天国or地獄?タイ北部、プレーとナーンで激辛ふりかけとカフェスイーツに酔いしれる

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

天国or地獄?タイ北部、プレーとナーンで激辛ふりかけとカフェスイーツに酔いしれる

天国or地獄?タイ北部、プレーとナーンで激辛ふりかけとカフェスイーツに酔いしれる

更新日:2018/04/13 09:46

松田 朝子のプロフィール写真 松田 朝子 トラベルジャーナリスト、ライター

グリーンカレーやトムヤンクンなど、昨今、日本でもタイ料理はすっかり浸透した感じですね。でも、タイの秘境とも言われるプレー県、ナーン県では、日本ではもちろん、バンコクあたりでもお目にかかれないような料理に遭遇します。ランナー王朝時代の宮廷料理がルーツという、タイ北部料理は、地元産の野菜やハーブをふんだんに使っていて、ヘルシー、そしてスパイシー!こんなタイ知らなかった!と叫びながら食べタイですね。

プレー県の激辛はどれだ?カレーつけ麺、カノムチーンでロシアンルーレット

プレー県の激辛はどれだ?カレーつけ麺、カノムチーンでロシアンルーレット

写真:松田 朝子

地図を見る

タイ料理が好き、という人にも、あまり知られていないのがカノムチーン。プレーで一押しのカノムチーンは、Pan Chaiというレストランで食べることができます。店は山小屋風になっていて、庭に面した2階席が快適です。カノムチーンとは、一言でいうと「カレーつけ麺」ですが、これをオーダーすると、テーブルに様々な小皿や小鉢が並びます。どうやって食べるか一瞬戸惑いますが、ここではタイ語と英語で書かれたマニュアルが用意されているので安心。

プレー県の激辛はどれだ?カレーつけ麺、カノムチーンでロシアンルーレット

写真:松田 朝子

地図を見る

メインはそうめんのようなライスヌードル。1口分くらいが小さく巻いてあります。マニュアルに従うと、まずヌードルに刻んだ漬物、唐辛子のふりかけなどのトッピングをかけます。その次に、カレーをかけます。カレーは、フィッシュカレーやグリーンカレーなど、4種ほどが出てきます。さらに大皿に盛られた野菜を好きなだけ取って、全部混ぜ合わせます。この時、麺はスプーンでブツブツと切ります。すすって食べるわけではないので、麺を食べている感じはあまりないでしょう。

プレー県の激辛はどれだ?カレーつけ麺、カノムチーンでロシアンルーレット

写真:松田 朝子

地図を見る

カレー自体はそれほど辛くはないので、辛いものが苦手な人でも大丈夫。反対に辛くしたい場合は、調味料の中にあるふりかけ風の唐辛子、「プリックナムヨーイ」をお勧めします。この調味料、写真のように、他の料理と並んでしれっと置いてありますが、辛いものが苦手な人にとっては地雷級の辛さなのでご注意を。唐辛子、にんにく、レッドオニオン、エビなどをドライにしたこの調味料は、プレーの名産。マーケットなどでは大袋に入って売られています。でも激辛が好きな人は、多すぎる量ではないはず。カノムチーンのみならず、豆腐や卵かけご飯にかけても辛くおいしくいただけます。

<基本情報>
住所:2 Wira Alley, Tambon Nai Wiang, Amphoe Mueang Phrae, Chang Wat Phrae 54000 Thailand
電話番号:+66-54-620-727

色が変わる!フォトジェニックなバタフライピーのカフェメニュー

色が変わる!フォトジェニックなバタフライピーのカフェメニュー

写真:松田 朝子

地図を見る

藍染めの町プレーにふさわしいのは、インディゴ・ハウス・ホテル1階のカフェ。ブルーが基調の店内は、モザイクタイルのフロアも藍染め風。ここでは、青いカフェラテや、パープルのソーダなどが楽しめます。といっても、藍で染めているわけではありません。

色が変わる!フォトジェニックなバタフライピーのカフェメニュー

写真:松田 朝子

地図を見る

ブルーは、バタフライピーというタイ北部原産のハーブからの色。バタフライピーは紫色の小さな花で、蝶のような形をしています。お湯を注ぐと青い色になりますが、そこにレモンなどの酸と合わせると紫色に変わります。味は、ほのかに豆っぽい味がしますがほとんど無味。なので、甘味を入れたり、ミルクやソーダなどで割ったりしていただきます。

色が変わる!フォトジェニックなバタフライピーのカフェメニュー

写真:松田 朝子

地図を見る

綺麗な色のドリンクはSNSでも話題になりましたが、バタフライピーはビジュアルだけでなく、抗酸化作用があり、美肌効果や眼精疲労の回復、白髪予防にもなる優れモノなのです。

<基本情報>
住所:39 Moo 5 Yantrakit Kosol Rd., Tambon Thung Hong, Meuang Phrae, Chang Wat Phrae 54000 Thailand
電話番号:+66-54-063-211

ナーン県の激辛はどれだ?それとなく存在感を醸す地雷級味噌

ナーン県の激辛はどれだ?それとなく存在感を醸す地雷級味噌

写真:松田 朝子

地図を見る

ガーデンレストランのBan Mon Nokyung Thai Foodでは、ロッジ風の店内から森の緑が楽しめて、秘境に来たんだなあ、という感慨に浸れます。タイ北部のレストランで前菜のように出てくるのが、この写真中央の、パーティープレートのようなお皿に盛られたセット、カントーク。

ここにあるのは、カリカリに揚げた豚の皮、ソーセージ、野菜などと数種のディップなど。まずこれでゆるゆるとタイビールでも飲みながら…、ですが、ここで気が抜けないのは、真ん中のディップ。これはタイの青唐辛子、プリックヌムの味噌。プリックヌムは大変辛いので、辛いモノが苦手な人にはこれまた地雷級の衝撃となります。ちなみに、となりのお皿のハーブ風味の卵焼き、カイパームはマイルド。北部タイ料理は辛い、という定石を覆す優しい味です。

<基本情報>
住所:124 Moo 6, Tambon Cho Hae, Amphoe Mueang Phrae, Phrae, 54000, Thailand
電話番号:+66-54-524-771

ナーン県の激辛はどれだ?それとなく存在感を醸す地雷級味噌

写真:松田 朝子

地図を見る

しかし、どれだけ火を吹く思いをしても気になってしまう青唐辛子の味噌。これは、焼いた青唐辛子と、ナスやエシャロットを混ぜたものなので、味噌というよりはディップに近いでしょう。ナーンの名産でもある、このナーンプリックヌムは前菜として出てくるだけでなく、チャーハンの味付けにも使われています。ナーンの観光名所、ワット・プーミン近くにあるレストラン、Huen Homでは、写真のような青唐辛子のチャーハンが食べられます。緑色のライスの上のゆで卵は、アクセントというよりはエスケープゾーン。そのくらい辛いです。

<基本情報>
住所:42 Suriyapong Rd, Pha Sing, Amphoe Mueang Nan, Chang Wat Nan 55000 Thailand
電話番号:+66-54-751-122

ナーン県の激辛はどれだ?それとなく存在感を醸す地雷級味噌

写真:松田 朝子

地図を見る

ナーンの町のショップでも、このナーンプリックナムは購入できます。これは和食にもよく合い、豆腐や焼いたナスなどに、チビリチビリつけながら食べるといいでしょう。

ナーン何だ?周囲を渋滞させるデザートショップ

ナーン何だ?周囲を渋滞させるデザートショップ

写真:松田 朝子

地図を見る

ナーンの代表的なデザートショップは、パー・ニムというお店。ニムおばさんのデザート屋、という名の通り、もう20年以上も写真のニムさんが店に立って、様々なデザートを作っています。

ナーン何だ?周囲を渋滞させるデザートショップ

写真:松田 朝子

地図を見る

中でも、ココナッツミルクベースのプア・ロイは、濃厚なココナツミルクと、タロイモ団子、アイスクリームが絶妙な味わい。なぜかポーチドエッグ入り(!)のもあります。店は、ナーンの中心地からちょっと離れていますが、何もない田舎道、ここを目掛けてやってくる車の数にビックリ。地元でいかに人気があるかが伺えます。

<基本情報>
住所:Chao Fah Road, Nai Wieng Sub-district, Muang District, Thailand
電話番号:+66-85-036-6108

甘いも辛いも野菜&ハーブのマジック

海外旅行をすると、野菜不足と便秘に悩まされることもありますが、タイ北部ではノープロブレム。そして、野菜やハーブの種類の多さと、多岐にわたるその料理法に、あらためて感心してしまうことでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/23−2018/03/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -