横浜「港北ニュータウン」で絶景!北山田のツツジがすごい!

横浜「港北ニュータウン」で絶景!北山田のツツジがすごい!

更新日:2019/04/16 11:19

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨
横浜市都筑区の「港北ニュータウン」、その北部に「北山田」という町があるのですが、そこにツツジが圧巻の景観を見せてくれるところがあります。初夏の青空を背景に見るツツジは息をのむほどの素晴らしさ。住宅街の中ですが、街並みそのものも美しく、これはもはや絶景!風薫る季節、ツツジの咲く景観を楽しみに、「港北ニュータウン」を訪ねてみませんか。

何と言っても「光の階段」のツツジが絶景!

何と言っても「光の階段」のツツジが絶景!

写真:沢原 馨

地図を見る

横浜市営地下鉄グリーンラインの「北山田」駅を降りると、「港北ニュータウン」の北部に位置する「北山田」の町。駅から北へ向かって「夢逢歩道橋」を渡ると、大きな階段が出迎えてくれます。4月下旬から5月初めに訪れると、この階段の光景に目を奪われます。階段の設けられた斜面を覆い尽くして、ツツジが咲き誇っているのです。

何と言っても「光の階段」のツツジが絶景!

写真:沢原 馨

地図を見る

この階段は駅周辺と一段高くなった北側を繋ぎ、「光の階段」と名付けられています。斜面の中央に真っ直ぐに階段が上り、その両脇は「花のカスケード」。この「花のカスケード」にツツジが植え込まれていて、圧巻の景観を見せてくれるのです。「花のカスケード」を下から見上げれば初夏の青空を背景にツツジが鮮やかに陽光を浴びて、これはもう“絶景”と言っていい美しさです。

何と言っても「光の階段」のツツジが絶景!

写真:沢原 馨

地図を見る

「花のカスケード」の中にも折れ曲がりながら階段が上っていますから、いろいろな角度からツツジの咲く景観を楽しむことができます。階段の上から見下ろせば、ツツジに覆われた「花のカスケード」の向こうに北山田の町が広がります。木々の緑とツツジの色彩のコントラストも美しく、爽快感に溢れ、素晴らしい景観です。

「横浜国際プール」敷地内のツツジも美しい!

「横浜国際プール」敷地内のツツジも美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「光の階段」を上がった先には「横浜国際プール」が設けられています。「横浜国際プール」は平成10年(1998年)に完成し、同年に開催された「かながわ・ゆめ国体」の会場として使われました。その「横浜国際プール」の敷地内にもツツジの植え込みが設けられていて、これも見事な景観で楽しませてくれます。

「横浜国際プール」敷地内のツツジも美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「横浜国際プール」の建物はデザインも美しく、咲き誇るツツジとのコラボレーションがなかなかフォトジェニックです。見る位置や角度によってさまざまな表情を見せてくれて、ついつい何枚も写真を撮りたくなってしまいますよ。

「横浜国際プール」敷地内のツツジも美しい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「横浜国際プール」の敷地の西側には緑地が設けられています。「港北ニュータウン」として造成される前の風景を彷彿とさせる緑地です。斜面林や竹林の中を遊歩道が辿り、のんびりと散策を楽しむことができます。散策の足を延ばしてみましょう。

隣接する公園や緑道も訪ねてみよう

隣接する公園や緑道も訪ねてみよう

写真:沢原 馨

地図を見る

「横浜国際プール」の西側には、道路を挟んで「山田富士公園」という公園が隣接しています。その名が示すように、「山田富士」という富士塚が残された公園ですが、開放感のある広場も設けられていて、地元の人たちの憩いの場になっています。せっかくですから「山田富士公園」にも立ち寄ってみましょう。富士塚も見学しておきましょうね。

隣接する公園や緑道も訪ねてみよう

写真:沢原 馨

地図を見る

北山田駅と「横浜国際プール」とを繋ぐ「夢逢歩道橋」の下には、「ふじやとのみち」と名付けられた緑道も通っています。「港北ニュータウン」には住宅街の中を縫うように、こうしていくつかの緑道が辿っているのです。

「ふじやとのみち」は「山田富士公園」や「徳生公園」といった近隣の公園を繋いで住宅街の中を延びています。地図を見ながら公園巡りを楽しむのもいいものです。住宅街の中なのに、溢れるほどの緑に包まれて散策を楽しむことができます。「ふじやとのみち」の木々も新緑に輝いています。少し歩いてみるのもお勧めですよ。

「山田」は「やまた」、「やまだ」ではない

「山田」は「やまた」、「やまだ」ではない

写真:沢原 馨

地図を見る

ところで、「北山田」や「山田富士公園」などの名にある「山田」、この辺りの古くからの地名なのですが、「やまだ(yamada)」ではなく「やまた(yamata)」と読みます。

昔、この辺りは「山田村」でした。明治22年(1889年)、町村制の施行に伴って近隣の勝田村、牛久保村、茅ヶ崎村、大棚村と合併し、中川村となり、その中川村は昭和14年(1939年)に横浜市に編入されました。現在は横浜市都筑区に属し、「港北ニュータウン」の住宅街となって「北山田○丁目」や「南山田○丁目」、「東山田○丁目」などの町名が設けられています。町を散策していると、古い時代の名残を見つけることもできますよ。

ちなみに、「港北ニュータウン」の計画が発表されたのは昭和40年(1965年)のことで、現在の横浜市港北区、都筑区、緑区、青葉区は、当時すべて「港北区」でした。だから「港北ニュータウン」なのですね。

新緑の美しい季節、「港北ニュータウン」散歩を楽しもう

新緑の美しい季節、「港北ニュータウン」散歩を楽しもう

写真:沢原 馨

地図を見る

「港北ニュータウン」には多くの緑道や公園が設けられ、街並みも美しく、散策に訪れても充分に楽しいのです。特に新緑とツツジの季節はお勧め。観光名所の喧噪を避けて、時にはニュータウンの公園巡りを楽しむのもいいものですよ。

ただし、あくまで住宅街。観光地や景勝地ではありません。散策を楽しむときには暮らしている方々の迷惑にならないよう、くれぐれも気をつけましょうね。

横浜市都筑区北山田の基本情報

住所:神奈川県横浜市都筑区北山田
アクセス:横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田」駅

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -