都心より少し遅めに見頃!東京都日の出町「塩田堤の桜並木」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨

東京都の西部に位置する日の出町は自然の豊かなところです。その日の出町を貫くように平井川という川が流れているのですが、ちょうど役場裏の河岸は桜並木になっています。「塩田堤の桜並木」として知られる、桜の名所です。お花見の時期には地元の人たちで賑わいますが、のんびりと長閑な雰囲気が素敵です。都心よりちょっと遅めに満開を迎える「塩田堤の桜並木」、春の行楽気分で日の出町へ出かけてみませんか。

緑濃い景観の中、河岸に並ぶ桜が美しい!

緑濃い景観の中、河岸に並ぶ桜が美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

東京都の西に位置する日の出町は、町域の大部分を山地が占める、自然の豊かなところです。東南部の平井川河畔には平地が横たわり、その一角に役場が設けられています。その役場の裏手、平井川の河岸に桜並木の延びるところがあります。「塩田堤の桜並木」(または「塩田耕地堤の桜並木」)として知られる、地元の花見の名所なのです。日の出町によれば桜の数は108本、1kmほどの長さで桜並木が続きます。緑濃い景観の中、河岸に並ぶ桜は美しいものですよ。

緑濃い景観の中、河岸に並ぶ桜が美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「塩田堤の桜並木」はゆったりと花見を楽しめる広場などはありませんが、その代わりをしてくれるのが平井川の河川敷。河川敷は河岸から降りて行けるようになっています。河川敷にレジャーシートを広げてお花見を楽しむ人たちの姿も少なくありません。河川敷から見上げる桜並木は見事な景観ですよ。

緑濃い景観の中、河岸に並ぶ桜が美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

もちろん、桜並木を辿ってそぞろ歩きを楽しむのもいいものです。桜が見頃になる時期には河岸の道路脇に露店が並び、花見客で賑わいます。とは言っても、都心の名所ほど人出は多くありませんから、のんびりと花見が楽しめます。

上流側へ歩を進めて本中橋からの眺めも楽しもう

上流側へ歩を進めて本中橋からの眺めも楽しもう

写真:沢原 馨

地図を見る

役場裏から少し平井川の上流側へと歩を進めると、本中橋という人道橋が平井川を跨いでいます。この本中橋の上から「塩田堤の桜並木」を眺める景観も素敵ですよ。大きく枝を張った桜が河岸を彩り、河川敷で遊ぶ人たちの姿も小さく見えて、平井川の流れと共に風情溢れる風景を織り成しています。

上流側へ歩を進めて本中橋からの眺めも楽しもう

写真:沢原 馨

地図を見る

本中橋から上流側を眺めてみても、平井川の左岸に桜が並んでいます。この桜も川面を目指すように枝を伸ばし、見応えのある景観です。本中橋からの眺めを、ぜひ楽しんでおきましょう。

上流側へ歩を進めて本中橋からの眺めも楽しもう

写真:沢原 馨

地図を見る

この本中橋、なかなか特徴的なデザインの橋なのです。さらに上流側に架かる西平井橋辺りから本中橋と桜の組み合わせで写真を撮るのもいいかもしれません。うまく構図を考えて、素敵な写真を撮ってみましょう。

下流側へ辿ってみるのも楽しい!柳橋からの景観もお勧め

下流側へ辿ってみるのも楽しい!柳橋からの景観もお勧め

写真:沢原 馨

地図を見る

役場裏から下流側に足を延ばせば、町民グラウンドの横を抜けて200mほどで柳橋という橋に至ります。町民グラウンドの河岸側の外縁部にも桜が並んでいますから、柳橋からその美しい景観を堪能することができます。役場裏の並木とはまた違った表情を見せてくれるのがいいですね。

下流側へ辿ってみるのも楽しい!柳橋からの景観もお勧め

写真:沢原 馨

地図を見る

柳橋の下流側にも桜が咲いていますし、柳橋の袂にも桜があります。ぜひ柳橋まで足を運んで、周辺の桜も楽しんでおきましょう。

河岸から離れてみると、春景色との思わぬ出会いが!

河岸から離れてみると、春景色との思わぬ出会いが!

写真:沢原 馨

地図を見る

役場の横手は畑地の広がる長閑な風景です。河岸から離れて、少しその中を歩いてみるのもお勧めですよ。畑越し見る桜も興趣のある景観です。

河岸から離れてみると、春景色との思わぬ出会いが!

写真:沢原 馨

地図を見る

役場の近くには東京都森林組合の施設があり、その敷地横にも桜並木があるのです。その景観も美しいものです。気の向くままに足を運べば、思わぬところで素敵な桜の風景に出会ったりします。そんな春の出会いを楽しみましょう。

花見を兼ねた春の行楽気分で行こう!

花見を兼ねた春の行楽気分で行こう!

写真:沢原 馨

地図を見る

日の出町、実は少しアクセスしにくいんです。いちばん近い鉄道の駅はJR五日市線の武蔵益戸駅ですが、駅から「塩田堤」まで2km弱。歩くと30分ほどかかってしまいますが、それもいいかもしれません。遠足気分で、花見を兼ねた春の行楽として訪れるのもいいものです。

「塩田堤」の桜の見頃は、例年3月下旬から4月上旬ですが、都心部と比べれば開花や満開の時期が一週間ほど遅いのが通常です。都心部では見頃を過ぎても、日の出町ではこれから、ということも少なくありません。都心でのお花見に行きそびれてしまったという方、日の出町なら間に合うかもしれませんよ。

「塩田堤の桜並木」の基本情報

住所:東京都西多摩郡日の出町平井
電話番号:042-597-0511(日の出町産業観光課)
アクセス:JR五日市線武蔵益戸駅から徒歩約30分/JR五日市線「武蔵五日市駅」からバス、またはJR青梅線「福生駅」からバス、「塩沢」バス停下車、徒歩約5分

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/04/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -