安らぎと癒しの聖地へ イタリア、アッシジでプチ巡礼を

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

安らぎと癒しの聖地へ イタリア、アッシジでプチ巡礼を

安らぎと癒しの聖地へ イタリア、アッシジでプチ巡礼を

更新日:2018/03/14 15:56

藤 華酉のプロフィール写真 藤 華酉

日本で四国八十八カ所巡りが愛されているように、ヨーロッパにも宗教的に人気の高い聖地が幾つかあります。聖地を訪れる人々が求めているのは、必ずしも宗教的な意義ばかりではありません。雄大な自然や美しい建築物、土地のグルメに、安らいで過ごせる休日だったりもするのです。アッシジは、現代人が聖地に求める全てが詰まった人気の観光地。癒しと安らぎを全身に浴びに、アッシジへの小旅行はいかがでしょう。

癒し系愛され聖人、フランチェスコさんとは

癒し系愛され聖人、フランチェスコさんとは

写真:藤 華酉

地図を見る

アッシジがなぜ聖地として名高いかと言えば、聖フランチェスコにゆかり深い土地だから。
アッシジ生まれアッシジ育ち、アッシジ没の聖フランチェスコは、ヨーロッパで人気の高い聖人の一人です。説法が素晴らしく上手い事で有名で、野山の動物たちでさえ彼の説法を聞きに訪れていたとか。小鳥に説教する聖フランチェスコの絵を見た事がある方も多いのではないでしょうか。

癒し系のイメージがありがたい聖フランチェスコですが、若い頃はブイブイ言わせていたそうです。アッシジの裕福な商人の家に生まれ、パーティピーポーな日々を送っていたフランチェスコさん。ついたあだ名は「お祭り王」です。騎士を志して遠征に出たりもしますが、病や怪我で挫折。
苦しんでいた所を神からの啓示に目覚め、以後は宗教的な生活を送る事になります。

癒し系愛され聖人、フランチェスコさんとは

写真:藤 華酉

地図を見る

聖フランチェスコを回心へと至らせたのは、アッシジの深く美しい自然だと言われています。深く清らかな森、なだらかに広がるぶどう畑、アッシジを訪れた旅人なら、誰もが回心の理由に納得できるでしょう。アッシジは小さな村ですが、今も旅人を中世から変わらない美しい景観で迎えてくれます。

中世の3D!?壁画に度肝を抜かれるサン・フランチェスコ大聖堂

中世の3D!?壁画に度肝を抜かれるサン・フランチェスコ大聖堂

写真:藤 華酉

地図を見る

小高いアッシジの山に建つ、可愛らしいピンク色の教会が、サン・フランチェスコ大聖堂。上下二層が別々の教会になっている、珍しい形の教会です。入場料はかかりませんので、どちらから訪れても問題はありません。


世界各国からフランチェスコ会の修道士、修道女たちが訪れるため、至る所で修道服の人々を見かけます。カトリックのインターナショナル性を全身で感じられる面白い場所でもあります。

中世の3D!?壁画に度肝を抜かれるサン・フランチェスコ大聖堂

写真:藤 華酉

地図を見る

上層は、正に極彩色の世界。聖フランチェスコの逸話を描いた壁画は、目も眩む程に鮮やかで、迫り来るような迫力があります。

中世の3D!?壁画に度肝を抜かれるサン・フランチェスコ大聖堂

写真:藤 華酉

地図を見る

写真左側の入り口から入城する事ができる、教会下層は窓の無い半地下の聖堂です。
しかし光が差し込まない事を忘れる程、明るい壁画が隙間なく描かれています。地下には今も聖フランチェスコの聖遺物が眠る、神聖な場所です。

<基本情報>
住所:Piazza Inferiore di S. Francesco, 2, 06081 Assisi PG, Italy
電話番号:+39 075 819001
入場料:なし
【開館時間】
夏時間
上の教会 8:30-6:50
下の教会 6:00-6:50
冬時間
上の教会 8:30-6:00
下の教会 6:00-6:30
2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

静寂の聖地、サン・ダミアーノ修道院

静寂の聖地、サン・ダミアーノ修道院

写真:藤 華酉

地図を見る

隠棲の中で祈りを追及する事にした聖フランチェスコ。彼が暮らしていた場所は、アッシジ近郊に数カ所残されています。その一つが、サン・ダミアーノ修道院。
アッシジ旧市街からは徒歩で10分程度。周囲をぶどう畑に囲まれた、小さいながらも美しい修道院です。まだまだフランチェスコ会の修道士さんたちが暮らしており、修道会の理念を伝え続けています。
手入れの行き届いた美しい庭園や、中世から姿を変えずに今も日々祈りが捧げられている礼拝堂など、眺めているだけで敬虔な気持ちになれる場所ですよ。


<基本情報>
住所:Via San Damiano, 85, 06081 Assisi PG,Italy
電話番号:+39 075 812273
アクセス:アッシジ旧市街ノーヴァ門から徒歩10分
【開館時間】
夏季 10:00-12:00, 14:00-18:00
冬季: 10:00-12:00, 14:00-16:30
2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

意外性、あります。ミネルヴァ神殿と大要塞

意外性、あります。ミネルヴァ神殿と大要塞

写真:藤 華酉

地図を見る

カトリックの聖地に神殿!?ナンデ!?と人々の度肝を抜くのが、アッシジの中心地に建つミネルヴァ神殿。イミテーションでしょうか?いえいえ、ローマ帝国の時代には文字通り本物の「神殿」でした。
見た目こそ神殿の侭ですが、中身はこじんまりした教会に改装されています。

意外性、あります。ミネルヴァ神殿と大要塞

写真:藤 華酉

地図を見る

また、アッシジは一度も戦火に遭った事がなく、町並みは中世そのままの素朴な麗しさを残しています。アッシジは一周しても2、3時間程度の小さな町ですが、細い路地や生活に密着した小広場などなど、見どころが尽きず、散歩が楽しい町でもあります。是非一日時間を取って、のんびり中世散歩をお楽しみください。

意外性、あります。ミネルヴァ神殿と大要塞

写真:藤 華酉

地図を見る

なぜアッシジが中世から変わらない美しさを残しているのかと言えば、混乱の時代を通して戦禍に遭わずに済んだため。そしてなぜ戦禍を避けられるかと言えば……そう、全ては力なのです。

平和を愛するカトリックの聖地に、厳めしい城塞が存在するのは意外なようにも思えますが、アッシジの城塞と城壁は大変に立派な廃墟となっています。現在でも城の塔に上ることができ、ここから眺めるアッシジの村、そして平原の美しさには目を瞠るものがあります。是非夕焼けの時間に訪れて欲しいスポットです。


<基本情報>
住所:Via della Rocca, 06081 Assisi PG, Italy
電話番号:+39 075 813 8680
アクセス:アッシジ旧市街から徒歩10分
入場料:大人6ユーロ
【開館時間】
4月、5月、10月: 10:00-6:30
3月:10:00-5:30
6月、7月、8月:9:00-8:00
9月:10:00 – 7:30
11月〜2月:10:00-4:30
2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

自宅気分でまったりと トラットリアパロッタに泊まってみる

自宅気分でまったりと トラットリアパロッタに泊まってみる

写真:藤 華酉

地図を見る

アッシジは世界的な観光地ですが、ホテルやレストランはお手頃、良心的な物価で迎えてくれます。宿泊するなら、やはり雰囲気たっぷりな旧市街が魅力的ですね。

ホテル トラットリア パロッタは、地元の人のおうちに招かれたようにこじんまりとしたホテル。インテリアも愛らしく、寛いだ雰囲気で過ごす事ができます。

自宅気分でまったりと トラットリアパロッタに泊まってみる

写真:藤 華酉

地図を見る

オススメのポイントは、最上階の室内テラス。朝焼けも夕焼けも、夜景まで、旧市街の美しい眺めを心行くまで楽しむことができます。用意されているお茶を片手、座ってこの眺めを独占できるなんて、お値段以上の価値がありますよ。

終わりに

ローマから電車でわずか1時間強の距離にありながら、美しい自然を満喫できるアッシジ。大聖堂や修道院の素晴らしさは世界中から人を惹き付けてやまない世界遺産の町です。ここでは、ヨーロッパからは切っても切れない、カトリックの伝統に触れる事ができます。聖フランチェスコも愛した変わらない眺めを、是非その目で確かめに訪れてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/07−2017/09/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -