『沈黙』の世界!キリシタン神社の一つ、長崎県外海「枯松神社」

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

『沈黙』の世界!キリシタン神社の一つ、長崎県外海「枯松神社」

『沈黙』の世界!キリシタン神社の一つ、長崎県外海「枯松神社」

更新日:2018/04/25 17:15

咸月 潤のプロフィール写真 咸月 潤

長崎県西部にある外海(そとめ)地区は、遠藤周作の小説『沈黙』に登場する「トモギ村」のモデルの地として知られています。遠藤氏もたびたび訪れ、「第二の故郷」とまで呼んでいたこの地には、全国で3つしかないキリシタン神社の一つ、枯松神社があります。伝説の日本人指導者バスチャンの師であるサン・ジワンをまつったこの神社で、長きにわたって信仰を守り抜いた隠れキリシタンたちへ思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

枯松神社への道 長崎市内から

枯松神社への道 長崎市内から

写真:咸月 潤

地図を見る

長崎県外海地区は、この写真のように緑豊かな山々と、五島列島を望む角力灘(すもうなだ)に囲まれた海沿いの地域です。独自の歴史を持つこの地には、明治期のフランス人宣教師ド・ロ神父に関する史跡などのキリスト教遺産をはじめ、多くの見どころがあります(写真の山の中腹あたりに見える白い建物は「遠藤周作文学館」)。

外海地区には鉄道が通っていないため、長崎市の中心部から行くにはレンタカーか、長崎駅前から出ているバスを利用するのが一般的です。バスで行く場合、駅前バス停で長崎バス「板の浦」行きに乗り、60分ほどの場所にある「黒崎教会前」で降ります(直通または「桜の里ターミナル」乗りかえ)。

枯松神社への道 長崎市内から

写真:咸月 潤

地図を見る

「黒崎教会前」バス停を降りた後、教会横の道から山道を進んでいきます。バスの本数が少ないので、あらかじめ帰りの長崎方面行きバスの時間を確認しておくことをおすすめします。

山道を20分ほど、外目総合公園に向かって歩いていくと、やがてこの写真のような枯松神社の案内標識が見えてきます。その標識に従い、石造りの階段を上へ向かってさらに進んでいきます。ちょっとしたハイキングか、トレッキングのような気分を味わえることと思います。

信者たちが「オラショ」を唱えた「祈りの岩」

信者たちが「オラショ」を唱えた「祈りの岩」

写真:咸月 潤

地図を見る

案内標識から神社へと続く道は、このように曲がりくねった細い小道です。時の流れを感じさせる苔むした石の階段をのぼるため、雨が降ると足元が滑りやすくなって注意が必要です。小説『沈黙』の中で、主人公の宣教師ロドリゴたちが潜伏した山の中の炭小屋への道も、このような雰囲気の小道だったのだろうかと思わせます。

信者たちが「オラショ」を唱えた「祈りの岩」

写真:咸月 潤

地図を見る

枯松神社の少し手前には、このような横長の岩があります。「祈りの岩」と名付けられている岩です。キリスト教の禁教時代、隠れキリシタンたちは復活祭前の「悲しみの節」の夜この場所に集まり、寒さに耐えながら岩の影で「オラショ」と呼ばれる祈りの文句を唱えていたと伝えられています。また、枯松神社にまつられるサン・ジワンも、この大きな岩を隠れ家にしていたとも伝えられています。

サン・ジワンをまつる枯松神社

サン・ジワンをまつる枯松神社

写真:咸月 潤

地図を見る

「祈りの岩」からさらに上へ向かうと、すぐに枯松神社が見えてきます。簡素なつくりの社殿で、周囲はうっそうとした木々に覆われ、厳かな雰囲気が漂う場所です。

先述したように、この枯松神社はキリシタンをまつった全国に3つしかないキリシタン神社の一つで、たいへん珍しいものです(他の2つは、長崎市淵神社の桑姫(くわひめ)大明神、東京都伊豆大島のおたあね大明神)。平成17年には長崎市の史跡として指定されました。

サン・ジワンをまつる枯松神社

写真:咸月 潤

地図を見る

17世紀半ば頃、外海地区にバスチャンという名の日本人伝道師が現れました。彼は外海地区の海岸の洞窟や山中に隠れながら外海の人々への布教に努めました。椿の大木に指で十字を描くとそのあとが幹に残ったなど、半ば伝説上の人物とされるバスチャンは、最終的には捕らえられて3年間にわたり78回の拷問を受けた後、斬首の刑に処せられました。

そのバスチャンの師であり、教会暦の使用法を教えるなどの指導をした神父が、サン・ジワンとされています。海の上を歩いて去っていったなど、このサン・ジワンも半ば伝説上の人物とされていますが、この枯松神社にまつられているのは彼なのです。

サン・ジワンをまつる枯松神社

写真:咸月 潤

地図を見る

社殿の周辺には、このような十字の形をした墓石や、板石を伏せて置くキリシタン墓も多く残されています。

毎年11月3日には、この枯松神社で隠れキリシタンや、旧キリシタンだった仏教徒、カトリックが集い、先祖を慰霊する「枯松神社祭」が行われます。そこでは祈りの文句である「オラショ」の奉納なども行われ、宗教の違いをこえて信仰を守り抜いた先祖たちの霊を慰め、サン・ジワン神父に祈りを捧げるのです。

枯松神社の基本情報

住所:長崎県長崎市下黒崎町
アクセス:バス「黒崎教会前」下車徒歩20分

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -