ラオス・パクセーからパースワム滝とKATOO族を訪ねよう

| ラオス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

南ラオス・パクセーから約30km東に位置するボーラベーン高原付近は、ラオスでも避暑地と呼べる地域です。この付近は日本ではあまり知られていませんが、タイや特に欧米から多くの観光客が来る人気の場所です。

一帯は多くの滝があることで知られますが、特に観光に適しているのがパースワム滝。なぜなら滝を楽しむだけではなく、KATOO(カトー)族が実際に暮らしている村があり、一緒に写真撮影も可能なのです!

滝付近のお土産、ローカルグルメ

滝付近のお土産、ローカルグルメ

写真:大里 康正

地図を見る

パクセーから16号線を東に進んで約20kmで左折し、20号線を約13km進むと見えて来るのがパースワム滝の案内です。村まではバスやタクシーその他、様々な交通手段があります。付近は既に標高1000mから1200mとなり、パクセー市街地から来れば涼しく感じられるかも知れません。

広い駐車場からすぐに見えて来るのが、様々な物品を販売している通りです。

滝付近のお土産、ローカルグルメ

写真:大里 康正

地図を見る

多数の民芸品が並びますが、これは何だろうと思ったら聞いてみて下さい。では言葉は?現地の言葉が分からなくても、指させば動作でどういうものかを教えてもらうことが出来ます。また、観光地ですので人によっては多少の英語も可能です。

滝付近のお土産、ローカルグルメ

写真:大里 康正

地図を見る

食べ物では焼きトウモロコシやナッツ類が多く売られていますが、中には蜂の子等も。珍しい物に挑戦してみたい方はぜひ、試してみて下さい。

蔓と竹で出来た橋を渡りパースワム滝へ

蔓と竹で出来た橋を渡りパースワム滝へ

写真:大里 康正

地図を見る

駐車場から見てお土産や民芸品の通りを直線的に進むと、左側にパースワム滝の入口が見えてきますが滝の手前にあるのがこちらの橋。ここを渡らないと滝に行くことはできません。

見た目は頼りなく見えるかも知れませんが、とてもしっかりとした作り。蔓と竹を組み合わせて作られていますので問題ありません。

多少揺れることは仕方がありませんので、これを観光の思い出にして下さい。

蔓と竹で出来た橋を渡りパースワム滝へ

写真:大里 康正

地図を見る

橋を渡り左折すると見えて来るパースワム滝。水量は季節によって大きく変動しますが、その独特の地形からラオスのナイアガラと言う人も。

蔓と竹で出来た橋を渡りパースワム滝へ

写真:大里 康正

地図を見る

高原地帯とはいえ南国のラオス。迫力ある水音を聞きながら涼んでみましょう。

KATOO族の村に進む

KATOO族の村に進む

写真:大里 康正

地図を見る

再び橋を渡り、来た道を戻って今度は左折し竹林に沿って進みましょう。その先に民族村があります。

KATOO族の村に進む

写真:大里 康正

地図を見る

実はこの付近は1999年からプロジェクト的に開発された経緯があります。タイ人のVimol Kitbumroong氏が中心となり地域開発が進められ、翌年にオープンしました。

開発当時は道路がまともにない状態で、象の力を借りながら土木工事をしたのですが、今ではタイからのバスツアーもあり、欧米からも多くの観光客が来る有名観光地なのです。

KATOO族の村に進む

写真:大里 康正

地図を見る

村の中にはKATOO族の民俗資料館があり、無料で見学することが出来ますのでこちらにも足を運んでみましょう。

手作りの団扇

手作りの団扇

写真:大里 康正

地図を見る

村人は実際にこの地に住んでいる人たちと、観光用に他所からやってくる人たちが混在した状態です。それでも年長の女性たちの耳たぶに注目してみましょう。現地の人であることが分かるのでは。

また、村の中を歩いていると洗濯物が干してある等、生活感が感じられる場所もあります。興味のある方はゆっくりと散策してみて下さい。

手作りの団扇

写真:大里 康正

地図を見る

村で販売されている団扇。全て手作りですが日本円にして70円程度。美しい上にとても丈夫な作りとなっていますので、ぜひお土産にどうぞ。

手作りの団扇

写真:大里 康正

地図を見る

また、日本の三味線のような楽器も販売されていますので、興味のある方は足を止めてみて下さい。

かわいい村の子供たち

かわいい村の子供たち

写真:大里 康正

地図を見る

村では多くの子供たちに出会えるかも知れません。

かわいい村の子供たち

写真:大里 康正

地図を見る

特に現地の祝祭日ともなれば、多くの子供たちが遊んでいます。

かわいい村の子供たち

写真:大里 康正

地図を見る

とてもかわいく、愛嬌がある子供たちと一緒に楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

パースワム滝とKATOO族の基本情報

住所:Champasak province, Southern Laos
アクセス:パクセー市内から車で約40分

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -