鹿児島空港の食事は鶏飯バイキング580円で決まり!奄美の郷土料理はどんなもの?

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鹿児島空港の食事は鶏飯バイキング580円で決まり!奄美の郷土料理はどんなもの?

鹿児島空港の食事は鶏飯バイキング580円で決まり!奄美の郷土料理はどんなもの?

更新日:2018/03/05 14:57

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

空港は、割高なレストランが多いと思っていませんか?そんなことはありません!鹿児島空港国内線2階にある「大空食堂」は美味しくて、安い!さらに、鹿児島各地の料理と焼酎を堪能できるレストランなんです。
中でも一押しが鶏飯バイキング580円!さて、鶏飯バイキングとはどんなもの?

鹿児島空港のレストランに奄美の郷土料理がある

鹿児島空港のレストランに奄美の郷土料理がある

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「鶏飯ということはとりめし?な〜んだ炊き込みご飯のバイキングか!」なんて思っていませんか。

鶏飯の読み方はとりめしではなく、“けいはん”と読み、奄美大島の伝統料理です。江戸時代、奄美大島へ視察にきた薩摩藩の役人をもてなす料理として作られ、その後、奄美の人々が日常的に食べるようになった料理です。

鶏飯はいたってシンプル!白飯の上にさまざまな具材をのせ、鶏のダシが効いたスープをたっぷりかけて出来上がり!「ねこまんま?」と思うなかれ!ただの汁かけ飯ではありません!

鶏飯の作り方〜盛り付け編〜

鶏飯の作り方〜盛り付け編〜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

注文すると、どんぶり、小皿が渡されます。どんぶりを持って、入り口にある鶏飯コーナーへ行きましょう。
まずは、ご飯を軽めに盛りつけ。トッピングは、錦糸たまご、味付けしいたけ、刻みたくあん、ねぎ、紅ショウガ、白ごま、刻みのり。自分の好きな具材をたっぷりとのせていきます。

オススメは味付けしいたけ。これが味わい深く、スープと相性抜群!見た目的には紅ショウガを中心にたっぷりのせるとキレイに見えるのですが、全部紅ショウガの味になってしまうので、はじっこにのせましょう。その上にたっぷりと刻みのりをかけ、白ごまはパラパラと振りかけたら第一段階出来上がりです。

鶏飯の作り方〜スープ編〜

鶏飯の作り方〜スープ編〜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

盛り付けが終了したら、自慢の特製スープをたっぷりと。ここでワンポイント!

スープの鍋蓋をあけると少し茶色がかったスープだけが見えます。具材はいっさい見えません。しかし、盛り付けしたときに、鶏飯の鶏はどこ?と思いませんでしたか?

実は、このスープの奥底にひそんでいるんです。上澄みだけをよそうのではなく、ぐるぐるとかきまぜ、鶏を確実にゲットしてください。鶏を十分に確保できたらたっぷりのスープをかけて鶏飯完成です!

鶏飯はやさしく懐かしい味わい

鶏飯はやさしく懐かしい味わい

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鶏飯の美味しさはなんといっても鶏のダシがたっぷり詰まったスープ。具材とともに、勢いよくずるずるっとすすってみると、おなかに優しく、ほっこりとする味わい。

最初はぐちゃぐちゃにせず、まずは味付けしいたけとご飯とスープを一緒に。そして、ちょっとパンチが欲しいなと思いはじめたら紅ショウガを加えて食べ、最後は全部かきまぜていただきます。

スルスルっとすすっていると、何杯でも食べられてしまいます。
女性でも、2〜3杯は食べていくそう。バイキングにはサラダもついているので、栄養バランスもばっちりです!

鹿児島名産の芋焼酎がなんと60種類以上!

鹿児島名産の芋焼酎がなんと60種類以上!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鶏飯以外にも、鹿児島名産の一品料理も多数取り揃えています。気になるのは300円〜1000円で飲める芋焼酎。その数なんと60種類以上!焼酎飲み比べなんかもできちゃいます。

酒のつまみには、お土産でも人気の鶏の炭火焼きから、黒豚味噌、そして、さつま揚げもあります。変わりダネで塩茹で落花生なんかもありますよ。焼酎好きにも必見のお店です。

大空食堂の基本情報

場所:鹿児島空港 国内線2階 北側
営業時間:6:40〜最終出発便30分前
料金:
6:50〜10:00までは朝食バイキング+鶏飯バイキングの800円
10:00〜閉店までは鶏飯バイキング単体の580円

※2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -