夜の町をそぞろ歩き!鹿児島市街は夜景巡りがおすすめ

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夜の町をそぞろ歩き!鹿児島市街は夜景巡りがおすすめ

夜の町をそぞろ歩き!鹿児島市街は夜景巡りがおすすめ

更新日:2018/07/25 18:29

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

桜島が噴火すれば市街からその噴煙がモクモクと天高く立ち上り、イガイガしたような空気が喉に刺さる。それもまた鹿児島の風情なり!見所たくさんな鹿児島観光の1日が終わり、さあ、お宿で一休み。……も良いですが、旅の名残にもう一歩きしてみませんか?!今回は、夕暮れ時からもう一観光したい人のために、鹿児島の夕景・夜景スポットをご紹介します!

駅直結!観覧車「アミュラン」から眺める夕日

駅直結!観覧車「アミュラン」から眺める夕日

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

鹿児島市街のシンボルである大観覧車・アミュランは、鹿児島中央駅直結の「アミュプラザ鹿児島」の6階から乗ることができます。通常のゴンドラだけでも迫力満点ですが、まるで空中に浮いているかの様な足元シースルーの透明観覧車は迫力+恐怖満点で、少し並んでも乗る価値ありですよ。

駅直結!観覧車「アミュラン」から眺める夕日

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

日没直前に乗れば、西の丘陵へ沈む夕日を眺めることができます。沢山の鳥たちが寝床へ向かい、夕日をバックに飛び急ぐ様は、どこか万葉の時代を彷彿とさせる趣があります。

駅直結!観覧車「アミュラン」から眺める夕日

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

翻って東を望めば、薩摩隼人が腕によりをかけて創り上げた「かごんま」の城下町を一望のもとに俯瞰し、さらにその先の桜島という、見事というより返って不釣り合いなほどに美しい町と自然の競演に心を揺さぶられることでしょう。もちろん、日が沈んだ後の鹿児島城下の夜景と、うっすらと見える、そびえ立つ桜島の構図も素敵ですよ!

<観覧車アミュランの基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市中央町1-1番地1 アミュプラザ鹿児島6階
電話番号:099-812-7700
アクセス:鹿児島中央駅直結
営業時間:10:00〜22:45

荘厳!ライトアップされた大久保利通、西郷隆盛の銅像

荘厳!ライトアップされた大久保利通、西郷隆盛の銅像

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

鹿児島市内には、歴史に名を残した薩摩出身の偉人たちの銅像が多く建立され、町中に設置されていますが、その銅像も幾つかはライトアップされています。西郷隆盛ら多くの偉人を輩出した加治屋町の南洲橋は、島津家の家紋があしらわれた燈籠が、月夜に神秘的な趣を醸しています。

<南洲橋の基本情報>
住所: 鹿児島県鹿児島市加治屋町22
アクセス:鹿児島中央駅から徒歩約10分
営業時間:通行自由・点灯は日没以降

荘厳!ライトアップされた大久保利通、西郷隆盛の銅像

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

高見橋のたもとには、「大久保利通像」がライトアップされています。維新三傑と称され、明治新政府でも中心的役割を果たした利通は、薩摩の英雄の一人と言って良いでしょう。それにしても、薩摩一国どころか、この町の界隈だけで大久保利通、西郷隆盛、大山巌、東郷平八郎といった幕末から明治期の日本を突き動かした人物を輩出しているなんて、驚きですよね!

<大久保利通像の基本情報>
住所: 鹿児島県鹿児島市西千石町1
アクセス:鹿児島中央駅から徒歩約8分
営業時間:見学自由・点灯は日没以降

荘厳!ライトアップされた大久保利通、西郷隆盛の銅像

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

維新の原動力、江戸城無血開城を成し遂げた西郷隆盛は2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公!昼間は多くの観光客で賑わう「西郷隆盛銅像」も、夜は静かにライトアップされています。照国神社や鶴丸城跡、繁華街の天文館にも近いので、夜の散歩にはうってつけの立地です。

<西郷隆盛銅像の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市城山町4-36
アクセス:鹿児島市電・朝日通駅から徒歩約5分
営業時間:見学自由・点灯は日没以降

大手門復元間近!鶴丸城跡の幽玄なるライトアップ

大手門復元間近!鶴丸城跡の幽玄なるライトアップ

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

日本100名城にも選定されている「鶴丸(鹿児島)城跡」は、現在は石垣や堀、縄張りの一部が残るのみですが、城の大手にあたる御楼門(ごろうもん)跡付近の石垣が静かにライトアップされています。

御楼門は明治初期に火災で焼失してしまいましたが、現在2020年3月の完成を目標に着々と準備が進められています。薩摩の象徴の復活が待たれますが、石垣のみが残る無骨な夜景が見られるのは今だけなんです。貴重な「御楼門跡」のライトアップを見納めしましょう。

大手門復元間近!鶴丸城跡の幽玄なるライトアップ

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

ちなみに御楼門の復元は2018年9月に着工が決まっていて、建設現場には通路が設けられ、2019年夏には完成予想図のシートが貼られ、そちらもライトアップされる予定です。足掛け三年の大事業ですが、完成が楽しみですね!

<鶴丸城(鹿児島城)跡の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市城山町7-7-2
アクセス:鹿児島市電・市役所前駅から徒歩約5分
営業時間:見学自由・点灯は日没以降

優美!城山展望台から鹿児島市内の夜景を堪能

優美!城山展望台から鹿児島市内の夜景を堪能

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

鹿児島で一番の夜景スポットといえばココ!鹿児島市街を一望できる「城山展望台」。標高107m程の小高い山で、昼間は鹿児島市街と桜島をスッポリ眺めることができます。夜でも街灯が整備され、人気の少ない展望台からキラキラ輝く鹿児島の町を独り占め(もちろんカップルで来ればムード満点!)することができますよ。

<鶴丸城(鹿児島城)跡の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市城山町22-13
アクセス:鹿児島中央駅からカゴシマシティビュー・まち巡りバスで約20分、「城山」下車すぐ
駐車場:あり(44台)
営業時間:見学自由

鹿児島観光は日中だけじゃもったいない!

鹿児島市街の夕景・夜景は、大掛かりな照明や仕掛けがあるわけではありませんが、ツウな人を唸らせる、おしとやかでツボを押さえたライトアップが楽しめます。鹿児島市内に宿泊する機会があったら、ぜひ鹿児島夜巡りをお楽しみください!

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -