潮の干満で海底の道が現れる?!珍しい「トンボロ」現象が見渡せる宿、西伊豆町「アクーユ三四郎」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

潮の干満で海底の道が現れる?!珍しい「トンボロ」現象が見渡せる宿、西伊豆町「アクーユ三四郎」

潮の干満で海底の道が現れる?!珍しい「トンボロ」現象が見渡せる宿、西伊豆町「アクーユ三四郎」

更新日:2015/03/23 10:03

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

普段は海ですが、干潮になると道が現れる不思議な現象「トンボロ」。干潮の時は、陸から歩いて三四郎島(さんしろうじま)まで渡ることができます。世界的にも珍しいこのトンボロ現象を、なんと窓から観察する宿があるんです。それが西伊豆町堂ヶ島にある「アクーユ三四郎」。めったに見ることが出来ない不思議な自然現象トンボロと、そんな奇想天外な眺めを、宿にいながら楽しめる「アクーユ三四郎」をご紹介します。

海に浮かぶ島

海に浮かぶ島

写真:sachie

地図を見る

西伊豆町堂ヶ島にある「アクーユ三四郎」は、世界的にも珍しいトンボロ現象が見れる宿。窓をあけると写真のような景色が、瀬浜海岸に広がります。

写真左側に写っている島は、三四郎島の一つの伝兵衛島(象島)。写真に入りきらなかったのですが、伝兵衛島の左後ろに、中ノ島・沖ノ瀬島・高島の三つの島があります。見る角度によって、島が三つに見えたり、四つに見えたりすることから「三四郎島」と呼ばれています。
その三四郎島と写真右側の瀬浜海岸の間に、干潮の時だけ道が現れるのが、トンボロ現象です。今は海ですが、干潮の時は陸続きになるので、三四郎島まで歩いて渡ることができます。

宿の部屋に居ながら、目の前で起こる自然現象に、期待に胸を膨らませながら見られますよ。

海底から現れた道

海底から現れた道

写真:sachie

地図を見る

ご覧下さい、海だった場所から道が現れました!

トンボロ現象によってできた、海の道の長さは200m。完全にできれば、幅30mの道が現れます。アクーユ三四郎の部屋からは、そんな世界的にも珍しいトンボロが真横に一望でき、時間を追って違った様子も楽しめますよ。

自然が織りなす芸術的で不思議な光景に、きっと感動してしまうことでしょう。

チャレンジしてみませんか?

チャレンジしてみませんか?

写真:sachie

地図を見る

トンボロで道が現れたら、三四郎島まで渡ってみたくなるもの。
アクーユ三四郎から、国道136号線沿いを、堂ヶ島温泉ホテルの方へ約5分歩くと、左側にトンボロの道がある瀬浜海岸へ行く道があります。
遠くから見ると歩きやすいような道ですが、近くで見ると岩が「ゴツゴツ」していて、その上、潮が引き立てで、岩にはコケなどが付いているので、とても滑り易く危険です。そのため、スニーカーなど、歩きやすい靴で訪れるのがいいでしょう。

干潮時、30cm以上潮が引くと、伝兵衛島まで足を濡らさずに渡れます。ちょっとした、冒険気分で楽しいですよ!
潮が引いたあとの水たまりには、取り残されたボラ・アゴハゼなどの魚や貝など、海の生き物が観察できるので、お子さんと一緒に自然観察してもいいかもしれませんね。

トンボロに行った後は、温泉で温まりましょう

トンボロに行った後は、温泉で温まりましょう

写真:sachie

地図を見る

トンボロを近くで見たら、温泉で温まりましょう!
お勧めなのが、ちょっとユニークな貸切露天風呂「だんがい風呂」です。だんがい風呂の奥は、洞窟のようなドーム状。そのため温泉の湯気が溜まって、自然のサウナのようで、体の芯から温まれます。温泉で日頃の疲れをとるのは、何といっても旅の醍醐味!
有料で事前予約が必要ですが、貸切でゆったり入れて、目の前に広がる三四郎島などの絶景も一人占めできますよ。

「温泉データ」
泉質:カルシウム・ナトリウム・硫酸塩温泉
   (低張性アルカリ性高温泉)
泉温:56.9度
外来入浴:なし

アクーユとは?

アクーユとは?

写真:sachie

地図を見る

こんな断崖に建つ、アクーユ三四郎。
名前の「アクーユ」とは、フランス語で「おもてなし」の意味。館内の通路はあまり段差もなく、車イスでも移動が容易です。また、塩分を控えるなどの健康に配慮した食事(要予約)の用意もされています。

全室オーシャンビューで、宿から望む絶景は、まるで旅人をもてなすかのよう。
トンボロを絶対に見たい人にお勧めな、絶好のビュースポットです。

おわりに、

トンボロの道を渡って島へ行きたい方は、下記のMEMO【堂ヶ島温泉 アクーユ三四郎】の「西伊豆町日没干潮時刻表」より事前にチェックしておくのをお勧めします。
島へ渡れるのは、あくまでも天候が良い日に限られます。

島に渡れたとしても、周りの様子を定期的にチェックして、潮が満ちてきたり、トンボロが狭くなってきたら、すぐに瀬浜海岸へ戻って下さいね。
めったに目にすることが出来ないトンボロ現象を、アクーユ三四郎でゆっくり温泉を楽しみながら、一緒に見てみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ