ネットでできているので、下は透けて見えますし、一歩踏み出すには勇気が要りそうですが、慣れてしまえば空中散歩しているみたいで楽しいですよ!

ミニSL「ハグハグトレイン」でプチトリップ!

ミニSL「ハグハグトレイン」でプチトリップ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉の2階には、大人も乗ることのできるミニSL「ハグハグトレイン」が走ります。全周約200メートルの館内をぐるりと2周!鉄橋やトンネル、踏切、光と音の演出など、子供の好奇心をくすぐるシーンが沢山登場!

ミニSL「ハグハグトレイン」でプチトリップ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

上の写真は、ハグハグトレインの発着駅「くものえき」。ハグハグトレインは有料となり、1回1名300円が必要です。くものえきにある券売機で、切符を買ってから並んでくださいね。

写真奥は、自動販売機や椅子などが置かれている休憩スペース「そらのひろば」。ここは、ただの休憩スペースではなく、ハグハグトレインのフォトスポットでもあるんです。お子様が楽しんでいる姿をバッチリ写真におさめてくださいね。

ミニSL「ハグハグトレイン」でプチトリップ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

くものえきの向かいには、知育スペース「おひさまラボ」。
ここでは、お子様が自分で考えて遊べるオモチャが置かれていたり、ワークショップが開かれたりします。子供達がワークショップに参加している姿は、「そらのひろば」から窓越しに見守ることも可能です。

入場料不要!子供も大人も大満足「ハグハグカフェ」

入場料不要!子供も大人も大満足「ハグハグカフェ」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

京王あそびの森 HUGHUG〈ハグハグ〉の2階には、入場料がかからず誰でも利用可能なカフェ&レストラン「ハグハグカフェ」があります。
テーブル席の他に、写真のような小上がりの席もあり、乳幼児連れファミリーにはとても嬉しいですね。また、カフェ中央にはちょっとしたキッズスペースもあるので、席に座っていることに飽きてしまった子供たちを見守りながら、パパママもゆっくりと食事ができますよ。

入場料不要!子供も大人も大満足「ハグハグカフェ」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ハグハグカフェ内には、誕生日会やママ会などにも利用できる、モニター付きの個室や、テラス席もあるんです。テラス席はとても広々としていて、天気のいい日はとても気持ちいい!テラス席へは、ハグハグトレインの通る踏切を渡って出ることができます。

入場料不要!子供も大人も大満足「ハグハグカフェ」

提供元:京王あそびの森 HUGHUG<ハグハグ>

https://www.keio-hughug.jp/

ハグハグカフェは、子連れファミリーが多く訪れる場所ならではのメニューが沢山!ちょっとお得な「選べる親子セット」「親子プレート」なども用意されています。おいしいだけでなく、料理はどれもフォトジェニック!しかもカフェ内はフリーWi-Fiも!インスタやってるママもちょっと嬉しいですね。

平日は17時半までの営業ですが、土日祝は21時まで営業しているので、「多摩動物公園で遊んだあと、ハグハグカフェで夜ごはん食べて帰ろうか〜」なんてこともできちゃうんです。
ハグハグで遊んでも、遊ばなくても、是非利用してみてくださいね。

「ハグハグカフェ」の基本情報
アクセス:京王線多摩動物公園駅下車すぐ(京王線高幡不動駅乗り換え)、京王あそびの森HUGHUG〈ハグハグ〉2階
定休日:水曜日・年末年始(12/29〜1/1)水曜日が祝日の場合は翌日休業
営業時間:10:00〜17:00(ラストオーダー17:00)、土日祝は21:00まで営業(ラストオーダー20:30)

「京王あそびの森HUGHUG〈ハグハグ〉」の基本情報

所在地:東京都日野市程久保3-36-60
アクセス:京王線多摩動物公園駅下車すぐ(京王線高幡不動駅乗り換え)
定休日:水曜日・年末年始(12/29〜1/1)水曜日が祝日の場合は翌日休業
営業時間:10:00〜17:30(最終入館17:00)
入場料:大人・中学生以上 700円/1日、小学生以下 600円/30分(以降200円/15分)、6ヶ月未満のお子様は無料
平日1日フリーパス 1,400円(小学生以下のみ)※除外日あり・混雑時は販売制限あり

※2018年3月現在の情報です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -