「BnA STUDIO 秋葉原」の“映える部屋”が凄い!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「BnA STUDIO 秋葉原」の“映える部屋”が凄い!

「BnA STUDIO 秋葉原」の“映える部屋”が凄い!

更新日:2018/04/23 15:06

牡丹餅 あんこのプロフィール写真 牡丹餅 あんこ フリーライター

東京オリンピックなどでいろいろな宿泊施設が増える中、末広町に「BnA STUDIO Akihabara」がオープン!同ホテルは、部屋に絵を飾る、描くだけではなく、部屋の形から特注家具まで、全てが1つのコンセプトを形作るBnAオリジナルの宿泊施設です。個性的で大胆、そしてSNS映え間違いナシのアートルームをご紹介します。

シンプルでモダンな外観の「BnA STUDIO Akihabara」

シンプルでモダンな外観の「BnA STUDIO Akihabara」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

「BnA STUDIO Akihabara」は、東京メトロ末広町駅から徒歩3分、JR秋葉原駅から徒歩10分、JR御茶ノ水駅から徒歩8分と、3駅利用できる好立地にあります。

シンプルかつスタイリッシュな外観の同ホテルは、1階が会員制コワーキングスペース「Chat Base」となっており、クリエイター集団「MIKKE」が、無料で会員クリエイターにスペースを開放し、新しいコミュニティー作りを目指しています。

「MIKKE」の会員になるには、審査フローを通過しなければならないのですが、「朝会」や「深夜もくもく会」、「飲み会」など会員ではない人も利用できる時間を設ける予定。詳しくは「MIKKE」の公式HPをチェックしてみてください。

シンプルでモダンな外観の「BnA STUDIO Akihabara」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

ホテルの受け付けは、コワーキングスペースの奥にあり、受付の前には、アーティストのオリジナルグッズなどを販売しているコーナーがあります。

ちなみに、同ホテルの宿泊費などの売り上げの一部が、アーティストに還元されるシステムとなっており、アートを発信するとともに、コミュニティーの活性化を目指しています。

アスレチックに公園!?テーマが面白すぎる部屋

アスレチックに公園!?テーマが面白すぎる部屋

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

家具アーティストStudio BOWLの村上諒平さんが作成した、201号室の「ATHLETIC PARK」は、既製品やホームセンターなどで手に入る身近な素材を使用したディスプレイやインテリアを作成するスタイルで「PARK(公園)」を表現。公園の遊具のような“高低差”を楽しめる、珍しいタイプのお部屋です。

アスレチックに公園!?テーマが面白すぎる部屋

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

アーティストの村上さんが武蔵野美術大学時代に影響を受けた、ストーリートアートを用いながら、インテリアアーティストとして活躍する現在の切り口を構成。

おもちゃのパーツや子供らしい色合いを使用したディスプレイやなぜか部屋に生えているポールなど、遊び心と個性あふれる空間になっています。鉄パイプや梁、ポールなどを見ると、思わず遊びたくなってしまう“やんちゃ”な大人にピッタリな部屋です。

アスレチックに公園!?テーマが面白すぎる部屋

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

ベッドの上にもこんな場所が。遊具に見立てたベッドの上を、登ったり下りたりぶら下がったり、この部屋にいるだけでワクワク!目に入るものすべてが楽しそうに見えてくる不思議な部屋です。

部屋の中のどこかに「公園」が・・・!?

部屋の中のどこかに「公園」が・・・!?

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

202号室の「WONDER PARK」は、身近な素材を使用するアーティストならではのデザイン。誰もが持つ公園への「既視感」を活かし、“室外みたいだけど室内、野宿みたいだけど優雅”という不思議で特別な空間を満喫できるところがこの部屋のポイント。

部屋の中のどこかに「公園」が・・・!?

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

キッチンは、調理器具(柳宗理デザイン)、食器(HasamiPorcelain)、電子レンジ、冷蔵庫、ケトルなど、どの部屋も、アートな空間でありながら、長期滞在に便利な設備は一通り揃っているので長期滞在でも快適に過ごすことができます。

部屋の中のどこかに「公園」が・・・!?

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

そしてこの部屋一番の「公園らしさ」は、なんとベッドの下にあります。ベッドの下を覗きこむと、そこには秘密の公園が!!遊具やデコボコした石などがあるなど、あらゆるところに遊び心が散りばめられています。

龍をテーマにした部屋はどちらも全く違う装い

龍をテーマにした部屋はどちらも全く違う装い

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

301号室の「RESPONDER」は、81年生まれのアーティストを中心に構成されるアーティストコレクティブ “81BASTARDS”の作品。複数のアーティスト達が呼応し合うコラボレーションによって壁天井を使用したダイナミックなアートです。

龍をテーマにした部屋はどちらも全く違う装い

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

現代ストリートな感性や伝統をリスペクトしたスタイルを5名のアートティストが表現。それぞれ独自の技法を活かすなど、自由に創造するエネルギーが躍動感を一層引き立てています。

部屋の全面に描かれた絵は、雲の中を踊り狂う龍を表現。アーティストの絵を間近で見ながら、それぞれの個性をみつけることも楽しみの1つです。

龍をテーマにした部屋はどちらも全く違う装い

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

こちらは302号室の「HAILER」。先ほど紹介した301号室と同じく“81BASTARDS”の作品です。俵屋宗達によって1620年に描かれて以来、最も有名な屏風絵として知られる「風神雷神図」を1981年生まれのアーティストたちが描きました。表装(屏風の作成)は、現代アートシーンでも活躍している表具師の井上雅博さんによるカスタムメイドです。

また、ベッドボード、蹴り上げ、ライティングはSUMARWORKSの作品。未来の都市生活のコンセプトにアーバンライフを送る人々の感性に届く“現代の和室作り”にこだわっています。

東京の次世代アーバンライフスタイル「ZEN GARDEN」

東京の次世代アーバンライフスタイル「ZEN GARDEN」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

401号室は「ZEN GARDEN」は、東京を拠点とする若手作家、緒方数馬さん、NANOOKさん、Mitsuko Shimaeさんの3人によるユニット、「51.3 G-Wave」と、キュレーターの佐藤拓さんが手がける作品空間です。

「ZEN GARDEN」をキーワードに空間を構成したこの部屋は、作品の制作と配置を行うなど、宿泊体験を通した1つのインスタレーションとして提示。東京らしいカオス感や間違った「ZEN」スタイルの部屋は、外国人の歪曲した「禅」の世界観をイメージしています。

逆輸入した「ZEN」は、オリエンタルな要素と、枯山水的なエッセンスやビジュアルが、ハリウッド映画の撮影スタジオのよう。アートを楽しみながら、物語の登場人物になったような気分にも浸れます。

東京の次世代アーバンライフスタイル「ZEN GARDEN」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

一軒洗練されたシンプルでモダンな部屋に見えながらも、整然と混沌が共存した異空間は、宿泊者が滞在することにより、完成するインスタレーションになっています。

また、長期滞在に必要な道具は一式揃っており、厨房のようなキッチンで、自炊を楽しむこともできます。また、無料のコーヒーやオーガニックティーも備えられているなど、細かいサービスも行き届いているところが嬉しいホテルです。

東京の次世代アーバンライフスタイル「ZEN GARDEN」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

全ての部屋に、ドラム式洗濯機と広々とした浴槽のあるバスルームを完備。その他に、無料Wifi、歯ブラシ・歯磨き粉、シェービングキット、シャンプー・コンディショナー(ecostore)、ボディーソープ (Dr.Bronners)、ボディーローションなどのアメニティーも充実しています。

アメニティー関連も充実している上、唯一無二のユニークな部屋のホテルなら、SNS投稿や動画配信なども楽しめそうですよね。東京は宿泊施設が年々増え続けていますが、どの部屋もみんなありきたりでつまらない!そんな人にぜひお勧めしたいホテルです。

また、関連MEMOにある「アートとコラボの新感覚ホテル!東京・高円寺「BnA hotel」」もあわせてご覧ください。

「BnA STUDIO Akihabara」

いかがでしたか?「BnA STUDIO Akihabara」の部屋は、ゲストが加わることにより、作品が完成します。あなたもぜひ、アートの一部となってみませんか?

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -