VIPはキッズ!レゴランド・ジャパン・ホテルの本気を見よ

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

VIPはキッズ!レゴランド・ジャパン・ホテルの本気を見よ

VIPはキッズ!レゴランド・ジャパン・ホテルの本気を見よ

更新日:2018/04/25 18:48

一番ヶ瀬 絵梨子のプロフィール写真 一番ヶ瀬 絵梨子 名古屋フカボリライター、格安子連れトラベラー、レゴランド・ジャパン愛好家

2018年4月28日、レゴランド・ジャパン・ホテルがグランドオープンします。2〜12歳がターゲットのレゴランド・ジャパンの前に誕生するホテルですから、もちろん主役は子ども。レストランも水遊び場も、徹底的に子ども仕様です。「お子さまはVIP」というコンセプトがどれほど追求されているのか、その本気ぶりをご紹介しましょう。

レゴの世界へ、ようこそ!

レゴの世界へ、ようこそ!

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

レゴランド・ジャパン・ホテルは、まるでレゴブロックで組み立てたかのようなポップな建物。キッズ仕様の客室があるホテルはあっても、外観までかわいいホテルはまずありません。夢の時間が始まるという、子どもたちの期待が高まること間違いなし!

子ども目線で作られた客室のヒミツ

子ども目線で作られた客室のヒミツ

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

レゴランド・ジャパン・ホテルの客室は、レゴランド・ジャパン内のエリアやアトラクションに対応した5つのテーマに分かれており、それぞれの世界観を満喫することができます。
客室についての詳細は関連MEMOにある別のガイド記事をご覧いただくとして、ここではいかに子ども目線であるかをご紹介しましょう。

まずは、独立した子ども用のベッドルームがあること。大人用のメインベッドルームからは見えない、秘密基地のような部屋になっています(※)。そして、プレミアムプラス以上の客室にあるエキストラベッドは、二段ベッドの下から引っ張り出す仕組み。子どもにとっては、普通のエキストラベッドと比べて何倍も興奮することでしょう。

※ドアはないので、子どもの声はよく聞こえます。また、ベッドに使われている木材はすべて面取りしてあるなど、安全には考慮されています。

子ども目線で作られた客室のヒミツ

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

一部のスイートでは、子ども用のベッドルームのほかに、さらに子ども部屋があります。1つの客室に子ども部屋が2つもあるなんて、なんというVIP待遇!ここには大きなビーズクッションが2個ありますので、親子で一緒に寛ぐのもいいですね。

子ども目線で作られた客室のヒミツ

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

こちらは客室のドアですが、よく見ると低い位置にものぞき穴がついているのがおわかりでしょうか。大人のマネをしたい!という、子ども心をくすぐるのは確実ですね。部屋の中と外で親子で遊ぶときは、鍵を持っておくのをお忘れなく。

パークではできない、特別な体験

パークではできない、特別な体験

提供元:レゴランド・ジャパン・リゾート

https://www.legoland.jp/地図を見る

レゴランド・ジャパンの前にあり、シーライフ名古屋も併設されているレゴランド・ジャパン・ホテルですが、ホテル内にも遊び場があります。

こちらは、レゴブロックを使ったワークショップ。レゴランド・ジャパンでも人気の講座ですが、ホテルでは宿泊者専用のプログラムがあります。パークとホテルで2回楽しむか、パークでは遊園地的なアトラクションに思いっきり時間を割くか、どちらにしますか?

パークではできない、特別な体験

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

通年で利用できるウォーター・プレイ・エリアは、やわらかい素材でできたソフトブロックがたくさん浮いていてとてもカラフル。屋内にある水深約60pの水遊び場なので、小さな子どもがあまり疲れずに遊べるのもありがたいですね。

レストランでも、子どものワクワクが止まらない

レストランでも、子どものワクワクが止まらない

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

お昼と夜に営業する「スカイライン・バー」は、地産地消の食材を使ったお料理やカラフルなカクテルを楽しめるレストラン。カクテルにはノンアルコールもあり、子どもが少し大人の気分を味わうこともできますよ。

そして写真は、「オーストラリア産アンガスビーフ フィレ肉のポワレ Ninjaスタイル・煙のマジック」。蓋を開けるとスモークの香りが付いた煙がふわっと立ちのぼる演出で、思わず歓声があがります。手裏剣型のパイも刺さっていますので、レゴニンジャゴー好きのお子様には特にオススメ!

レストランでも、子どものワクワクが止まらない

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

朝と夜に営業するブッフェレストラン「ブリックス・ファミリー・レストラン」には、子どもが自分で料理を取れるよう、高さ60pのブッフェ台が用意されています。

そして、朝夜ともに提供されるのがこの「LEGOポテト」。レゴランド・ジャパン内で行列ができることもある人気商品が食べ放題とは、子どもたちの笑顔が目に浮かびますね。さらに、星形のポテトもありますよ。

レストランでも、子どものワクワクが止まらない

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

「ブリックス・ファミリー・レストラン」には、自分で巻けるソフトクリームなど子どもが「作る楽しみ」を味わえるデザートが揃います。朝食ブッフェには自分でデコレーションできるドーナツ、ディナーブッフェにはチョコレートファウンテンが登場。もちろん、大人が嬉しいフルーツやケーキもあります。

エレベーターの中でも、夢から覚めない!

エレベーターの中でも、夢から覚めない!

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

レゴランド・ジャパン・ホテルの内部は隅から隅までレゴ仕様。エレベーターホールも、床だけでなくエレベーターのドアにまでレゴブロックが描かれて、壁にはレゴモデル(レゴで作った作品)がディスプレイされています。

エレベーターの中でも、夢から覚めない!

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

さらに、エレベーターに乗ってもビックリ!壁にはレゴのキャラクターが描かれ、ミラーボールがまわって楽しい音楽が流れるのです。一瞬たりとも夢から覚めさせないぞという、強い意志が感じられますね。

エレベーターの中でも、夢から覚めない!

写真:一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

もちろん、エレベーターホールから客室に行くまでの廊下も、テーマに沿ったデザインになっています。ドアの前に到着する時には、子どもたちの気分は最高潮になっているはず!

家族の特別な1日を、レゴランド・ジャパン・ホテルで

徹底してレゴブロックの世界に浸れる、レゴランド・ジャパン・ホテル。「子どもには贅沢すぎるかも…」と、親としては少し心配になるかもしれませんが、ここでの滞在は特別すぎるほど特別な1日。そして、この世界観を家族全員で思いっきり楽しめるのは、おそらくそれほど長い期間ではないはずです。「連れて行ってあげたいな、喜ぶだろうな」と思ったら、今が絶好のタイミングかもしれませんよ。

(C)2018 The LEGO Group.

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -