ロンドンLCC利用に空港から2分「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロンドンLCC利用に空港から2分「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」

ロンドンLCC利用に空港から2分「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」

更新日:2018/07/19 11:52

ケイコ ソリーノのプロフィール写真 ケイコ ソリーノ プーリア旅コーディネーター、チーズ教室主宰

ロンドンでLCC(格安航空会社)各社が発着するスタンステッド空港。ここからロンドン市内へアクセスする場合、通常、電車やバスで少なくても1時間かかります。深夜到着&早朝出発が多いLCC便はちょっと不安ですよね?でも、大丈夫!到着日または前泊に最適な空港すぐそばの「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」をご紹介します。
海外航空券の最安値をチェック!

LCC御用達、スタンステッド空港

ロンドン・スタンステッド空港は、イギリスのロンドン郊外にある国際空港。ロンドン市内から北東に48kmのエセックス州に位置します。LCC大手のライアンエアーやイージージェットがハブ空港とし、ヨーロッパを中心に北アフリカ、中北米など世界170の都市とロンドンを結んでいます。ロンドンの空港のなかでは、ヒースロー、ガトウィック、マンチェスターに続き4番目に忙しい空港で、2016年には約2,430万人が利用しました。

LCC御用達、スタンステッド空港

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

空港から徒歩2分、メインターミナルと通路で直結

LCCを利用するときに一番ネックとなるのが運行時間。深夜の到着&早朝の出発。安全な明るい時間帯に市内へ(から)移動したいという方は、空港近くのホテルで1泊するのが賢明。

そこで、筆者がオススメするのは空港敷地内から徒歩2分のお手軽3つ星ホテル「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」。

空港から徒歩2分、メインターミナルと通路で直結

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

スタンステッド空港は割りと小さい空港。到着ロビーを出て、敷地の端まで右方向に進み、空港の外エレベータでひとつ下の階へ下り、直結の通路を進むとホテルに到着。到着ロビーからは4分、空港敷地内からは2分です。空港からホテルまで無料のシャトルバスが出ていますが、ホテルは空港のすぐそば。利用せずに問題なく徒歩で到着できます。

便利なホテルの立地を部屋の窓から見える景色(写真)でご説明!手前から奥の順に、ホテルの駐車場、空港ターミナルと直結する白い屋根の通路、電車の線路、空港の駐車場となっています。徒歩でホテルから駅へは3分、バスターミナルへは5分。空港とロンドン市内を電車、バス、車で移動するには最適な立地です。

空港から徒歩2分、メインターミナルと通路で直結

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

深夜の到着でも安心!24時間対応の受付

ホテルは7階建て。客室は全部で188室あり、2〜7階の6フロアに展開されています。もちろん空港に近いのですべて防音仕様。驚くほど静かな室内のため「空港近くのホテルは騒音がうるさい」という概念が覆されます。

1Fには受付があり、2名のスタッフが24時間対応。チェックインは当日15時以降翌日12時のチェックアウトまでいつでも可能です。受付の横には、ラウンジ・バー(写真)と朝食用ラウンジがあり、それぞれに液晶モニターが設置されています。ここでは、空港と連動した飛行機の運行情報が一覧表示されるので、空港に行くことなく最新の情報がチェックできます。

深夜の到着でも安心!24時間対応の受付

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

スタイリッシュな客室で安眠を約束

客室はモダンでスタイリッシュなインテリアでまとめられています。設備は、冷暖房、デジタル放送付き32インチ液晶TV、無料Wi−Fi接続と基本的なものに加えて、デジタルノートパソコンが収納できるセーフティボックス、アイロン/アイロン台などの便利なアイテムも揃っています。さらに、安眠を約束してくれるエジプト綿のシーツと遮光カーテンも。

客室のなかには「滑走路ビューの部屋」もあるので、早朝の出発にあわせて明るいうちにホテルに到着する場合は、旅気分がUPする非日常のパノラマを楽しむのもよいですね!

スタイリッシュな客室で安眠を約束

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

品の良いモザイク柄が印象的なバスルームは、全室シャワーのみ。でも、たっぷりな広さのおかげで、ゆっくりとバスタイムを楽しむことができます。残りのスペースは機能的かつコンパクトにまとめられています。

スタイリッシュな客室で安眠を約束

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

客室には、コーヒーやティーパック、電気ポットとうれしい心遣いが用意されています。朝早く出発するときには目覚ましのコーヒーを一杯、夜遅く到着したときにはお茶でリラックス。旅のなかでホッとする時間を作ってはいかがですか?

スタイリッシュな客室で安眠を約束

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

朝食はブッフェで好きなだけ

「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」の朝食は、ブッフェ形式。朝からモリモリと食べて旅のエネルギーを確保しましょう!毎朝4時から11時まで1Fの朝食ラウンジでいただけます。

種類はクロワッサンや甘いパン、ベーコンやソーセージなどの肉類、フライドポテト、スクランブルエッグ、チーズにヨーグルト、フルーツ等と盛りだくさんの種類から選ぶことができます。飲み物は専用の機械でお好みのコーヒーや紅茶を自分で淹れます。しっかりと朝食を食べる日本人の私たちにはうれしいブッフェ。何回でもお代わりしてお腹を満たしてください。

ちなみに、朝食は宿泊料金に含まれています。

朝食はブッフェで好きなだけ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」のオススメポイント

なんといっても空港のメインターミナルと屋根付き通路で直結している立地の良さが魅力です。そして、安眠できる静かな客室。

LCCは安いお値段が魅力です。しかし、運行時間が早朝か深夜がほとんど。特に深夜到着した場合、疲労困憊の状態でロンドン市内へ移動して高いホテルに泊まるより、すぐに体が休まる割安な空港近くのホテルで1泊する方が節約にもなります。

ビジネス利用の方には、24時間利用できるビジネスセンターや会議室もあります。

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/10−2018/03/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -