海まで徒歩30秒!?「風来望」は天草の自然を満喫できる宿泊施設

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海まで徒歩30秒!?「風来望」は天草の自然を満喫できる宿泊施設

海まで徒歩30秒!?「風来望」は天草の自然を満喫できる宿泊施設

更新日:2018/05/28 09:24

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

熊本県は天草、その西端に位置する大きな島が下島です。下島より西側には大きな島がないため、その西海岸からは美しい夕景が楽しめることでも有名。

今回はそんな天草下島の豊かな自然を満喫しながら宿泊できる施設「風来望」をご紹介します。ドミトリーから貸切バンガローまであるので、一人旅でも家族旅行でも充実の滞在になること間違いなしですよ。

「風来望」ってどんな宿泊施設?

「風来望」ってどんな宿泊施設?

写真:岡本 大樹

地図を見る

天草半島の西の端、下島の西海岸にはとてもきれいな海が広がっており、水平線に沈む夕陽を眺められる自然豊かなスポット。

そんな良いロケーションで、海にとても近く開放的な気分を満喫できる宿泊施設が今回ご紹介する「風来望(ふうらいぼう)」です。

「風来望」ってどんな宿泊施設?

写真:岡本 大樹

地図を見る

元々はバックパッカーズという名前だった「風来望」ですが、2016年に正式名称を「天草西海岸ホリデーパーク風来望」に変更しました。

ホリデーパーク、と聞いてもあまりピンとこない方が多いと思いますが、これはニュージーランドではとてもポピュラーな施設。バックパッカーズやゲストハウスといった安く利用できる宿泊スペースに加え、テントやキャンピングカーでも泊まることができるものを指しています。

日本で言えば、最も近いのはキャンプ場ですね。手軽に宿泊でき、屋外バーベキューなどアウトドアも同時に楽しめるのが魅力となっています。

「風来望」がなぜそんな名前にしたかというと、こちらのオーナーさん夫妻はニュージーランドのホリデーパークで長期滞在した経験があり、その様式を日本の天草で再現しているため。

「風来望」ってどんな宿泊施設?

写真:岡本 大樹

地図を見る

そんなホリデーパークのスタイルなので、「風来望」は一人旅から子連れの家族旅行まで、様々な旅のスタイルで楽しむことができる宿なのです。

宿泊料金もかなりリーズナブルなので、気軽に泊まることができるのに、夕方には宿から夕焼けを楽しむことができ、朝起きて5秒後には海を眺めることも可能だという、まさに楽園のような場所です。

では、そんな「風来望」の特徴を一つずつご紹介していきましょう。

一人旅から家族旅行まで対応できる様々な部屋タイプ

一人旅から家族旅行まで対応できる様々な部屋タイプ

写真:岡本 大樹

地図を見る

選べる部屋タイプがいくつもあるので、旅のスタイルやグループの人数など用途によって最適なものを選びましょう。

最も安く泊まれるドミトリータイプ、子供連れの家族やグループ旅に利用しやすいプライベートルームや別棟のバンガロータイプもあれば、他にも海岸そばの芝生部分はキャンプサイトになっており、RVパークもあるのでキャンピングカーで泊まることもできます。

一人旅から家族旅行まで対応できる様々な部屋タイプ

写真:岡本 大樹

地図を見る

なお、こちらはミックスドミトリーの部屋から見た外の景色です。ベッドの場所によっては、起きて前を向いたらもう東シナ海が見えているという、海好きの人にとっては最高の寝床と言えるでしょう。

一人旅から家族旅行まで対応できる様々な部屋タイプ

写真:岡本 大樹

地図を見る

女性専用ドミトリーも一室あるので、女性の一人旅でも気軽に利用することができますし、グループでの宿泊の場合はその部屋をプライベートとして使うことも可能。また別棟のHutというバンガロー(写真)をグループで貸し切るという利用法もあります。

もちろんこのHutも入り口から正面に海が見えていますよ。それぞれの部屋の詳細は下記リンクの公式ページに載っていますので、そちらをご参照ください。

ウッドデッキは最高のロケーション

ウッドデッキは最高のロケーション

写真:岡本 大樹

地図を見る

共用スペースにも滞在を快適にしてくれる設備が並びます。芝生ゾーンにはウッドデッキが建てられており、ハンモックに揺られながらの優雅な時間を過ごすのもオススメです。

また4月から10月まではこのウッドデッキで朝食を食べることができます。その他、夏の夜にはバーベキューの用意も。

宿のオーナーさんが自ら釣った魚であったり、天草の名産である天草ポークや車海老など、地元のものをいただけるので宿泊のタイミングが合っているなら、そちらも要チェックです。(メニューの確認や予約は下記リンクより)

ウッドデッキは最高のロケーション

写真:岡本 大樹

地図を見る

ウッドデッキの先は海…ということは、そうです、ウッドデッキから夕焼けを見ることもできるのです!

天草下島の西海岸は夕陽の名所が多いことでも有名で、天草夕陽八景なるものまで選定されています。さすがにこの場所がその内の一つという訳ではありませんが、宿から見る夕焼けも本当に美しいですよ。

宿泊の際は夕方までに帰ってきて、ここで夜を待つことをオススメします。

キッチンやリビングも快適空間

キッチンやリビングも快適空間

写真:岡本 大樹

地図を見る

こちらはキッチンとリビングです。キッチンには調理道具が一通り揃っているので、食材を買ってきておけばここで自炊もできますよ。宿の周辺にはスーパーやレストランどころかコンビニすらないので、宿の食事を摂らない場合はしっかり準備しておきましょう。

リビングは全体的にウッド調で爽やかな風が通り、とても過ごしやすい空間で、大きな一枚板のテーブルなどセンスの光る調度品が並びます。なお、こちらは宿泊客の談話室としても使われるスペース。

前述の通り様々なタイプのゲストが集まる場所となるので、日によってその雰囲気は変わりますが、旅の情報交換をするのに最適な場所でもあります。もちろん無理に参加することはありませんが、旅のヒントが得られるかもしれませんので、ぜひコミュニケーションをとってみましょう。

キッチンやリビングも快適空間

写真:岡本 大樹

地図を見る

他にも宿の中にはレトロなミシンや薪ストーブもあり、情緒満点です。

キッチンやリビングも快適空間

写真:岡本 大樹

地図を見る

アウトドア派に嬉しいウッドデッキですが、インドア派の方はこういった内部の細かい部分にも注目してみると、さらに滞在を楽しむことができますよ。

天草の自然に囲まれる滞在は「風来望」で!

天草諸島の中でも西側に位置し、透明度の高い海や水平線に沈んでいく夕陽など、豊かな自然を満喫できる下島。そんな下島の中でも特にロケーションが素晴らしい宿泊施設が「風来望」です。自然豊かなだけあり不便な点もありますが、その分ゆったり過ごすことができますよ。

カヤックやSUPなどのアクティビティも用意されているので、マリンレジャーを楽しむ場所としても最適ですよ。ぜひ「風来望」で、天草の自然に囲まれた贅沢な滞在を堪能してみてください。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/27−2018/03/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -