我が家気分で過ごせる!旅の拠点に便利な東京・新島「かどや旅館」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

我が家気分で過ごせる!旅の拠点に便利な東京・新島「かどや旅館」

我が家気分で過ごせる!旅の拠点に便利な東京・新島「かどや旅館」

更新日:2018/03/16 16:25

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

「かどや旅館」は、新島で老舗の宿。島ならではの美味しい食事に、家庭的であったか〜いおもてなし。知らない土地でもまるで故郷気分で過ごせる居心地の良い宿です。宿から、島自慢の美しい夕日の絶景スポット「本村前浜海岸」は徒歩で約1分。島特産のコーガ石のモヤイ像が点在する見所の前浜海岸通りや、メイン道路「中央通り」は徒歩圏内と観光や旅の拠点にお勧め。便利でアットホームに過ごせる「かどや旅館」をご紹介します。

島ライフを快適にサポート!のんびり寛げる旅宿「かどや旅館」

島ライフを快適にサポート!のんびり寛げる旅宿「かどや旅館」

写真:sachie

地図を見る

「かどや旅館」は、本村前浜海岸から程近くに位置。宿名の「かどや」とは、大正時代から通りに面する角地で旅人宿を営んでいた頃の屋号の名残で、現在に至っている古くから続く宿です。

歴史がある宿と聞くと、何となく厳格があって堅苦しいイメージの宿と思いきや、宿に着くと、家庭的で心が和んでしまうような雰囲気。

島ライフを快適にサポート!のんびり寛げる旅宿「かどや旅館」

写真:sachie

地図を見る

客室は、和室。ほっこりと和んでしまう畳の部屋は、入ってからすぐに、ごろ〜んと寝転んでも良し。気兼ねなく体を休めるのにはぴったり。また、温泉ではありませんが、館内にお風呂が完備されているので、湯船にゆったり浸かって、のんびり羽を伸ばすのもいいでしょう。(お風呂の利用時間は、17時〜21時30分となります)バスタオルの備え付けはないので、バスタオルを必ずご持参下さい。

コーガ石の彫刻が点在する前浜海岸通り&夕日の絶景スポット「本村前浜海岸」

コーガ石の彫刻が点在する前浜海岸通り&夕日の絶景スポット「本村前浜海岸」

写真:sachie

地図を見る

宿で一息付いたら、散歩がお勧め。折角、青い海に囲まれた島へ来たのなら、思いっきり海を満喫したいものですよね。宿は、海岸の近くにあるので、徒歩ですぐに海岸へ行くことができます。

新島は、サーフィンのメッカとして名高い「羽伏浦海岸」が有名ですが、ここは丁度、その反対側の西側に面する本村前浜海岸です。海岸を沿うように前浜海岸通りがあり、通りのあちらこちらにモヤイ像が点在し、異国情緒溢れる光景が広がっています。

石像を掘る石は、イタリアのリパリ島と新島だけでしか産出されないコーガ石を用いたもの。青い海をバックに、世界でも珍しく希少なコーガ石を利用したアートな空間は、この島だけの必見スポットです。

コーガ石の彫刻が点在する前浜海岸通り&夕日の絶景スポット「本村前浜海岸」

写真:sachie

地図を見る

ビーチは、白い砂と青い海が美しく、まるで南国のリゾート地を思わせるよう。透き通った綺麗な海を見ているだけで気持ちが和んでしまい、何もせずに、さざ波を聞きながら潮風に当たっているだけで、身も心もリフレッシュできますよ。

コーガ石の彫刻が点在する前浜海岸通り&夕日の絶景スポット「本村前浜海岸」

写真:sachie

地図を見る

そして、海での極めつけの景色はこれ!
本村前浜海岸からの夕日は折り紙付きで、こちらも見逃せません。辺りを黄金色に染めながら沈む夕日は、とっても綺麗で息を飲む美しさ。きっと、思い出に残るくらいの綺麗な夕日になることでしょう。海岸通りの夕日の丘では、コーガ石をフレームに夕日を写せる撮影ポイントがあるので、そこから夕日を撮影しても良いですね。

島特産のコーガ石コップで乾杯!島生まれ島育ちの食材グルメを満喫!

島特産のコーガ石コップで乾杯!島生まれ島育ちの食材グルメを満喫!

写真:sachie

地図を見る

夕食の時間。散策の後に食べる食事は尚更美味しく感じることでしょう。まずは食事の前に、ビールで乾杯は如何でしょうか?

このビアグラスは、島特産のコーガ石を原料とする新島ガラスを使用。東京都では、要人の迎賓時に進呈することもある貴重なガラスで、コップ一つとっても島旅を盛り上げてくれるような演出がなされています。ガラスの深い緑色が美しく、そんなグラスで飲むビールは、きっと旅の疲れも手伝って、喉を潤すには最高の一杯になることでしょう。

島特産のコーガ石コップで乾杯!島生まれ島育ちの食材グルメを満喫!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、夕食のメニュー。手前から時計回りに、たたき揚げ・明日葉やナスなどの天ぷら。島おとめ・豚肉焼き・サザエの壺焼き・カンパチなどの刺身、金目鯛の干物など。

たたき揚げは、ムロアジのすり身と野菜を混ぜ合わせたものを油で揚げたもの。ここに伝わる島ならではの料理で、噛めば噛むほど魚の旨みが浸み出すジューシーさ。島特産の明日葉を使った明日葉の天ぷらは、ほろ苦さや風味が楽しめ、たたき揚げと共に島を代表する定番料理なので、是非味わっておきたいところ。

ここは魚介も美味しい場所で、高級魚とされる金目鯛の干物が一匹丸ごと。壺焼きのサザエは大振りとお腹いっぱい魚介も楽しめ、まさに至福な一時。そして、島イチゴで締めのデザート。島で育ったイチゴは、程良い酸味と甘さが絶妙。最後の最後まで、島の恵みを体感できるご馳走で心も体も満たされますよ。

ショッピングや飲食店もお任せ!本村中央通り

宿から島のメイン道路とも言える「本村中央通り」まで、徒歩で数分の距離。お土産店や飲食店などのお店が連なるメイン通りで、買い物や飲食にも何かと便利。てくてく観光がてら歩いて、気になるお店を覗きながら、お土産をゲットしてみよう。飲食店街の近くなので、素泊まりをして島グルメを食べに行くことも可能です。

「かどや旅館」は、きらびやかな装飾などはありませんが、まるで、故郷と呼びたくなるような素朴で安心しながら落ち着ける宿。海岸が近く、海のそばでのびりしたい人にぴったり。また、貸自転車・レンタカーが近くにあるので、島をぐるり巡りたい人は貸し借りがスムーズ。島内をくまなく探索観光もできますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/11−2018/03/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -