ネパールの首都カトマンズ郊外の町!バクタプル・ティミ・ボダナート散策

| ネパール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ネパールの首都カトマンズ郊外の町!バクタプル・ティミ・ボダナート散策

ネパールの首都カトマンズ郊外の町!バクタプル・ティミ・ボダナート散策

更新日:2018/07/09 14:01

モン ガラのプロフィール写真 モン ガラ ライター

ネパールの首都カトマンズの中心部は年々近代化が進んでいますが、町から少し離れるとのどかな田園風景が広がります。郊外にはかつてカトマンズと並ぶ王国として栄えた古都バクタプルや陶芸の街ティミ、ネパール最大の仏塔ボダナートなど見所が盛りだくさん!いずれもカトマンズ中心部から日帰りで行く事が可能です。空港から盆地の縁に向かって延びる道をたどり、昔ながらの生活が息づく町や村を巡ってみましょう。

チベット仏教徒の聖地!ボダナート

チベット仏教徒の聖地!ボダナート

写真:モン ガラ

地図を見る

ネパール最大の仏塔があるボダナートはカトマンズ市街中心部から東へ約6キロ先に位置します。近年ではすっかり住宅街に埋もれてしまいましたが、15世紀に再建された大きな仏塔は、古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地として崇められてきました。

ヒマラヤ越えの交易が盛んであった頃は、人々はここで旅の安全を祈りました。現在も自然の「気」に満ちた聖地と言われ多くの巡礼者が訪れます。

チベット仏教徒の聖地!ボダナート

写真:モン ガラ

地図を見る

仏塔を取り囲む高い外壁には、それぞれの面にチベットの法具であるマニ車が備え付けられています。マニ車は真言を唱えながら回すと、お経を読んだのと同じ功徳が得られます。

その為、真言を唱えながらひとつひとつ回して歩き、右回りに一周するというのが参拝のルールです。

チベット仏教徒の聖地!ボダナート

写真:モン ガラ

地図を見る

周囲は土産物店と巡礼者向けの線香などを取りそろえた店が建ち並びます。5色のカラフルな旗には経分が刷り込まれていて、それぞれの色が宇宙を構成する5大エネルギー(地・水・火・風・空)を象徴しています。まさに仏教と宇宙が融合したパワースポットです。

陶芸の町ティミ

陶芸の町ティミ

写真:モン ガラ

地図を見る

カトマンズ中心部から東へ約10キロ進むと、ネワール族の町ティミがあります。カトマンズへの野菜供給地のひとつになっている田園地帯に囲まれた小さな町です。ここは素焼きの器の生産地として、町の至る所で陶器を作る光景が見られます。

陶芸の町ティミ

写真:モン ガラ

地図を見る

狭い路地を歩いて散策すると、あちこちでろくろを回して植木鉢やヨーグルトを入れる容器などを作っています。機械を使って土をこねたり、器を地面に並べて天日干ししたり、昔ながらの生活が垣間見える貴重な場所です。

古都バクタプル・王宮前広場周辺の見所

古都バクタプル・王宮前広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

カトマンズ中心部から東へ約12キロ進むと世界遺産バクタプルです。かつてマッラ3王国時代にカトマンズ・パタンと並ぶ首都であり、15世紀から18世紀にかけて最盛期を迎えました。

今でも住民のほとんどはネワール族で、彼らの伝統文化が色濃く残っています。町の西側のライオンゲートと呼ばれる門をくぐると旧王宮や寺院が並ぶ広場です。古い町並みがたくさん残されていますのでゆっくり散策すると良いでしょう。

古都バクタプル・王宮前広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

ゴールデンゲートの中が旧王宮です。ヒンズー教徒以以外は入れない場所もありますが一部は一般公開されています。

旧王宮の向かって右側は17世紀から18世紀に造られた宮殿です。この宮殿の55窓は木彫りの窓の並びが美しく、ネワール建築の傑作と言われている見所のひとつです。

古都バクタプル・王宮前広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

王宮前広場を出て南に歩いて行くと、トウマディー広場に到着します。地元の人々で賑わう広場には18世紀初めに建てられたニャタポラ寺院がそびえ立ちます。寺院の石段を上まで昇ると高さ30メートルからバクタプルの町並みが見渡せてとても綺麗です!

1番古い町並みが残るタチュパル広場周辺の見所

1番古い町並みが残るタチュパル広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

ニャタポラ寺院から石畳のバザールを15分ほど歩くと、タチュパル広場に到着します。この辺りはマッラ王朝初期以前から残る1番古い町並みで、古き良き文化の香りが漂います。

1番古い町並みが残るタチュパル広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

広場中央には1427年に建立されたダッタトラヤ寺院があります。ブラフマン・ヴィシュヌ・シヴァの3神が一体になったご本尊のダッタトラヤが祀られています。中に入ってお参りすると住職の方から神聖な水を頭に振り掛けてもらえます。

1番古い町並みが残るタチュパル広場周辺の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

ダッタトラヤ寺院のすぐ裏には15世紀に建てられた木彫美術館があります。この建物の左側面には孔雀の窓があり、繊細で美しい彫刻がネワール彫刻の最高傑作と言われています。ローカル感たっぷりの狭い路地を入るので見逃さないようにしましょう。

古き良き町並みが広がる郊外の町!バクタプル・ティミ・ボダナート巡り

今回はリングロードと呼ばれる環状道路の外側に位置する、カトマンズ郊外の見所を紹介しました。いずれもカトマンズの市街中心部から東に位置し日帰りで訪れる事が可能です。

カトマンズ郊外はヒマラヤ山脈を背景に道中はのどかな田舎の風景が広がります。先住ネワールが育んできた独自の文化や芸術の名残を町を巡りながら感じてみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09−2017/12/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -