エア・カナダの手荷物制限は?受託手荷物のルール情報まとめ

| カナダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

エア・カナダの手荷物制限は?受託手荷物のルール情報まとめ

エア・カナダの手荷物制限は?受託手荷物のルール情報まとめ

更新日:2018/03/28 15:06

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

「エア・カナダ」は、日本とカナダを結ぶ航空会社。カナダ観光の基点となるトロントやバンクーバーへ直行便が就航しているため、気軽にカナダ旅行を叶えることができます。エア・カナダは大手航空会社ではありますが、どれくらいで荷物オーバーになるかは気になるところ。ここでは、エア・カナダの受託手荷物(航空会社に預ける荷物)の超過料金や重量制限についてお伝えします。エア・カナダの利用を検討している方は必見です!

エア・カナダでは受託手荷物は無料?

エア・カナダでは受託手荷物は無料?

提供元:エア・カナダ

https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html

エア・カナダは、日本や韓国、中国といったアジア地域と、トロントやバンクーバー、カルガリーなどのカナダの主要都市を結んでいます。日本でも親しみのある航空会社「全日本空輸(ANA)」が所属するスターアライアンスにも加盟しているため、特に日本からカナダへの旅行、そしてカナダを経由したアメリカや南米への旅行の際に利用されています。

エア・カナダの受託手荷物のルールは座席クラス、エア・カナダやスターアライアンスの会員クラスによって異なるので、事前に確認が必要です。まずは座席クラスによって預け入れることができる重量や個数を確認してみましょう。

【エコノミー、プレミアムエコノミー】
・重量:23kgまで/1個
・個数:2個まで

【ビジネスクラス】
・重量:32kgまで/1個
・個数:2個まで

上記の座席クラスに加え、エア・カナダやスターアライアンスの会員クラスに応じて、受託手荷物の追加が可能になります。対象の会員クラスに属している場合は、

・重量:32kgまで/1個
・個数:1個まで

が通常の受託手荷物に加え、無料で預け入れ可能に!

出張などで頻繁にエア・カナダを利用する人やANAをはじめとしたスターアライアンス所属の航空会社をよく利用する方で、上級会員になれば、受託手荷物は無料で3個まで預けることができます。

どれくらいの荷物をカバンに入れると有料になる?

どれくらいの荷物をカバンに入れると有料になる?

写真:LINEトラベルjp 編集部

エア・カナダでは、23kg(ビジネスクラスの場合は32kg) までの荷物を2個預け入れることができますが、重量や個数を超えてしまうと、追加料金が発生してしまいます

ところで、カナダやアメリカへの旅行に持っていく荷物は、一般的にどれくらいの重さになるでしょうか?着替えなどに加え、現地で購入するであろうお土産なども考えて、出発前に一度計算することをおすすめします。以下に一般的な荷物の重さをまとめました。

・バッグ
スーツケース5kg〜、バックパック1kg〜
・衣服
ジャケット500g〜、コート900g〜
・靴
スニーカー600g〜、サンダル350g〜
※メーカーや大きさによって異なります。

夏ならコートなども必要ないので、1週間程度のカナダ旅行は荷物も23kgに収まることも多く、追加料金は気にならないでしょう。しかし、秋から冬にかけてはコートやブーツなど、スペースがとられる着替えや靴になります。雪が降る時期にカナダに行くと、持っていく荷物も重くなってしまうので要注意。

例えば、

・ブーツを1足のみにする
・コートの数は少なくする
・肌着類は荷物に詰めずに現地で調達する

このようなちょっとした工夫で、受託手荷物に余裕を持たせるのもおすすめです。

また、持っていく着替えに加え、現地で購入するお土産も買いすぎないように気をつけましょう。カナダで人気のメープルシロップやチョコレートなどのお菓子類、お酒などを大量に購入した場合は、受託手荷物の量にも注意が必要です。下記にカナダ旅行で人気のお土産をまとめましたので、購入時は個数や重さにも気をつけてくださいね!

・メープルシロップ(容器が瓶なので注意)
・チョコレート・メープルクッキー(袋より箱がおすすめ)
・サーモン缶(小さめの缶が無難)
・ウイスキーやビール(小瓶で購入を)
・コスメ系(バラマキ用の大量購入は危険)
・雑貨や置物(小物程度はOK)

許容量を超えた場合の追加料金はいくら?

許容量を超えた場合の追加料金はいくら?

写真:LINEトラベルjp 編集部

受託手荷物が23kg(ビジネスクラスは32kg)を超えたり、預け入れる荷物の個数が3個以上になると、追加料金が発生します。いくらぐらいの追加料金が発生するか、チェックしましょう。

【重量だけ超える場合(ビジネスクラス以外)】
・23kg〜32kgまで:100カナダドル(約8000円)

【個数が増える場合(ビジネスクラス以外)】
・追加1個につき:225カナダドル(約18000円)

荷物の重さが32kg・3辺の合計の長さ(縦+横+高さ)が292cm・荷物の高さだけで203cmを超える場合は、預け入れができない場合もあるので、事前に問い合わせをしましょう。

また、ゴルフクラブや釣り用品、スキー板、スノーボードといったスポーツ用品を預け入れる場合も、出発の24時間前までに事前登録が必要になります。

機内持ち込み手荷物のルールや制限は?

機内持ち込み手荷物のルールや制限は?

提供元:エア・カナダ

https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html

エア・カナダでは、機内に手荷物1個と身の回りの品1個まで無料で持ち込むことができます。

・手荷物の重さ:自分自身で頭上の収納棚に収納できる重さ
・手荷物のサイズ:横55cm、縦40cm、高さ23cmで収納棚に入るサイズ

手荷物に関しては以上のように決まっており、これらの重量やサイズをオーバーしてしまった場合は、追加料金を支払わなければいけない場合もあるので注意が必要です。

カナダ旅行は夏と冬で荷物の量が違うので要注意!

日本やアジア各国からカナダへ直行便で行けるエア・カナダ。受託手荷物のサイズや重量に関しては座席のクラスやスターアライアンスの会員クラスによって、細かく条件が決まっています。特にコートやブーツなど、カバンのスペースがとられてしまう冬のカナダ旅行は、荷物の量には十分気をつけてください。季節に合わせて荷物の量を調整しつつ、カナダ旅行を心おきなく楽しみましょう!

※2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -