カレーパン発祥の店、東京森下のパン屋「カトレア」で元祖カレーパンを満喫

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カレーパン発祥の店、東京森下のパン屋「カトレア」で元祖カレーパンを満喫

カレーパン発祥の店、東京森下のパン屋「カトレア」で元祖カレーパンを満喫

更新日:2018/03/22 15:37

鈴木 風人のプロフィール写真 鈴木 風人 旅行写真家

日本人の大好きなパン、カレーパン。人気トップ3に必ずランクインする日本オリジナルのパンですが、そんなカレーパンの発祥店をご存知でしょうか?料理や商品には必ず発祥の由来があり、多くは複数の発祥店や本家などが存在するものです。
しかし、カレーパンについては正確にその発祥のお店が判っています。それが東京江東区森下にある「カトレア」さんです!
日本の元祖カレーパン発祥の店をご紹介致します。

焼き上がりは1日3回

焼き上がりは1日3回

写真:鈴木 風人

地図を見る

カトレアさんは明治10年に創業し、昭和2年に「洋食パン」の名で「カレーパン」が実用新案登録されました。
戦前の時代、パンが庶民に普及するずっと前にパンとカレーを掛け合わせるというアイデアに挑戦し、完成させたのです。
こうして日本人の大好きな「カレーパン」は東京下町の一角で生まれました!

カレーパンの焼き上がりは7時、11時、15時の1日3回。カトレアさんにはその元祖カレーパンを求めて遠方からも多くのお客様が訪れます。焼き上がりの時間に合わせ来店される方が多いので瞬間的に混雑はしますが、回転はとても早いのでご安心を!
午前中の方が待ち時間なく購入できるようです。

焼き上がりは1日3回

写真:鈴木 風人

地図を見る

さぁ元祖カレーパンのご紹介です。カトレアさんには辛口と甘口の二つのカレーパンが販売されています。レジ横で手際よくカレーを詰めているのが印象的。香ばしい匂いが店内に漂い、食欲をそそります!

日本のカレーパンはここから始まった!

日本のカレーパンはここから始まった!

写真:鈴木 風人

地図を見る

先ず驚くのは、カレーパンを割ると隙間がない程にカレー詰まっていることです。時折目にする空洞だらけのカレーパン。カトレアさんではそんなことは先ずありませんよ!

日本のカレーパンはここから始まった!

写真:鈴木 風人

地図を見る

口に運ぶとカリッとした衣の中にアツアツのカレー。一般的なカレーパンより少し甘めに味付けされていますが、その分強烈なコク、野菜の旨味を感じます。
豚ひき肉、人参、玉ねぎをふんだんに使ったカレーを、高級な植物性のサラダ油と綿実油で揚げているんだそう。美味しいわけですよね!昭和2年(1927)年から90年近く愛されているのも納得の味わいです。

甘口・辛口とありますが、地元の方の人気は辛口が多いのだそう。と言っても決して刺激のあるような辛さではなく、あくまで野菜の甘みを感じられる辛さ。どちらも素材の旨味が残るよう一般の辛口と言われるカレーパンよりも甘く味付けされているようです。

デニッシュ生地にあんこがずっしり

デニッシュ生地にあんこがずっしり

写真:鈴木 風人

地図を見る

カトレアさんのパンはどのパンも具がぎっしりしていてリーズナブル。下町にあり明治初期から庶民に愛されてきたのも納得のパフォーマンスです。

カトレアさんのもう一つの名物が、地元の名前を冠した「深川あんぱん」です。しっとりとしたデニッシュ生地にぎっしりこしあんが詰まっています。そしてこの相性がバツグン!あんこはスッキリした甘みで、こしあんはデニッシュ生地の食感を邪魔せず、お互いを引き立てている印象です。カトレアさんの深川あんぱんが、あんぱんの中で一番好き!という方も多い隠れ人気パンなんです。

カレーパン発祥の店「カトレア」の元祖カレーパン、そしてもう一つの名物「深川あんぱん」。是非お試し下さい!

「カトレア」の基本情報

住所:東京都江東区森下1-6-10
電話番号:03-3635-1464
アクセス:大江戸線・新宿線森下駅下車、A7番出口を出て右へ徒歩0分清澄通り沿い

2018年3月現在の情報です。最新の情報はサイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -