定番なのに新スポット!神戸の空に浮かぶカフェ「The Veranda at Kobe」

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

定番なのに新スポット!神戸の空に浮かぶカフェ「The Veranda at Kobe」

定番なのに新スポット!神戸の空に浮かぶカフェ「The Veranda at Kobe」

更新日:2018/04/23 16:27

潮 佳澄のプロフィール写真 潮 佳澄 司書

「The Veranda at Kobe」は、2018年4月7日に「神戸布引ハーブ園」の園内にオープンしたカフェ&テラスです。神戸の街を一望できる定番観光スポットとして有名な「神戸布引ハーブ園」に生まれた新スポットとハーブ園の魅力をあわせて紹介します。

空に向かうベンチが心地いいテラス

空に向かうベンチが心地いいテラス

写真:潮 佳澄

地図を見る

「The Veranda at Kobe」(ザ・ヴェランダ神戸)へは「神戸布引ロープウェイ」を利用して「神戸布引ハーブ園」を目指します。ロープウェイでの移動を含め、各線三ノ宮駅からおよそ20分ほどと観光エリアの中心部からのアクセスも良好。

園内の中腹、グラスハウスエリアにオープンした「The Veranda at Kobe」は、1Fが開放的なテラス席、2Fがカフェラウンジとなっています。テラス席では空に向かうように置かれているベンチもあり、神戸の街を眺めながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

空に向かうベンチが心地いいテラス

提供元:神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

http://www.kobeherb.com/地図を見る

テラス席にはハーブ園でしか味わえないグルメもあります。かぼちゃとローズマリーが使われたバンズで国産牛100%のパテが挟まれた「布引ハーブバーガー」、上質なカスタードクリームと季節のフルーツで仕上げられたスイーツ「サヴァラン」やハーブティーといったメニューを開放的なテラスでいただけます。

「神戸布引ハーブ園」からの眺望は神戸港を一望する風景としても広く知られています。フランス・カナダ合作の映画『メモリーズ・コーナー』、朝の連続テレビ小説『わかば』のオープニングなど、三ノ宮の中心街からポートアイランド・神戸港まで望む景観はロケ地・フォトスポットとして神戸の代表する風景です。

贅沢な至福の時間が過ごせる2階カフェラウンジ

贅沢な至福の時間が過ごせる2階カフェラウンジ

提供元:神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

http://www.kobeherb.com/地図を見る

「The Veranda at Kobe」2Fのカフェラウンジは、クラッシックな洋館の雰囲気の中、眺望を楽しめる大きな窓からの温かな日差しが差し込み、優雅なティータイムを過ごせます。天井にはドライハーブをイメージしたシャンデリアが柔らかな光をたたえ、ハーブの瓶が並ぶワインセラーならぬハーブセラーも!神戸らしい空間が広がるラウンジとなっています。

贅沢な至福の時間が過ごせる2階カフェラウンジ

写真:潮 佳澄

地図を見る

複数の茶葉をブレンドした12種のオリジナルブレンドハーブティーは、それぞれに「リラックス」「ビューティー」「エナジー」などの種類分けがされていて、その日の気分や体調に合う1杯を選ぶ楽しみがあります。一部はKOBE HERB GARDENS Originalのハーブティーとしてロープウェイ降り場近くのショップで購入もできるので、気に入った茶葉をお土産にもできます。

季節ごとにメニューが変わる「季節のクリエーション」(価格:1,200円)は、見た目にも可愛く、ハーブティーとの相性がいい一皿。神戸の街を眺めながら、ハーブティーやスイーツを楽しむ昼下がりの午後…至福の時間を過ごすことができます。

四季折々の香りと色に包まれる「神戸布引ハーブ園」

四季折々の香りと色に包まれる「神戸布引ハーブ園」

提供元:神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

http://www.kobeherb.com/地図を見る

「神戸布引ハーブ園」が定番の観光スポットとされるのは、景観とあわせて他にも魅力があるからです。約200種7万5000株のハーブを有する日本最大級のハーブ園であり、園内にはテーマの異なる12のハーブガーデンが広がります。

中でもハーブ園のシンボルとも言える八角形のグラスハウス(温室)は、スパイスや果実などの熱帯性植物が中心となっていて、刺激的な香りに包まれます。園内は歩いているだけでも様々な香りが漂ってきますが、グラスハウスでは花びらのようなデザインの天井から降りそそぐ光を浴びて、鮮やかな色合いの花々を目で楽しむこともできます。

四季折々の香りと色に包まれる「神戸布引ハーブ園」

写真:潮 佳澄

地図を見る

神戸の都心部の近くにありながら、六甲山系の豊かな緑に囲まれているため、四季折々の景色を見れるのも魅力のうちです。例年、5月下旬〜7月上旬までは紫色のラベンダーが風に揺られ、摘み取りイベントも開催されています。

ロープウェイを降りてすぐに目に飛び込んでくる展望プラザのウェルカムガーデンでは、訪れた季節に咲き誇る花々が迎えてくれます。ロープウェイを降りてドイツの古城「ヴァルトブルク城」をモチーフとする広場に降り立つとヨーロッパの庭園を訪れているような世界に引き込まれていきます。

香りで暮らしを鮮やかに

香りで暮らしを鮮やかに

写真:潮 佳澄

地図を見る

来場者からの要望などを受けて開発されたハーブ園のオリジナルブランド「KOBE HERB GARDENS Original」。"香りで暮らしを鮮やかに"をテーマとしてハーブティーやスキンケアグッズ、ルームスプレーなどが販売されています。

開発にはスタッフ約100人が関わり、植物の精油の配合量にこだわって香りの微妙なバランスを何度も試して作られたそう。お土産としても人気が高く、山頂ショップ(展望レストハウス1F)「ハーバルマーケット」と山麓ショップ(ハーブ園山麓駅4F)で購入することができます。

ハーブの香りがあふれる神戸布引ハーブ園。景色とハーブの両方を堪能できる新スポット「The Veranda at Kobe」で過ごせる優雅な時間は格別です。新しくなったハーブ園にぜひ足を運んでみて。

神戸布引ハーブ園「The Veranda at Kobe」の基本情報

住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
アクセス:
各線三ノ宮駅から市バス(2.18.90.92系統)「布引」下車
もしくは市バス(64系統)「新神戸駅前」下車
神戸市営地下鉄「新神戸」下車
いずれも下車後徒歩5分、「神戸布引ロープウェイ」に乗車
各線三ノ宮駅からの所要時間は20分程度

ハーブ園営業時間:10:00〜17:00
ロープウェイ運行時間:9:30〜16:45
※季節により異なるため必ず公式HPを確認するか問い合わせ
問い合わせ電話番号:078-271-1160

The Veranda at Kobe営業時間:10:30〜16:30 ( 2FのみL.O. 16:00 )

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -