美しすぎるご当地グルメ「さがレトロ館」のシシリアンライス!限定イベントも

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美しすぎるご当地グルメ「さがレトロ館」のシシリアンライス!限定イベントも

美しすぎるご当地グルメ「さがレトロ館」のシシリアンライス!限定イベントも

更新日:2018/03/29 16:46

かのえ かなのプロフィール写真 かのえ かな 全国鉄道旅ただいま実行中、駅舎愛好家、マンホール愛好家

佐賀城址そばにある「さがレトロ館」。明治期の建築物で佐賀県産の食材を使った料理が味わえると人気です。中でも注目したいのが、佐賀県のご当地グルメ「シシリアンライス」!ご当地グルメと思えぬ美しさでインスタ映え必至です。

さらに、2019年1月14日までは「肥前さが幕末維新博覧会」に伴う限定イベントも開催中。人間国宝が作った器で食事できるチャンスも!さがレトロ館の見どころを余すことなく紹介します。

明治20年築、佐賀県の警察部庁舎だった建物

明治20年築、佐賀県の警察部庁舎だった建物

写真:かのえ かな

地図を見る

佐賀城址から徒歩約3分の場所にある、さがレトロ館。通り沿いに緑に囲まれたレトロな建築物が見えるので、初めて来た人でもすぐに分かります。

こちらの建物が建築されたのは、今から130年以上前の明治20年。なんと、もともとは佐賀県の警察部庁舎でした。

明治20年築、佐賀県の警察部庁舎だった建物

写真:かのえ かな

地図を見る

建物の中もレトロモダン一色。アーチ形の大きな窓からは太陽の光が差し込み、オレンジ色の照明とともに館内を優しい空気で包みます。レストランがある2階は天井が高く、開放感もバツグンです。

明治20年築、佐賀県の警察部庁舎だった建物

写真:かのえ かな

地図を見る

「肥前さが幕末維新博覧会」のイベント中は、壁に掛けられている磁器の絵画にも注目。こちらは宮内庁で保管されている有田焼の図案の複製です。こうした特別な機会でないと一般人は見ることができません。レストラン内にいくつか飾られているので、じっくり見て回りましょう。

絵画のような一皿!さがレトロ館のシシリアンライス

絵画のような一皿!さがレトロ館のシシリアンライス

写真:かのえ かな

地図を見る

さがレトロ館で特におすすめしたい食事メニューは、シシリアンライス!シシリアンライスは、昭和50年ごろから佐賀の喫茶店で見られるようになったご当地グルメです。まかない飯が原型となっています。

シシリアンライスのルールは、「ご飯に味のついた肉と生野菜をのせる」「上からマヨネーズやドレッシングをかける」だけ。それさえ守れば自由に作っていいので、お店によってその味や材料はまちまちです。

そんな中、さがレトロ館のシシリアンライスはどう発展したのかというと・・絵画のように美しい豪華な一皿になっています。

通常は白地の器に盛られるのですが、イベント中は赤濃金彩唐草 (あかだみきんさいからくさ)という有田焼で食べられます。赤と金色が映えるデザインは明治期に流行ったもの。さがレトロ館の雰囲気にピッタリですね。

絵画のような一皿!さがレトロ館のシシリアンライス

写真:かのえ かな

地図を見る

さがレトロ館のシシリアンライスがすごいのは見た目だけじゃありません。まず注目したいのが、トッピングのお肉。シシリアンライスの肉はどんな種類でもOKなのですが、さがレトロ館では佐賀牛のローストビーフを使用。ご当地グルメでブランド牛をがっつりいただくとは、何とも贅沢です。

佐賀の穏やかな気候の中で育った佐賀牛の味は濃厚。ローストビーフをひと口噛めば、その味が口の中に広がります。

絵画のような一皿!さがレトロ館のシシリアンライス

写真:かのえ かな

地図を見る

野菜は、そのときどきで一番おいしいものを厳選して使用。中でも珍しいのが、水滴がついているように見える「バラフ」という野菜です。

こちら、南アフリカ原産の植物を佐賀大学農学部が野菜として食べられるように開発したもの。アロエのように厚みのある葉っぱには水分がたっぷり。ほんのりと塩味がするので、まろやかな半熟卵を絡めて食べると相性バツグンですよ。

野菜にかかっているのは、バルサミコ酢と特製のフレンチドレッシング。バルサミコ酢の豊かな香りと酸味、そしてフレンチドレッシングの独特の甘酸っぱさがくせになります。

これは貴重!人間国宝が作った器で食後の一杯

これは貴重!人間国宝が作った器で食後の一杯

写真:かのえ かな

地図を見る

シシリアンライスにセットメニューを追加すると、デザートと食後のほうじ茶がついてきます。ほうじ茶が入っている青磁の器は、佐賀県出身の人間国宝・中島宏先生が作ったものです。

これは貴重!人間国宝が作った器で食後の一杯

写真:かのえ かな

地図を見る

いつもはショーケース越しにしか見られない、人間国宝が作った器に触れられる貴重な機会。指先や唇でその滑らかさに触れたら、今までにない感覚に驚かされること間違いなし!

こうした特別な催しには、2018年3月7日にお亡くなりになった中島宏先生への感謝の想いが込められています。こちらもイベント期間限定です。価格はセットで2,000円。佐賀牛のボリュームと貴重な器で食事できることを考えると、なかなかお得ですね。

なお、ほかのメニューでも明治期のデザインを復刻した有田焼や中島宏先生による器で食事することができますよ。

1階のショップで佐賀みやげを買おう!

1階のショップで佐賀みやげを買おう!

写真:かのえ かな

地図を見る

レストランでお腹いっぱいになったら、1階のショップにも立ち寄りましょう。佐賀県の物産品や農産品が勢ぞろいなので、おみやげを買うのにおすすめです。

1階のショップで佐賀みやげを買おう!

写真:かのえ かな

地図を見る

こちらは佐賀産の旬野菜を瓶詰にしたSaga storyのピクルス。ふるさと納税の返礼品で人気となった特産品として有名です。

ほかにも佐賀県太良町のみかん農家として有名な田島柑橘園のみかんジュースシリーズなども売られています。

1階のショップで佐賀みやげを買おう!

写真:かのえ かな

地図を見る

ショップ内にあるベーカリーコーナーも必見。佐賀県産の米を使った米粉パンは定番人気の一品。ほかにも佐賀牛が入ったカレーパンもあり、争奪戦必至です。

レトロな建築物で堪能する、佐賀県の食の旅!ぜひ、お腹を空かせて訪ねてくださいね。

さがレトロ館の基本情報

住所:佐賀県佐賀市城内2-8-8
電話番号:0952-97-9300

営業時間
レストラン
ランチ:11:00〜15:00 (OS 平日は14:00、土日祭日は14:30)
ディナー:17:30〜22:00 (OS 21:00)
ショップ・ベーカリー:10:00〜18:00

※イベント期間外はカフェあり※
11:00〜17:00 (OS 16:30)

定休日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌火曜日が休館)

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -