スイスチョコレートの老舗!ルツェルン「バッハマン」

| スイス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイスチョコレートの老舗!ルツェルン「バッハマン」

スイスチョコレートの老舗!ルツェルン「バッハマン」

更新日:2018/05/08 14:24

ネプフリン 由香のプロフィール写真 ネプフリン 由香 旅行ライター

創業120年という長い歴史を誇るルツェルン生まれのスイスチョコレートブランド「バッハマン(Bachmann)」。現在ルツェルン市内だけで8店舗あるこの老舗店の勢いは、止まることなくルツェルン市外の近隣の町やチューリッヒ、ツークにまで拡大しています。老舗ながら、今なお飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けているのです。チョコレートの他にも、ケーキやパンも生産する大変人気の高いバッハマンの魅力に迫ります!

ルツェルン中心部、シュヴァーネン広場の店舗がオススメ!

ルツェルン中心部、シュヴァーネン広場の店舗がオススメ!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ルツェルン市内に8店舗を構えるバッハマンですが、最もオススメはシュヴァーネン広場にある店舗。チョコレートをより多く取り扱っており、旧市街の入り口あたりにあるので観光の合間に気軽に立ち寄れます。

ルツェルン中心部、シュヴァーネン広場の店舗がオススメ!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

店内は大変広々としており、奥にはカフェも備わっています。ゆったりとしたスペースを設けているので、お土産選びもゆっくりと出来ます。
忙しい時間帯には、大勢のルツェルン常連客や世界各国からの観光客で一杯になります。

ルツェルン中心部、シュヴァーネン広場の店舗がオススメ!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

バッハマン自慢のルツェルンを意識したプロダクツが並ぶ棚も、すっきりと洗練されています。これらのラインナップはお土産としてとても魅力的。

街のシンボルであるカペル橋のチョコレートの“水の塔(Wasserturm)”が象られた商品棚も楽しいですね!

バッハマン人気のお土産商品にフォーカス!

バッハマン人気のお土産商品にフォーカス!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

大人へのお土産にはアルコールの効いたトリュフがオススメ!右手はキルシュ(さくらんぼのリキュール)が入ったもの、左手はシャンパンの入ったもの。ともに香り高いアルコールと濃厚な口どけの良いチョコレートがマッチして大変美味です。

バッハマン人気のお土産商品にフォーカス!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ルツェルンの象徴、カペル橋の水の塔を象った小ぶりのチョコレート。友人や会社の上司、同僚などに配るのにぴったり。
フレーバーはスイスが生み出したミルクチョコレート味です。

バッハマン人気のお土産商品にフォーカス!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ところで皆さん、定番のミルクチョコレートとヘーゼルナッツ・チョコレートがスイス生まれだということをご存知ですか?今では当たり前にみなさんが口されているミルクチョコレートですが、作り出すには様々な苦労の末の賜物なんです。このミルクチョコレートと大きめの粒のヘーゼルナッツ入りのコンビーネーションはチョコレートの極みだと思いませんか?元祖スイス産、そして良質なチョコレートを生産するバッハマンのへーゼルナッツミルクチョコレート、特に板チョコはぜひお試しください!

他にはどんな商品がある?

他にはどんな商品がある?

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

バッハマン自慢のプラリネチョコレート!これまで研究して生み出されてきた伝統と技術が受け継がれています。こちらは新鮮なほうが美味しい商品なので、少しだけ購入して買った当日にホテル等で食べてみるといいでしょう。
日持ちするようにパッキングされたお土産用のプラリネチョコレートもあるのでご安心を!

他にはどんな商品がある?

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

シーズンごとに異なる魅力的な商品も沢山並びます。写真は、復活祭用の卵の形のチョコレートの器に詰め合わせられたプラリネチョコレート。デコレーションも春を意識していて可愛らしいですね。

日本では春の色といえば桜の花のイメージから薄いピンク色ですが、スイスを始めヨーロッパでは黄色い花が方々に咲き乱れるので、黄色が春のイメージ色です!

他にはどんな商品がある?

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

こちらはチョコレートではないのですが、バッハマンの看板商品の一つであり、売れ行きの大変良い焼き菓子です。「ルツェルナー・カッツェシュトレッケルリ(Lozerner Katzestrecherli)」という長い名のつく、フランスのアーモンドフロランタンによく似たお菓子です!アーモンドスライスを甘く煮て、クッキー生地に載せて焼いたとても美味しい焼き菓子です。小さくカットされているのも嬉しいところ。こちらもオススメです!

バッハマン・カフェで美味しいケーキを堪能する

バッハマン・カフェで美味しいケーキを堪能する

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

店舗の奥に併設されたカフェスペースも、店舗同様にとてもゆったりとした広い空間です。観光地の喧騒を逃れ、ゆっくりと休息が取れるでしょう。

バッハマン・カフェで美味しいケーキを堪能する

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

写真は、バッハマン人気No1.ケーキのムース・オー・ショコラ(Mousse au Chocolat)。チョコレート店のケーキだけあって、やはりチョコレート系のケーキが人気です。甘くほろ苦いチョコレートの味が濃厚で、かつふんわりしていて日本人の口にも良く合う味です!

バッハマン・カフェで美味しいケーキを堪能する

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

他にも、ラズベリーがたっぷりと乗ったヒンベール・シュニッテ(Himbeer Schnitte)や、生クリームとチョコレートのシュヴァルツヴェルダー(Schwarzwalder)なども人気。お好みに合わせて選んでみてくださいね!

<シュヴァーネン広場店基本情報>
住所:Schwanenplatz 7
Tel:+41(0)41-227-7070
営業時間:(月−水、金)7:00〜19:00、(木)7:00〜21:00、(土)7:00〜17:30、(日)9:30〜18:00
アクセス:ルツェルン中央駅を出てカペル橋を渡り直進左手、徒歩約5分

ルツェルン市内の他店舗も少しご紹介!

ルツェルン市内の他店舗も少しご紹介!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

瀕死のライオン像方面にある新しめの店舗。他店舗と比較しても内装も大変モダンです。ベーカリーの内容が豊富な店舗で、イートインスペースもあります。湖畔でピクニックをする時などに、サンドイッチでも買いに立ち寄ってみてください!

<アルペン通り店基本情報>
住所:Alpenstrasse 9
Tel:+41(0)41-266-0330
営業時間:(月−金)7:30〜19:30、(土)7:30〜19:30、(日)9:00〜19:30

ルツェルン市内の他店舗も少しご紹介!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

駅構内だけあって、営業時間が長いのが嬉しいところ!街中で買いそびれても、電車に飛び込む前にお土産を買うことができます。商品の数はシュヴァーネン広場店よりはぐっと減りますが、人気商品ラインは売られています!

<駅構内店・基本情報>
住所:Bahnhof Luzern
Tel:+41(0)41-211-3328
営業時間:(月−金)5:45〜21:00、(土)6:00〜20:00、(日)6:30〜20:00

最後に

ルツェルン発祥の老舗チョコレート店「バッハマン」はいかがでしたでしょうか。その勢いは留まるところを知らず、事業を拡大し続ける乗りに乗ったバッハマンのチョコレート。朝早くから閉店まで大勢のお客さんが詰めかける人気ぶりです。ルツェルンに訪れた際はぜひお立ちより下さい。時間に余裕のある方は、ぜひカフェで美味しいケーキもご堪能ください!

※2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -