タイ・ランタ島「The Other Side Villas」での休日

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイ・ランタ島「The Other Side Villas」での休日

タイ・ランタ島「The Other Side Villas」での休日

更新日:2018/04/07 18:29

キヨコ パーマーのプロフィール写真 キヨコ パーマー トラベルコンサルタント、 トラベルブロガー

タイ南部、クラビー県に属するランタ島は、ランタヤイ、ランタノイという2つの島からなります。深い緑色のマングローブや、シージプシーと呼ばれる「モーケン族」が暮らす島として知られており、タイの田舎の雰囲気を楽しめる島です。ホテルステイに飽きてきた人には、短い滞在でもまるで自分の家のように過ごせる「The Other Side Villas(ジ アザーサイドヴィラズ)」への滞在がオススメです。

オールドタウンからバイクで5分のロケーション

オールドタウンからバイクで5分のロケーション

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

「The Other Side Villas」があるのは、ランタヤイ島。ホテルやレストランが多く集まるエリアは島の西側にありますが、「The Other Side Villas」は、島の南端に近い東側、地元の人達が暮らす静かなエリアにあります。とは言っても、観光名所であるオールドタウンからバイクや車で5分とかからない、便利なロケーションにあります。海岸線に沿って、ぐるっとメイン道路が走っているのですが、メイン道路から脇に入った静かなビーチに佇む宿です。

宿に到着すると、タイ人の気さくなオーナーが出迎えてくれます。オーナーの私邸3棟のヴィラのうち、2棟が宿で、「Loris」が2ベッドルームス、「Colugo」が1ベッドルームの独立したヴィラです。これら2棟の間に、オーナーの住居である3つ目の棟があります。

オールドタウンからバイクで5分のロケーション

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

目の前のビーチの風景はとても独特です。背の低い木々が、水の中からあちこち生えていてユニークな景観を作り出しています。引き潮になると、海底の砂利や石ころがむき出しになり、ここが海であることを忘れてしまいそうです。海に腰までつかり、魚を捕っている人を見かけるのも、ランタ島ならではの風景の1つです。

ネイチャーフォトグラファーでもあるオーナーが、ランタ島にヴィラを建てた理由の1つとして、豊かな自然が挙げられます。ヴィラは、もともとその地にあった自然の美しい景観を壊すことなく建てられたので、滞在中は、自然との調和の中に身を置く心地よさを感じられることでしょう。

まるで自分の部屋のようにくつろげる!

まるで自分の部屋のようにくつろげる!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

こちらは、「Colugo」のお部屋です。オレンジ色のベッドカバーに紫色の象さんタオルなんて斬新な色使いです。タイでは、お部屋に通されると、ベッドの上にタオルで作られた可愛らしい象が置かれていることがよくあります。タイならではのおもてなしですね。こちらは、2つのベッドをくっつけて1つにしてあり、キングサイズの大きさはあります。

まるで自分の部屋のようにくつろげる!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

オーナーの私物や本でデコレーションされた部屋は、このまま住めそうな雰囲気です。お部屋の広さは十分にあり、2人で宿泊するのにぴったりですね。色々な小物が置かれていますが、壁がコンクリートの打ちっぱなしだからか、うるさくならずに居心地の良い空間にまとまっています。

まるで自分の部屋のようにくつろげる!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

窓の外には海が広がりますが、砂浜のビーチではなく、波も全くない穏やかな海なので、湖のような印象です。プライベートプロパティなので、敷地にはオーナーともう片方のヴィラの宿泊客のみです。ゆったりとした1日を過ごせることは間違いありません。

コンパクトながらも使い勝手が良い!

コンパクトながらも使い勝手が良い!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

こちらはベッドの裏側です。オーナーが世界中を旅して集めた小物が飾られているので、壊さないようにご注意!これまたモスグリーンの壁ですが、違和感はありません。この壁の奥に広いバスルームがあり、手前にはキッチンが付いています。

コンパクトながらも使い勝手が良い!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

バスルームは、バスタブはありませんが広い!洗面台にはボウルが2つ備え付けられているので、ゆったりと使えますね。

コンパクトながらも使い勝手が良い!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

電子レンジやポット、お皿やカトラリーも一通り揃っています。滞在中はウォーターサーバーの水をどうぞ。

朝食だけでなく、夕食も、タコス!?もいかが?

朝食だけでなく、夕食も、タコス!?もいかが?

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

前日までに頼んでおけば、朝食も用意してくれます。シンプルですが、南国らしい、たっぷりのフルーツでお腹が膨れます。朝、バイクでひとっ走りして、オールドタウンへ朝食を食べに行くのもオススメです。

朝食だけでなく、夕食も、タコス!?もいかが?

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

オーナー手作りの本格タイ料理や、タコスも楽しめます。ヴィラの1階は「Baja Taco」というレストランとして営業もしており、ホームメイドタコスの味が楽しめます。タイなのにタコス!?と思いますが、タイ料理に飽きたら是非どうぞ!

島の朝はOther Sideで始まる!

島の朝はOther Sideで始まる!

提供元:Som Smith Photography

http://www.theothersidevillas.com地図を見る

ヴィラの名前の一部である、「Other Side」は地元の人たちにとっては、太陽が昇る側を意味します。多くの宿やレストランが集まる島のメインエリアが、日が落ちる側に位置しているのに対して、このヴィラはその反対側、島の「Other Side」に位置しており、日が昇る側にあるのです。朝、美しい朝日を見ることが出来れば、素晴らしい1日になることでしょう!

「The Other Side Villas」は自然に囲まれた宿

ホテルでの至れり尽くせりのステイは快適ですが、ちょっと趣向を変えて、よりローカル気分で島を楽しみたい人には、「The Other Side Villas」への宿泊がオススメです。

オーナーと、2〜3人のスタッフ、もう1つのヴィラの宿泊者しかいないので、滞在中はまるでヴィラの住人のような気分になります。ご近所さんは、お隣さんと、そのまたお隣さんだけ。ホテルのような徹底したサービスはありませんが、ランタ島の住人になり切って「The Other Side Villas」で、自由気ままに過ごしてみてはいかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/18−2018/01/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -